2021年08月29日

「塩屋で卒論修論博論!?」(旧グッゲンハイム邸)

20210829shioya022.jpg
 旧グッゲンハイム邸で開催された「塩屋」をテーマにした卒論・修論の発表会を聴いてきました。
 発表者全員が建築系の学生さん。高専生・大学生・修士課程の院生と発表者の年代は幅広く。
 最初に「タイトルに『博論』とありますが、今回は博論はないです。盛りました、すみません」という挨拶があったのはご愛嬌。「!?」が付いてるから大丈夫です。

 地域の課題に斬り込む発表もあり、卒業制作ならではの自由な発想もあり、若い人の出入りの増えた最近の塩屋を反映するような雰囲気で楽しかったです。
 しかし17時開始で終わったのは21時直前。案内に終了時間を明記していなかったので、不安ではあったのですが、4時間は長かった(^_^;

20210829shioya007.jpg20210829shioya008.jpg
 私は建築は専門外かつ、塩屋は住んでいる街とはいえ自治会の同じ班内くらいしか付き合いがありません。会場内に知り合いが皆無で、休憩時間に喋れる人がいないアウェイ感を久々に体験しました。それでも面白かったから最後まで聴いちゃいましたけど。

 見た感じ参加者の多くは学生さんで、塩屋の人は何らかのまちづくりの活動に関わっているような方だったよう。もっともテーマがテーマなので、よほど塩屋が好きでないと興味を持たないでしょう。

20210829shioya003.jpg20210829shioya006.jpg
 今回は建築だけでしたが、地理や民俗の発表もあったら楽しそうです。でもフィールドワークのレポートくらいならともかく、卒論の枠だとテーマの設定が難しいかな。
 しかしながら建築でも地域課題の分析などは地理に通じるものがあって、なかなか興味深いものがありました。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年06月19日

名谷図書館

20210619myodani001.jpg20210619myodani002.jpg
 2021年3月に神戸市営地下鉄名谷駅前に新規開館した名谷図書館を覗いてきました。
 駅前の大丸の4階で、まだ書架にはたくさん空きがあります。これから本を増やす気満々というか、余裕を見越してあるのはいいですね。
 家からだとJR沿線のほうが使いやすいので利用機会は多くないと思いますけど、
 ちなみに本に押してある小口印は鳥っぽいデザイン。ハトかな?

20210619myodani003.jpg 利用者が使える図書除菌機が入ってましたけど、これ本に紫外線を照射するんですよね。いちおう本を開いた状態で入れることになっていますが、中のページの隅々まで照射できるわけではないだろうし、そもそも紙も印刷もダメージを受けそう。

 検索したら日本図書館協会資料保存委員会では推奨はしてないみたい。そうだろうなあ。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年06月08日

新神戸界隈

20210608takenaka005.jpg
 新神戸駅。六甲山地に切り込んだ生田川の谷の出口にあります。
 地上にあるのは新幹線の駅舎で、神戸市営地下鉄も乗り入れています。新幹線のホームは地上3階、地下鉄のホームは地下4階。乗り換えは余裕を持っておく必要のある駅です。
 途中で地下鉄を挟むと乗り換え回数が増えるので、JR同士の乗り換えで済むよう、上りは新大阪、下りは西明石を使うことが多かったりします。たまにここから新幹線に乗るとちょっと特別な感じ。

20210608takenaka031.jpg 新幹線駅なのでバスの乗り入れは多く、バス停が林立しています。
 この他に四国方面行きの本四海峡バスや、市内循環のシティループバスも来ているはず。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年05月21日

日没

20210521sunset01.jpg
2021年5月21日18:45(神戸市垂水区)。 iPhone SE(2nd generation) back camera 3.99mm/F1.8 ISO20 露出1/453秒

20210521sunset02.jpg
2021年5月21日18:57(神戸市垂水区)。 iPhone SE(2nd generation) back camera 3.99mm/F1.8 ISO25 露出1/121秒

 久々に夕日が見えたのでパシャ。iPhoneSEのカメラは夕暮れの微妙な色合いを表現するのがあまり上手くないのですが、この日は見事な夕焼け空で、見た感じに近い雰囲気を切り取ってくれました。

 日没後は水星が見えるかもと思ったのですが、意外に雲が多くて断念。それでもきれいな夕焼けを見ることができただけで気分は上々でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年04月28日

連節バス「Port Loop」

20210428portloop009.jpg
 神戸市では2021年4月より連節バス「Port Loop(ポートループ)」を運行しています。
 ルートは三宮駅から新港第三突堤→第一突堤→ポートタワー→ハーバーランド。神戸の港沿いのエリアは鉄道路線から少し離れているので、そこをカバーする形です。

20210428portloop005.jpg20210428portloop006.jpg
 連接バスが国内で本格的に運用されたのは1985年の科学万博の時で、常磐線の万博中央駅(現:ひたち野うしく駅)と万博会場のピストン輸送に当たりました。
 その後も国内各地で試験的に運行されたりしていますが、2010年代後半になってから本格的に導入するところが増えてきた印象です。
 車体が通常の法令の基準を超えた大きさなので、一度にたくさんの乗客を運べる代わりに、特認を受けたルートでのみ運行されています。
 多客で積み残しが出るような路線ならともかく、新規路線に投入してくるのはびっくりです。

20210428portloop002.jpg ということで、乗れるものには乗っておきます。
 実は三宮のミント神戸に遠心分離機を回しに行ったときに、たまたまバス停に泊まっている連接バスを見かけて「そうだ走っているのか」と思い出したのでした。

 近くで見ると黒と濃紺を基調にしたシャープな意匠でなかなかカッコいい。これはいい。

20210428portloop013.jpg20210428portloop011.jpg
 車内は普通のバス……のようですが、長い。後部のドアから乗りこむと運転席が遠い。
 そして連接部は普通ではありません。巨大な蛇腹に注意喚起の黄色いロープ。連接部には立たないよう注意書きがありますし、蛇腹も見た目でやわな強度ではなさそうですが、手を挟んだりしないよう念のためということでしょう。

 とりあえず連接部のすぐ後ろの席に座って、車体が折れ曲がる様子を堪能します。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年02月06日

ひっぱりだこ飯の蓋とシリーズコンプリート

20210120hipparidako001.jpg20210120hipparidako003.jpg
 1月半ば、駅弁の淡路屋より衝撃の発表がありました。西明石駅の名物駅弁「ひっぱりだこ飯」の「蓋」を販売するというのです。
 「ひっぱりだこ飯」の本体(ご飯とおかず付き)は1,080円、蓋は440円。なにかおかしい。そもそも本体は壺ではなくてご飯とおかずだ。

20210120hipparidako004.jpg 神戸界隈では、モロゾフのプリンのカップと風月堂のゴーフルの缶と淡路屋のひっぱりだこ飯の容器は度の家にも転がっていると言われてまして、我が家もご多分に漏れずその一例でした。ゴーフルの缶はカンカラ三線に化けてしまいましたが。
 ちなみにひっぱりだこ飯の容器はペン立てにピッタリで、家でも前の職場でも活用していました。中に段ボールなどで仕切りを作っておくと使い勝手抜群です。

 さて「蓋」は1月20日発売。さっそく西明石駅まで買いに行きました。さすがに蓋だけ買うのも何なので、ひっぱりだこ飯のシリーズで未だ食べたことのない「銀色のひっぱりだこ飯」も食べようと思っていたのですが、予約販売限定とのこと。
 無難に幕の内を選んだのですが、こちらもたこ飯やすき焼き風の牛肉の煮付けが入っていて、いかにも淡路屋らしい構成のナイスな一品でした。

 お昼すぎでしたが「蓋」はこの日に入荷した最後の一つということで、みんな物好きです。
 淡路屋全体でも初回ロット完売ということで、次回入荷は3月か4月になるとか。物好き多いな。

20210206hipparidako006.jpg20210206hipparidako007.jpg
 日を改めて2月6日、天文科学館の天体写真展を見に行くついでに、「銀色のひっぱりだこ飯」を予約しておきました。
 銀の容器に銀鮭に銀杏が入って、駄洒落が効いているのが関西風。大きな明石ダコは相変わらず柔らかく煮上がっていて、美味しくいただきました。

20210206hipparidako005.jpg
 そしてここに、明石名物「ひっぱりだこ飯」の容器をコンプリートです!

 左奥から、伊右衛門版、金色、銀色。
 左手前からゴジラ版、通常版+蓋、ハローキティ版。

 思えば長い道のりでした。誤解を招きかねないので書いておきますが、私は別にタコが好きなわけではなく、どちらかといえば苦手な方なのです。「ひっぱりだこ飯」も最初は「これ私は大丈夫だろうか」と思いながら食べたのですが、心配無用で美味しかったので、新作が出るたび食べていたらこうなった次第です。

 実は他にひっぱりだこ飯のコーヒーカップという、もはや駅弁でも弁当容器でもないものも出ているのですが、我が家のカップのたぐいは別系統で揃えているので、ひっぱりだこ飯の容器はひとまず打止めにしたいと思います。

 でも「銅のひっぱりだこ飯」とか出てきたらドウしよう。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年01月17日

震災26年

20210117kobe.jpg 阪神・淡路大震災の発生から26年。
 毎年この日の地震の発生した時刻は兵庫区のNGO事務所に集まってお祈りしているのですが、いつも寒い中、多くの人が片寄せ合うように焼香しているので、今年は混雑を避けて自宅近くでお祈りしました。

 事務所には時間をずらしてお昼前に伺ったのですが、「みんな真面目に緊急事態宣言守ってるから、朝は人も少なかったよ」ということで、そんなに気を使わなくてもよかったのかも。それでもリモートで遠方からモニタ越しに黙祷に参加した方もいらしたそうです。
 今なお被災地に思いを寄せてくださる方々の存在はありがたい限りです。

 少し前に自宅の本棚を整理していたら震災当時に撮影した写真のファイルが出てきたので、それをリュックに突っ込んで、三宮から兵庫・長田界隈の写真を撮った場所を回ってみました。地下鉄に乗って西神第七仮設の敷地まで行くつもりでしたが、途中に寄ったところで薪割りしたりロウソクを並べたりしているうちに日が暮れてしまいました。

20210117kobe01.jpg 避難所やボランティアの拠点のあった公園は、すっかり普通の公園に戻り――テント村があったのは最初の2年ほどですからとうの昔に復旧しているわけですが――小さな子どもたちが遊んでいて、未就学児だともしかすると親御さんも震災後の生まれだったりするかもしれません。

 あの頃に目指したものは場所にあるのではなく人の中にあり、今なお思いを胸に一線に立ち続けている仲間がいます。

 ふだんはそれぞれの街や職場にいても、あのとき灯した思いは消えることなく、ふとした時に心を照らす種火になるのだと思います。

 夕方は長田区の御菅地区の慰霊祭。
 むかし住んでいたところの写真を撮っていたら、「おう、久しぶりやな、寄っていきや」と地区の方にお声がけ頂き、事務所で一服。みなさん手慣れているので準備の手は充分に回ってるのですけど、縁のある場所なのでそのまま押しかけでお手伝いさせて頂き、手を合わせました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと

2021年01月03日

旗振山・鉄拐山

 
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと

2020年05月04日

(しつこく)空舞う翼

20200504wing001.jpg
 午前中からやたらとジェット機の音が聞こえていたのです。
 塩屋は神戸空港の空路に近いので飛行機の音自体は珍しくないのですが、旅客機の航路は住宅地の真上を避けて、海の上を通るように設定されています。ところがこの日は、陸の方から、時には頭上をジェットエンジンの音が通過していきます。それも何度も。

20200504wing003.jpg FlightRadar24という飛行機の位置を表示させるアプリを立ち上げると、なんだこりゃ。尋常ではないくらい、ぐるぐると神戸空港の西側一帯を飛び回っています。航跡を見ているとうちの上空を通過するパスもあります。これは狙うしかない。

 ということで、miniBORG60EDにカメラを付けて待ち構えます。ピントはマニュアルでとりあえず遠くの景色に合わせておきます。さあFlightRadar24の画面上で明石から垂水上空へ、やがてエンジン音が聞こえ始めて……はい来た!

20200504wing002.jpg とまあそんなに簡単に撮れるわけがなく、2回か3回のパスで何とか画角に収めた次第。動きが早すぎて真ん中に入らなかったのでトリミングしてあります。絞ればもう少しシャープに写ったかもしれませんが、まあ天体望遠鏡を手持ちで振り回して撮ったものですから。

 機体番号が読めたので検索すると、国土交通省航空局が持っている飛行機で、空港の点検に使う用途のものとのこと。おそらく神戸空港の検査をしていたのでしょう。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと

2019年05月16日

五色塚古墳

20190516goshikizuka001.jpg
 大阪の百舌鳥・古市古墳群がユネスコの世界遺産に指定される見込みとなりました。
 界隈が古墳で盛り上がっているので、近所の五色塚古墳を見学してきました。

 五色塚古墳は神戸市垂水区にある前方後円墳で、墳丘長は194mあり、兵庫県内では最大。全国では40位前後の大きさですが、古代大和政権の中心だった奈良・大阪以外の地域で五色塚より大きな古墳は、岡山・群馬・京都に2つずつあるだけです。つまり地方勢力ではかなり優勢な勢力が明石・垂水の一帯に根を張っていたことになります。
# 「40位前後」というのは古墳の大きさは資料によって数mの差があるため。

20190516goshikizuka002.jpg20190516goshikizuka008.jpg
 五色塚古墳は全国に先駆けて古墳築造当時の景観の復元整備が行われたことでも知られています。
 古墳というと鬱蒼と生い茂る森のイメージがありますが、これは築造から1400〜1500年も過ぎた後の姿で、完成した当時の巨大古墳は葺石で覆われた石の丘陵でした。
 五色塚古墳は1965年から1975年まで、10年の歳月をかけて調査と復元工事が行われました。戦前は松林だった五色塚も戦後の食糧難の時代に開墾され、畑地になっていました。改変が進んでしまったと思われていた古墳ですが、いざ調査が始まると、予想以上に良好に遺構が残っていて、当初の部分発掘の予定を変更して、大規模な発掘調査となりました。

 現在でこそ他にも当時の様子を復元した古墳が増えましたが、五色塚古墳はその先駆的存在で、私の時代の中学高校の歴史の資料集には、たいてい五色塚古墳が写真付きで紹介されていました。

 古墳は3段の土盛りで築かれていますが、石積みが復元されているのは2段めまで。当時は最下段も石が葺かれていたのですが、最下段は小さい石が使われていたため、そのまま復元しても崩落の可能性が高いことから芝生を貼っての整備となっています。
 隣の小壺古墳は芝生貼りですが、こちらは発掘で石が葺かれていなかったことが分かっています。

《参考》
史跡五色塚古墳復元・整備事業概要(1975,1989改定)神戸市教育委員会
史跡五色塚古墳 小壺古墳 発掘調査・復元整備報告書(2006)神戸市教育委員会
# 概要の方は図版も多く文章も簡易で一般向けです。
 
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 神戸のできごと