2018年05月05日

四国上陸

 プラレアリウム巡りもいよいよ最終盤の局面です。残るは四国の愛媛県総合科学博物館と久万高原天体観測館の2館。
 1年半ぶりの四国上陸です。

 当初は新居浜行きのオレンジフェリーを検討したのですが、新居浜東港からJRの駅まで2kmほど徒歩になるうえ、JR予讃線の本数が少なく、朝一番のプラネタリウムの投影に間に合わないことが分かりました。
 次に夜行バスを検討しましたが、こちらは朝の5時半に新居浜駅に着いてしまい、科学館行のバスが出る9時半まで、4時間も時間を潰さねばなりません。
 最終的に、高松までジャンボフェリー、高松から新居浜駅までJR予讃線で行くことにしました。乗り継ぎは発生しますが、フェリーでは横になれますし、電車も椅子に座っていけますので、勝手知らぬ駅前でボーっとするよりはなんぼかマシです。

 というわけで、深夜1時に神戸港を出るジャンボフェリー。朝の4時までうどんの売店が開いているのがさすがです。
 夜明け前、シルエットになっているの平べったい山が屋島です。

 高松港からJR高松駅までは無料の送迎バス。6時前とあっては開いている店もなく、早々に電車で移動開始です。

 さて乗った電車が土讃線の琴平行きだったので、途中の多度津で予讃線に乗り換え。
 途中にある讃岐塩屋駅。「塩屋」仲間です。

 さて多度津駅。讃岐国に来たからにはうどんでも食べたいと思っていたところ、美味しそうなパンの匂いが。
 駅前にパン屋さんがあって、匂いにつられて入ると「四国パン」なる品物を発見。お遍路さんにちなんで一つ88円。デニッシュ生地の方は、筋が中央構造線に並行していて、四国の地質図みたいです。足摺岬から美味しく頂きました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 地図と地理と遠出

2018年05月03日

明石市マンホールカード

 マンホールの図案は自治体によって様々で、写真で記録する愛好家もいるのですが、コレクターアイテムとして「マンホールカード」が発行されています。
# そういえば以前、高松に行ったときに頂いたことがありました。

 明石市でもいよいよ発行とあいなり、4月28日から配布が始まっています。下水道関連なのに配布場所が明石市立天文科学館。
 ご覧の通り、明石のマンホールの図案は天文科学館と子午線をデザインしたものです。基本的に南北に合わせて設置というか蓋をしているという丁寧な仕事ぶり。

 マンホールカードに採用されたマンホールの現物は、「亀の水」の西側にあり、世界測地系の東経135度上にあります(どうやら偶然らしい)。
 これを機に天文科学館の館内にもマンホールの蓋の展示が始まり、こちらは天文経度の東経135度線上に置かれています(どうやらちょうどよい場所だったらしい)。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 明石市立天文科学館

特別展「アニメーションにみる日本建築」(竹中大工道具館)

 竹中大工道具館の特別展「アニメーションにみる日本建築−ジブリの立体建造物展より−」を見てきました。
 もともと「ジブリの立体建造物展」として巡回展示していたもののダイジェスト版的な企画展。
 ジブリ作品の背景画やイメージボードを展示しながら、描かれた建物を解説する形で展開します。建築の専門家が解説を加えるに足るレベルで作中の建物が描かれているのですから恐れ入ります。

 展示の中ではトトロの草壁家と「千と千尋の神隠し」の油屋が大きく取り上げられていました。

 草壁家は昭和30年代設定ですが(建てたのは戦前)、私が子どもの頃だと少し古い家なら往時の雰囲気を残している建物もあって、ぎりぎり「分かる」範疇です。愛知万博時に実物大の家が建てられたりしましたが、作品の中でも主な舞台ですし、作中の世界と見る人の記憶が地続きな建物でもあり、人気があるのも分かる気がします。
 大物の展示では「となりのトトロ」の草壁家の縁側と階段の実物大模型があり、縁側は実際に腰掛けOKでした。
 縁側の屋外側に雨戸とガラス戸、内側に障子という構成は、「サザエさん」の磯野家も同じ。というか、実は私の帰省先も同じ作りです。昭和の一時期の関東ではよくある作りだったのかもしれません。
# 福田家は建築年代が新しいので雨戸とガラス戸はアルミサッシですけど。

 油屋は元の巡回展にあった大きな立体模型はなかったものの(さんけいのペーパークラフトで「トンネルの向こうの街」を再現したジオラマが展示されていました)、和洋中がごっちゃになったような不思議な建物の設定資料やイメージボードがずらりと並び、「擬洋風建築」の流れの中に位置づける解説がなされていました。

 ほかに面白かったのは「かぐや姫の物語」の寝殿造りの建物。そのままだと絵的に面白くないということで、見栄えのするようアレンジを加えてあるそうです。確かに池に突き出た釣殿がユニークなデザインだったな。

 帰りにうっかりペーパークラフトの「サツキとメイの家」を買いそうになりましたが、思いとどまりました。
# 定価だと\4,709でけっこうパワフルなお値段です。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 博物館や美術館

プラネタリウム「南半球の星空」

 南十字星が宵空に南中するのが春先ということもあって(関西からは見えませんけど)、プラネタリウムでは春に南天の星空を紹介するプログラムが組まれることが多い気がします。

 前半の今宵の星空紹介から、プラネタリウムの緯度変化で、一気に南緯35度の南半球へ。
 星空案内はみなみじゅうじ座(南十字星の星座での正式名)にスポットを当てた解説。
 南十字の見分け方は大切なのです。私も初めてオーストラリア行った時、頭の知識としては分かってるつもりだったのに、ニセ十字と間違えましたから。隣にケンタウルス座のα星・β星の2つの一等星があることと、本物の南十字には十字の脇にちょこんとε星があること、天の川が見える場所なら石炭袋と呼ばれる暗黒星雲(天の川の暗い部分)があることあたりがポイントでしょうか。

 このほか、ALMAやTAO望遠鏡の話題まで盛り込んで、充実した南半球の旅でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2018年04月29日

観測ロケットMOMO2号機 1/100ペーパークラフト

 インターステラテクノロジズ(株)の観測ロケット「MOMO」のペーパークラフトです。手前が2号機、奥が初号機です。

 インターステラテクノロジズは北海道大樹町に拠点を置くベンチャー企業で、液体燃料ロケットの開発を行っています。
 「MOMO」は高度100kmの宇宙空間到達を目指した観測ロケットで、2017年7月に初号機が打ち上げられましたが予定高度に到達せず、現在2号機の準備が進められています。当初は4月末の打ち上げを予定しましたが、バルブ駆動用の窒素ガスが漏れるトラブルがあり、機体改修のために夏以降に延期されました。

 ロケットの全長は10m、JAXAの観測ロケットSS-520とほぼ同じ規模ですが、SS-520が固体燃料ロケットなのに対し、MOMOは液体燃料ロケットです。インターステラテクノロジズは安価な輸送手段としての小型ロケットの開発を進めていて、将来的には小型人工衛星の軌道投入を目指しています。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | ペパクラ/工作/科学的遊具

2018年04月28日

HORIZON〜剣の山 上坂浩光監督作品上映&トークショー

 神戸アートビレッジセンターにて開催された「HORIZON〜剣の山 上坂浩光監督作品上映&トークショー」に行ってきました。
 「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」以来、質の高いフルドーム映像を送り出し続けている上坂さんの作品ですが、上映がドームスクリーンに限られることから、観る機会が限られてしまいます。今回、関西のファンを中心とした有志による平面版(つまりは映画館のスクリーンで映せるように再編集したバージョン)の上映会が企画され、これは見逃すわけにはいかぬと参加してきました。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 読書録・映画録

2018年04月22日

オートガイダー M-GEN その2

 自宅前でのテストはしましたが、暗夜での撮影は初めて。
 設定の方法をすっかり忘れていて、マニュアルを見ながら操作します。
 難しいことはないのですが、ディスプレイの表記が英語なので、いちおう一つ一つのステップを確認して進めます。慣れればマニュアルを見ずともこなせる程度。



 2018年4月22日(兵庫県神河町)。NikonD5500+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO1600 露出5分(M13)ISO800 露出5分(M57) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。画像中央部をピクセル等倍で切り抜き。

 星がたくさんある場所なら精度の確認をしやすいだろうと選んだのが球状星団M13。
 5分露出でも問題なし。10分でも大丈夫。miniBORG60EDを使った撮影は、ガイドの精度に関しては、この日の撮影では一度もエラーがありませんでした。




 2018年4月22日(兵庫県神河町)。NikonD5500+ボーグ77EDII+1.4倍テレコンDG(f=714mm,F9.3)。 ISO3200 露出5分(上)露出10分(下) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。画像中央部をピクセル等倍で切り抜き。

 続いて鏡筒をBORG77EDIIに載せ替えての撮影。こちらは1.4倍エクステンダーをつけて焦点距離714mmでの撮影。
 M13はうまく行ったのですけど、M57は下にブレたような突起があります。ガイドミスなのかシャッターブレなど他の振動などに起因するものかは分かりません。こちらの原因はもう少し詰める必要あり。
 実はオートガイダー導入前のminiBORG60EDもバランスウェイトの数まで調整して安定して撮影できるようになったので、重さの違うBORG77EDIIの場合も、どこに原因があるのか、いちいち切り分けて考える必要があります。とはいえF9.3の暗さで直焦点撮影することもまずないだろうなあ。

 M-GENは撮影対象を変えるたびにキャリブレーションをする必要があるのですが、それを忘れた際の挙動がこれ。miniBORG60EDとBORG77EDIIではM-GENの取り付け位置が90度近く回転していたので、いろいろおかしくなってしまったのだと思います。キャリブレーションさえきちんとすれば、こうはなりません。

 一方で、ガイドの精度が良すぎるゆえの課題もあります。
 これまでは複数枚の撮影では少しずつ視野がズレたために、撮像端子のホットピクセルに起因するノイズがコンポジット時にキャンセルされていたのですが、M-GENのガイドの精度が良いために、これらのノイズも残ってしまいます。基本的にはダークフレームを撮影して減算するしかなさそうです。
 M-GENには「ディザリング」と呼ばれる、あえて少しずつ視野をずらして撮影するモードも搭載されているのですが、K-ASTEC/協栄産業が用意しているカメラコントロースケーブルはD5500に対応していません。はてさてどうしたものか。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 機材

オートガイダー M-GEN その1

 今回導入したのは協栄産業扱いのオートガイダーMGEN-75GSSセット。M-GENにコーワのCマウント75mmレンズを組み合わせたものです。

 M-GEN本体にレンズは付属せず、手持ちのレンズと組み合わせて使います。
 Cマウント75mmですばるの主要部が収まる程度の視野。
 元々自宅で余剰気味のミニボーグ50を使うつもりでしたが、75mmでそれだと、ミニボーグ50の250mmの焦点距離では視野が狭くなりすぎ、ガイド用の星を見つけるのが難しくなることが想定されます。若干、高価になりますが、ここはショップのセットを使うことにしました。

 M-GENの電源はDC12Vが必要ですが、消費電力は少ないので、USB接続のDC5VからDC12Vに昇圧するケーブルで給電します(協栄産業扱い)。スマホ用のモバイルバッテリーが使用でき、同じくモバイルバッテリーで動作するAP赤道儀と電源を共用できます。電源が軽量で済むのは地道にすばらしいところ。

 架台への取り付けはビクセンのファインダー台座互換のアリガタを使用(コスモ工房製)。プレートへのレンズの固定はM6ネジ一本になりますが、ビクセンのファインダー台座が付いている鏡筒なら簡単に脱着可能になります。
# 協栄産業ではアルカスイス規格のアリガタ/アリミゾを扱っています。

 マニュアルは日本語の取説が2冊。ただし完訳ではなく、必要最低限の部分を抜き出したもの。
 最初は「クイックスタート編」を読み始めたのですが、結局「実践編」も目を通す必要があり、分かりやすいとは言い難いのですが、起動して設定・可動させるくらいなら問題ありません(オートガイダーを使おうという時点でそこそこの知識はあるはず)。
 コストの都合もあるでしょうが、マニュアルは完訳版がほしいところです。

 2018年3月25日(兵庫県神河町)。NikonD5500+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO100 露出8分18秒 ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。画像中央部をピクセル等倍で切り抜き。

 届いた晩に自宅の玄関前で試験撮影してみましたが、極軸をコンパスであわせた程度でしっかり星が点になっていたのには感動しました(局軸合わせの精度が低い分、画像周辺は回転してましたけど)。
 後は実際に暗い空のもとでの撮影ということで、今回に至ります。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材

星見行(4月21-22日)

 一ヶ月ぶりに星見遠征。
 週末の天気が良さそうとのことで、急遽、友人と誘い合わせて出発しました。月齢5の月が日付が変わる直前まで残っていましたが、月没後は透明度もまずまずの良い星空でした。
 一人の遠征だとコンビニで夜食買って済ませちゃうのですが、アウトドア好きの友人がコーヒーやカップ麺を用意してくれたり、お菓子を用意してくれる友人がいたり、天の川の下でお茶会・お食事会の楽しい一夜でした。

 はくちょう座の北アメリカ星雲。
 2018年4月22日(兵庫県神河町)。NikonD5500+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO2000 露出8分×4枚合成 ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。

 今回から撮影機材にオートガイダーM-GENを加えました。今回はそのテストも兼ねての撮影。
 これまでAP赤道儀は400mm弱の焦点距離でだとノータッチ2分の露出が限界でしたが、これを大幅に伸ばすことが出来るようになりました。
 北アメリカ星雲はHα光を出しているので赤く写るのですが、D5500はHαの感度が低いせいか、赤い散光星雲がマゼンタ色調で写ります。もう少し露出を伸ばせば星雲が濃く写るのかもしれませんが、Hαの星雲の写りはそもそも赤外カットの改造デジカメには敵いません。はてさてどのあたりの描写を目指したものか。帰宅して寝る前に処理しましたが、背景の空がマゼンタ寄りになってしまったかも。

 2018年4月22日(兵庫県神河町)。NikonD5500+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO2000 露出8分×3枚合成 ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。

 こちらはM8・M20。南天は阪神〜姫路方面の光害が残り、コントラストが落ちますが、明るい星雲なのでまずます写ってくれます。
 北アメリカ星雲もM8・M20も、今回は処理の手数を少なくしていますが、もう少し追い込んでもよいかもしれません。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2018年04月20日

テレビ東京「執事・西園寺の名推理 第2話」

 ふだんサスペンス物を見ることはないのですが、殺害されるのが天体望遠鏡メーカーの社長とあっては放っておけません。
 テレビ東京系(関西だとテレビ大阪)で放映中の「執事・西園寺の名推理」の第2話のこと。
 主人公の執事・西園寺が現実を突き抜けた完璧超人ぶりで、上川隆也の演技もほぼサイボーグ。これ主人が八千草薫だから成立するんだろうな。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録