2020年02月18日

ポータブル赤道儀検討 その3

 ポータブル赤道儀はオルゴール赤道儀「MusicBox EQ II」と「ナノ・トラッカー(初代)」の2台を持っていたのですが両方とも手放してしまいました。
 当時は星見の遠征をする機会が天文科学館の野外天体観測会(年2回)くらい。市街地の撮影では30秒も露出すると空が真っ白になり、出番がありませんでした。ナノ・トラッカーはミニボーグを載せて追尾撮影という無茶な使い方をしましたけど。

 ここ3年程は新月期になると星見に出かけるようになり、それに合わせてAP赤道儀を導入。次第に機材の拡張が進み、AP赤道儀は直焦点専用機となり、再度ポタ赤の購入を考えたのでした。
 私の機材選びの基本は「軽く小さくお手軽に」。自家用車がないので遠征の度に機材の積み下ろしが必要です。機材が軽ければ出発のハードルが下がりますし、現地の設置・撤収も楽になります。ということで、

・直焦点撮影用にミニボーグ60ED+AP赤道儀+オートガイダー+赤外改造一眼デジカメ
・撮影中の観望用にSky-Watcherの20cmドブソニアン+双眼鏡+テレコンビノ
・従来の一眼デジカメは星景用←ここにポタ赤追加

と計画的に衝動買いを繰り返してきたのですが、ポタ赤は最後のピースでした。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材

ポータブル赤道儀検討 その2

 ポータブル赤道儀(ポタ赤)が一定の支持を集めているのは、天体撮影のデジタル化と無縁ではありません。
 フィルム時代の天体写真では数分から数十分間の露出が必要で、高い精度で長時間追尾が可能な赤道儀が必要でした。
 これがデジタル時代になると、数十秒の露出時間で多くの星が写せるようになります。赤道儀もより小型のもので対応できるというわけです。

 現在入手できるポータブル赤道儀は、「広角〜標準レンズでの撮影を想定したもの」と「望遠レンズの撮影にも対応する高精度なもの」に分けられます。本体の価格帯も前者は概ね5万円台までに収まるのに対し、後者は10万円に迫ってきます。

(1)主に広角〜標準レンズでの撮影を想定したもの
→ビクセンのポラリエやケンコーのスカイメモ、サイトロンのナノ・トラッカーなど。
 電源は単三電池のほか、USBポート経由でモバイルバッテリーを使えるようになり、追尾は恒星時のほか0.5倍速で地上と星空をなるべく止めながら写す星景モードが標準装備になりつつあります。
 極軸合わせは本体ののぞき穴で行うものが多く、オプションで極軸望遠鏡を用意している機種もあります。
 天文誌の実写テストでは極軸が5度ずれていても15mm30秒の露出までなら耐えられるので、広角レンズの撮影であればのぞき穴や方位磁針での極軸合わせでも十分実用的です。

(2)200〜300mmクラスの望遠レンズの撮影にも対応する高精度なもの
→TOASTのTP-2やユニテックのSWATシリーズなど
 ひたすら追尾精度を追求してきたもので、大型のウォームホイルを備え、追尾誤差のピリオディックモーションを一桁台秒角に抑えています。ビクセンの小型機・AP赤道儀のピリオディックモーションが実測15秒角前後ですから、気合の入れ方が分かろうというものです。
 赤緯体がないとはいえ、重量も2kg台に乗ってくる製品が多く、また追尾精度を活かすには三脚や極軸合わせの微動雲台など足回りの強度も確保する必要があります。基本的にハイアマチュア向けの製品です。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2020年02月15日

ポータブル赤道儀検討 その1

 現在入手できそうなポータブル赤道儀をリストにしてみました。先に書いてしまうと、ビクセンのポラリエUをすでに買ってしまったんですけどね。種類むちゃくちゃ多い。

メーカー サイトロン ケンコー スリック アイベル
名称 NEWナノトラッカー
ナノトラッカーAG
スカイメモS スカイメモT スカイメモRS 60th-Ltd ECH-630 CD-1C
CD-1M+
CD-1TL
追尾モード 恒星時、月、太陽、0.5倍速、50倍速 恒星時、月、太陽、0.5倍速、2倍速、6倍速、12倍速 恒星時、月、太陽、0.5倍速、2倍速 恒星時、月、太陽、星景 恒星時、月、太陽、0.5倍速、0.5〜4倍速 恒星時(C)
恒星時、0.5倍速、2倍速、16倍速(M+)
恒星時、月、太陽、0.5倍〜24倍速(TL)
ウォームホイル 歯数50枚φ26mm 歯数144枚φ86mm 歯数72枚φ36mm 歯数144枚 歯数100枚φ51mm
ピリオディックモーション
オートガイダーポート 2.5φ 3極ジャック(AGのみ) ST-4 互換
スマホ操作 対応
カメラ端子 有り 有り
搭載可能重量 約2.0kg 約5kg 約3kg 片側2.5kg、計5kg 5kg 5kg
極軸合わせ 北極星のぞき穴 極軸望遠鏡内蔵 極軸望遠鏡付属 極軸望遠鏡内蔵 北極星のぞき穴 極軸調整筒
極望オプション




別売り極望あり
電源 単三電池×3本 単三電池×4本 単三電池×2本 単二電池×4本 単三電池×4本 単三電池×6本
外部電源 USB mini-B USB mini-B USB mini-B
micro USB
連続動作時間 約5時間 約 72 時間 約24時間
約20時間 約15時間
大きさ 本体60×98×44mm、コントローラー 50×105×22mm 173.5×113.3×96mm 76×70×103mm 240×90×130mm 84×86×65mm 110×85×145mm
質量 本体約400g、ハンドコントローラー約80g 約1Kg 約650g 約3kg 630g 1.35Kg
実売価格(参考) 20,371円(NEW)
29,800円(AG)
35,130円 32,880円 118,880円 39,880円 33,000円(c)
38,000円(M+)
42,000円(TL)

メーカー ビクセン トースト ユニテック SB工房
名称 ポラリエ ポラリエU TP-2 SWAT-310
SWAT-310V-spec
SWAT-350
SWAT-350V-spec
JILVA-170
追尾モード 恒星時、月、太陽、0.5倍速 恒星時、月、太陽、0.5倍速、カスタム設定(〜10倍) 恒星時、月、太陽、0.5倍速、10゚/h、10゚〜360゚/h 恒星時、月、太陽、0.5倍速、0.67倍速、2倍速、16倍速 恒星時、月、太陽、0.5倍速、0.67倍速、2倍速、16倍速 恒星時、月、太陽、02/3倍速、2倍速、24倍速
ウォームホイル 歯数144枚φ58.4mm 歯数144枚φ57.6mm 歯数150枚φ83.5mm 歯数210枚φ106mm 歯数210枚φ106mm 歯数288枚φ162mm
ピリオディックモーション (±20"角超程度) ±7"角以下 ±7"角前後
±5.5"角前後(V-spec)
±7"角前後
±5.5"角前後(V-spec)
±4〜5"前後
オートガイダーポート ST-4 互換 別売コントローラST-4互換 別売コントローラST-4互換
スマホ操作 対応
カメラ端子 有り
搭載可能重量 約2.0kg 標準約2.5kg、カウンターウェイト使用時6.5kg 約10kg 約15kg 約10kg
極軸合わせ 北極星のぞき穴・コンパス 素通しファインダー 本体極軸調整穴 素通し穴 素通し穴 素通し穴
極望オプション 別売り極望あり 別売り極望あり 別売り極望あり 別売り極望あり 別売り極望あり 別売り極望あり
電源 単三電池×2本 単三電池×4本 単三電池×4本 単三電池×6本 単三電池×6本 単三電池×6本
外部電源 USB mini-B USB Type-C 対応 対応 対応 USB A端子
連続動作時間 約2時間 約7時間 約7〜10時間 約10時間 約10時間 約12時間
大きさ 95×137×58mm 88.5×72×110.5mm 104×43×180mm 181×118×92mm 183×118×92mm 300×190×110mm
質量 740g 約575g 約1.3kg 約2.4Kg 約2.4Kg 約3.9kg
実売価格(参考) 37,216円 55,800円 85,000円 115,000円
148,000円(V-spec)
125,000円
158,000円(V-spec)
90,800円
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2019年12月29日

ファインダーを覗きまくる

20191229finders.jpg
 久々にスターベース東京に寄ってみました。
 どれくらい久々か記憶がないのですが、とにかく秋葉原の街の様子がすっかり変わっていて「ほいでここはどこねー!?」状態。歩行者天国の会場になる通りが、総武線の高架に気付くまで、それと分かりませんでした。

 何を買うわけでもなく単に覗きに行ったのですが、ファインダーがたくさん並んでいたので覗き比べてみました。

・笠井トレーディング 8×50mm90°正立ファインダー
・笠井トレーディング 8×50mmファインダー
・SKY WATCHER 9×50照明装置付ファインダー
・バーダープラネタリウム EF-508 正立ファインダー
・ケンコー 9×50ファインダー
・ビクセン 暗視野ファインダー7×50

 現在使っているのはバーダーのEF-508 正立ファインダー。アイリリーフは18mmと表記されているのですが、眼鏡使用時に覗きにくいと感じることがあります。
 ということで、店にあるものぜんぶ覗いてみました。

 眼鏡着用でも見やすいのが、ビクセン7×50暗視野、次がスカイウォッチャー9×50照明装置付。いずれも眼鏡をかけたまま全視野を見渡せます。この2つを比べると、ビクセンの方が見かけ視界が広く、SKY WATCHERの方は少し窮屈に感じるくらい。両方とも暗視野照明装置がついているのですが、ビクセンのほうがつまみが大きく、誤動作しにくそう。

 その他の機種はいずれも眼鏡使用時は全視野を見渡すことが出来ません。もっとも視野の大部分は見えるので実用上の問題はそれほどなさそうです。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2019年09月27日

トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX

20190926tokina11-20_1.jpg
 検討していた広角レンズはトキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DXを選びました。
 天体メインなら明るいレンズが最有力と思いながらも値段で二の足を踏んでいたのですが、折よく中古の出物があったので思い切りました。

 F2.8とこのクラスでは随一の明るさですが、手ブレ補正はありません。
 例えば投影前後のプラネタリウムドームの中など光量が十分でないところは、F値が暗くても手ブレ補正のあるレンズと撮影時の歩留まりに大きな差はないように感じます。そもそも私、ボケを活かすような写真は撮れませんし。
 フィルター径は82m径。ニコンの大きなレンズは77mm径のものが多いので、これまで揃えたフィルターが使えません。とりあえずソフトフォーカスフィルターだけは買い足しました。
# 揃えたといっても、ソフトフォーカスと日食撮影用のNDフィルターだけです。

20190926_00003.jpg
冬のダイヤモンド。
2019年9月26日03:54(兵庫県洲本市)。
NikonD5500(HKIR改造)+トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX →13mm/F2.8開放、ISO3200 露出30秒。

 圧倒的に存在感を放つのが星空の撮影。
 評判通り像はシャープで、開放でも視野周辺まで極端な像の崩れはありません。
 最近の星野写真は星座をかたどる星が分かるようソフトフィルターをつけて輝星を大きく表現するのが流行りですが、むしろソフトフィルター無しで隅々までびっしり星で埋まったような写真を撮りたくなる描写です。

 ここ数年間で少しずつ機材を買い足してきましたが、決して勢いに任せているわけではなく、それなりに計画的なのです。
 手軽な機材で気軽に撮影、撮影中はたっぷり星空を眺め倒す。基本的にこの路線に合わせて装備を整えてきました。
 もちろん背中を押される勢いやタイミングはありますけどね。
 あとはポータブル赤道儀をお迎えすれば計画終了なのですが、ポラリエの新型も気になりますし、これはさていつになることやら。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材

2019年09月20日

AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR

20190920lens.jpg
 諸般の事情で標準ズームレンズを買いました(中古)。
 これまで使っていた「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」(写真右)を数度の落下事故に合わせてしまいました。Webで修理見積もりを取ったのですが、中古屋さんを覗いたら、修理するより安く同等品の「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」(写真左)が並んでいて、即決でした。

 「AF-S」から世代が一つ新しくなって「AF-P」。主な変更点はAF駆動モータが超音波モーターからステッピングモーターに変更されたこと。AF音が静かになったことが売りですが、普通に使ったらAFが作動しているかどうか全く分からないくらいほど音がしません。故障かと思ってレンズに耳を近づけて確かめたほど。

 コストダウンも図られていて、「AF-S」にはレンズに付いているAF/MF切替スイッチや、VRのON/OFFスイッチが省略され、カメラのメニューから切り替えるようになっています。キットレンズなので普通はAFもVRもONにしっぱなしで使う人が多いのでしょうが、天体撮影はAFもVRも切るのが基本なので一手間増える印象。
# 手順を確認しておかないと、いざというとき困る。

 キットレンズの標準ズームは軽くてよく写るので、とりあえず旅行に持っていくのに良いのです。今後は大切に使います。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2019年09月16日

広角レンズ検討

ニコン シグマ タムロン トキナー サムヤン
名称 AF-P DX Nikkor 10-20mm f/4.5-5.6G VR AF-S DX Zoom-Nikkor 12-24mm f/4G IF-ED 10-20mm F3.5 EX DC HSM 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLD AT-X 116 PRO DX II AT-X 11-20 PRO DX 10mm F2.8 ED AS NCS CS(APS-C MF) 14mm F2.8 ED AS IF UMC(フルサイズMF)
焦点距離 10-20mm 12-24mm 10-20mm 10-24mm 11-16mm 11-20mm 10mm 14mm
F値 F4.5-5.6 F4 F3.5 F3.5-4.5 F2.8 F2.8 F2.8 F2.8
画角 109°-70° 99°-61° 109.7°-70.7° 108.44°〜60.2 ° 104°- 82° 104.32°-72.42° 109.5°
最短合焦距離 0.22m 0.3m 0.24m 0.24m 0.3m 0.28m
手ブレ補正 3.5段分 (なし) (なし) 4段分 (なし) (なし) (なし) (なし)
フィルタサイズ 72mm 77mm 82mm 77mm 77mm 82mm (不可) (不可)
質量 約230g 約465g 520g 440g 550g 560g 580g 550g
発売年 2017 2003 2009 2017 2012 2015
新品価格
中古A品
中古AB品
中古B品
\29,775
\25,980
\24,980
\23,880
\110,983
\38,980
\34,980
\30,880
\45,128
\32,980
\30,980
 
\56,209
\41,980
\39,980
\37,880
\44,694
\38,800
\36,000
\33,000
\63,909
\48,980
\46,980
 
\53,100


 
\45,450


 

※新品価格はニコン・シグマ・トキナーはAmazon、タムロンはキタムラ、サムヤンはヨドバシ(ポイント還元未考慮)、中古価格はキタムラ(2019年9月中旬)。

 一眼デジカメ(APS-C)の広角レンズを検討中。主な用途は星野・星景写真の撮影で、昼間も撮るかもしれません。中古も視野に入れますが、古いものは外して現行機種に絞ります。フルサイズ機の超広角レンズもAPS-C機に使えますが、大きく重く高価になるので基本的には外します。ニコンFマウントは各メーカーからそれなりに出揃ってます。

 ニコン10-20mm f/4.5-5.6Gは2017年発売の新しいレンズ。Fは暗めですが、手ブレ補正を効かせて暗所での撮影に対応。プラ部品を多用してキットレンズ並みの230gの軽さと新品でも3万円前後の実売価格。手軽に広角の世界を楽しんでほしいというコンセプトが明確で、昼間の写真ならまずはこれで十分。一方で星の写真に開放F4.5はちょっと暗め。最近の一眼デジカメは高感度でもノイズが少ないのでISO6400程度に上げれば天の川が分かる程度にはきっと(推測)。
 触ってみるとやっぱり軽い。旅行に持っていく際に荷物を軽くするならこれ一択。メインが天体用途じゃなければこれでよかった。

 ニコン12-24mm f/4G以降の製品はいずれも400〜500g台といきなり重くなります。これは2003年発売の古めのレンズですが、当時から評判の良い製品。新品はともかく中古で価格がこなれているのが魅力。F4通しは上記の10-20mmより少しだけ星空に有利。一方、広角端が2mm長いのは画角で10°の差になります。
 触ってみると12-24mm f/4Gは純正だけあってカメラに付けたときのバランスもよく、操作感も違和感ないのがさすが。もともとの造りの良さを感じます。

 シグマ10-20mm F3.5 EX DC HSMはF3.5通しで上記2つのニコン純正品より明るい。スペック上は突出した項目がない反面、全般的にバランスが取れている印象。
 触ってみると、操作感は可もなく不可もなく、無難な印象。

 タムロン 10-24mm F/3.5-4.5 Di II VC HLDはズーム域が広く、手ブレ補正あり。望遠側が標準ズームと被りますが、ふだん広角側メインの撮影をしているなら、カメラにつけっぱなしの一本として使えそう。
 スペック上は440gと他のレンズより若干軽いのですが、触ってみるとカメラに付けた上での差は特に感じません。操作感は可もなく不可もなく、AF/MFや手ブレ補正の切り替えスイッチは大きめで操作しやすい。

 トキナー AT-X 116 PRO DX IIは通しF2.8の明るさだけで魅力的。周辺の画質も良好な一方で逆光に弱いとの評判。ニコン純正10-20mmが昼間の撮影向けなら、こちらは星空向けに特性が偏ってるレンズ。
 これのみカメラにつけてのテストはせず。AF/MFの切り替えはフォーカスリングを前後にスライドさせる方式で、少々慣れが必要そう。

 トキナー AT-X 11-20 PRO DXは上記11-16mmの後継。周辺像や逆光耐性も改良されたとのこと。一方でAFの速度や精度に課題との評判。やはり星空向けには申し分ないのですが、値段も高めで中古の出物も少ない。
 フォーカスリングは上記と同様。触ってみると、いろいろ言われているAFの速度は風景撮影なら問題なし。

 サムヤン10mm F2.8 ED AS NCS CSはAPS-C用の単焦点レンズ。MFなので実質星空専門。明るく安価で人気のサムヤンですが、ニコンFマウントは他マウントより高価な設定で、価格的な優位が薄いのが残念。あと出目金レンズでフィルターが使えない。

 サムヤン14mm F2.8 ED AS IF UMCはAPS-C用の単焦点レンズ。こちらもMF、フィルター不可。サムヤンレンズの定番で、実は最初に検討していたのはこれ。フルサイズ対応なのでAPS-Cだと画質のいい部分だけ使えるのですが、もう少し短いほうがありがたい。
 サムヤンの2機種はニコンFマウントのものが置いていませんでした(Zマウントはあった)。手に持っただけですが、ずっしり感はあります。


 吉田隆行さんのサイトに星景写真におすすめのレンズというコーナーがあり、2009〜2017年途中までに天文雑誌のフォトコン掲載の星景写真に使われた上位のレンズを集計されています。
 星景写真は画質勝負のフルサイズ機が有利な分野で、APS-C機の登場機会は少なく、集計期間から最近のレンズはランクに上がらないのですが、トキナー AT-X 116 PRO DX IIが7回(2014-2015)、サムヤン14mm F2.8 ED AS IF UMCが6回(2016)、シグマ10-20mm F3.5 EX DC HSMが5回(2013年)の実績あり。天体写真には明るいレンズが有利という身も蓋もない結果です。

 ふだん使い(軽いほうがいい)と天体(明るいほうがいい)のバランスをどう考えるかだなぁ。

20190919_10mm.jpg
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2019年08月11日

テレコンビノ「宙ガールの双眼鏡」 その2

20190806teleconbino004.jpg20190806teleconbino005.jpg
 このテレコンビノは、ヒノキの板でテレコンを固定しています。白木なので保護のためにも何か塗ったほうがいいと思ったのですが、すでに光学系が組み込まれている状態なので、揮発性の溶剤を含んだ塗料は避けたい。ということで、柿渋を塗ってみました。

 普通の柿渋は臭いがあるのですが、最近は濾過して臭いのもとを取り除いた「無臭柿渋」があります。これを調達して使ったのですが、確かに臭いがなく、塗った後も元のヒノキの香りを感じるくらい。
 いきなり渋い雰囲気を醸し出しました。

20190806teleconbino006.jpg20190806teleconbino007.jpg
 使い勝手を考えてハンドストラップをつけました。
 もともと接眼側の板にストラップ穴が開けてあったのですが、そちらは埋めて、対物側に開け直しました。このほうが使用時に顔と干渉する心配がないかと思ったのですが、見栄えは元の穴のほうがよかったかも。ストラップの革の色を柿渋の色に合わせています。
 ケースは百均ショップで扱っているペットボトルカバーが使えるかと思って探したのですが、レンズの径が大きいため、収まりませんでした。、ハクバのレンズ入れが大きさぴったりだったので、これを転用。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材

テレコンビノ「宙ガールの双眼鏡」

20190806teleconbino002.jpg20190806teleconbino003.jpg
 「テレコンビノ」は、カメラレンズの焦点距離を伸ばす補正レンズの「テレコンバーター」を2つ並べてつくったビノキュラー(双眼鏡)です。
 笠井トレーディングの「ワイドビノ」を代表とする広視界低倍率のガリレオ式望遠鏡で、多くの星座の主要部分がまるごと見える広い視野と、肉眼よりも1〜2等級は暗い星が見える集光力で「肉眼をドーピングしたような」眺めを楽しめるというものです。

 「宙ガールの双眼鏡」は久万高原天体観測館の藤田さんが自作されたもの。同館で行われている女性天文ファン向けのイベントで使われることからこの名がついています。私の手元にあるのはニコンのコンパクトデジカメ用テレコンTC-E2を2つ並べたもの。よりリーズナブルなケンコーのテレコンを並べたものもあります(こちらはレンズの入手が難しくなってしまったそう)。

 2018年5月に同館を訪問した際、これを覗かせて頂いて、素晴らしい見え具合に感動。その場で制作をお願いしたのでした。

 それがこのほど到着。9日の未明に早起きしてしまったので、早速、実際の空でテストです。
 4等星がギリギリ見える空で(神戸ではまずまず上等)、5等台前半の星まで見えました。たかが1等級のようですが、見える星の数は倍以上になります。
 倍率は公称2倍ですが、星空の見え方は等倍感覚。視野はペガススの四辺形が余裕で収まる広さ(オリオン座の主要部分も入るはず)。最微等級が上がるのと視野の広さで、街中でも星座が面白いようにたどれます。

 ヒアデス星団がとてもきれいに見えてびっくりでしたが、すばるやアンドロメダ銀河は意外にふつうな印象。暗い星が見えるようになっても、解像度は肉眼の見え方なので、星雲星団よりも星野を楽しむための機材なのです。それが楽しくて、テストのつもりが、気がついたら30分くらい空を見上げてました。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2018年12月17日

BORG中川さん退社

 「BORG」ブランドでおなじみのトミーテックの天体望遠鏡事業を支えてきた中川昇さんが12月15日で同社を退職されたとのこと。

https://www.tomytec.co.jp/borg/world/blog/

 BORG製品との付き合いは18年ほどになり、ほぼ主力鏡筒として使ってきました。
 天文趣味を再開してから20年になりますが、この間、国内の天体望遠鏡業界は撤退する業者が相次ぎました。写真では銀塩からデジタルへの転換という大激動。

 その中でBORGは後発のメーカーながら、次々と新製品を送り出し、膨大なパーツ群と相まって、独自の存在感を発揮していました。またネットでの情報発信に力を注ぎ、ブログの更新も楽しみでした。
 ここ数年は以前より更新頻度が減り、体調を崩されている旨も記されていましたが、退社の一報はやはり驚きでした。
 個人的には天体写真の大先達である中川さんにBORGで撮影した作品を見て頂きたいと思っていたので、在籍されている間に叶わなかったのは少々心残り。

 BORG事業は継続とのことですが、「常に新しい」というメーカーとしての魅力は持ち続けてほしいものです。
 中川さんの新天地での活躍もお祈りいたします。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材