2020年06月10日

時の記念日100周年&明石市立天文科学館開館60周年

 2020年6月10日は明石市立天文科学館の開館60周年、そして時の記念日制定100周年の日でした。
 明石市立天文科学館は1960年の時の記念日に合わせてオープンしたので、時の記念日と開館記念日が必ず重なります。例年、時の記念日は無料公開となり、多くのお客さんが詰めかけるのですが、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮して休館日となりました。
# 無料開放は平日でも過去7000人以上の集客があったことも(プラネ定員は300人×5投影で最大1500人)。

 そこで記念イベントをネットでライブ配信することに)。下記いずれも録画を見ることが出来ます。
 ・第一部 明石から発信!「時の記念日100周年」祝賀イベント
 ・第二部 全国天文台子午線リレー
 ・第三部 プラネタリウム特別投影

 「とりあえず代替企画」ではなく、「ライブ配信だからこそ出来る企画」を出してくるのが天文科学館のすごいところ。

 祝賀式典で明石市長が挨拶に来たかと思えば、「サプライズ企画」として、本州最北端子午線通過地の京丹後市まで、その足で市長が旅に出ていきます。市長が旅レポするってどういうノリだ(笑)。
 全国各地からお祝いメッセージが寄せられるのはよくあることですが、メッセージと共に各地の時の記念日の行事がスライドや動画で紹介されるのもネット中継ならでは。時打ち大鼓の行事はお城で行われるものも多く、城好きとしてもあちこち行ってみたくなりました。紹介された丸亀城も延岡城も未訪問なのですよ。
 また国立科学博物館で明石と同時開催されている「『時』展覧会 2020」関係者のメッセージも、展示に込めた思いと見どころ紹介のようになっていて、ますます興味が深まります。

 北海道から沖縄まで全国10ヶ所の天文施設を結んで太陽南中のリレー中継も、すごかった。
 太陽の南中は毎日起こる地味極まりない天文現象なのに、同じ日に東と西、北と南をリレー中継することで、楽しく面白く興味深いものになってしまいます。

 北海道名寄市、なよろ市立天文台の南中は11:29、晴れ。
 夏至近くは2時台に薄明が始まり日の出が3時台、一晩中国際宇宙ステーションが見える高緯度地域。明石より30分も早い南中で、緯度の高い北海道の影の長さにもご注目。

 宮城県大崎市、パレットおおさきの南中は11:36、晴れ。
 「宇宙戦隊ダジャレンジャー」の仕掛け人、遊佐さんがここぞとばかりに駄洒落と駄洒落と駄洒落を押し込んでくる油断も隙もない中継。

 東京都三鷹市、国立天文台三鷹キャンパスの南中は11:41、晴れ。
 縣先生が中継時間いっぱいに国立天文台と時刻の関わりを喋りまくります。情報通信研究機構に移る前の標準時は前身の東京天文台の管轄でしたし、今も標準時に関わっています。

 富山県富山市、富山市科学博物館の南中は11:51、晴れ。
 富山では時の記念日の正午に「ドン花火」という報時の花火を打つ行事があり、その現場の常願寺川からの中継。標準時正午のドン花火は後からもう一度紹介されました。

 兵庫県明石市、明石市立天文科学館の南中は12:00、曇り。
 シゴセンジャーが子午線で待機していましたが、太陽は雲の向こう。

 正午の瞬間は全国からの中継を音声も繋いで全表示。各地からのお祝いや拍手がにぎやかに届きました。Twitterでも「#時の記念日 100周年おめでとう」のツイートが追いきれないほど飛び交った模様。

 兵庫県西脇市、にしわき地球経緯度科学館テラドームの南中は12:00、曇り。
 明石市長は無事に西脇に到着し、後から西脇市長も出演しての首脳会談。「子午線のまち 明石」と「日本のへそ 西脇」の代表だけあって、各地の天文施設の熱意と工夫をこらした中継に感銘されていました。星が好き、宇宙が好きな気持ちって伝わるんです。

 愛媛県久万高原町、久万高原天体観測館の南中は12:08、曇り。
 機材に企画にいろんな知恵を生み出す藤田さん、施設の紹介や太陽観測の機材を熱く語りました。

 熊本県南阿蘇村、南阿蘇ルナ天文台の南中は12:15、晴れ。
 ツノッキー&ポーリーという超ハイテンションなお2人が登場、あまりの濃さに画面の空気が一瞬固まり、あまりの逸材っぷりに次の瞬間笑いがが拡散。すごかった(笑)。

 沖縄県那覇市、那覇市牧志駅前ほしぞら公民館の南中は12:29、晴れ。
 名寄からここまで、ちょうど1時間の時差があります。太陽高度86.8度で、名寄の写真と比較すると、影の短さに驚かされます。ていうかこのキャプチャ画面だと影がほとんどわからないかも。

 沖縄県石垣市、国立天文台石垣島天文台の南中は12:43、曇り。
 ついに国内の地方時の時差は1時間を超えました。前日からの悪天候で、事前に撮影した写真を紹介。北回帰線との緯度差は1度少々しかなく、もはや影がほとんどできません。

 太陽の南中をつなぐことで、地球が自転していること(南中時刻の差)と地球の丸さ(影の長さの差)を実感するすばらしい企画になりました。
# 近畿まで梅雨入り宣言が出た日というのに、10ヶ所中7ヶ所もよくぞ晴れたものです。
# ここまで画像は第二部中継からのキャプチャ。
続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 明石市立天文科学館

2020年06月02日

特別展「時の記念日100周年 『時』展覧会2020 in 明石」

20200602akashi002.jpg
 明石市立天文科学館の特別展「時の記念日100周年 『時』展覧会2020 in 明石」。
 2020年は天文科学館開館60周年にして、時の記念日100周年です。天文科学館は時の記念日に開館したこともあり、重ねてのメモリアルイヤー。

 天文科学館では2015年にも「時の記念日展」の特別展がありました。このときは時の記念日制定のきっかけとなった「『時』展覧会」そのものにスポットを当てて、当時の展示内容を紹介する形でした。

 今回はこれをきっかけとして、日本人に「秒という単位」「時刻へのこだわり」がどのように浸透してきたのかをときあかします(時明石!?←やめい)。
 江戸時代までは不定時法で2時間が一刻だった生活をしていた日本人が、たかだか明治維新から50年ちょっとで「秒」を意識し始めるのですよ。しかも「『時』展覧会」は日本初の特別展・企画展だったとか、周辺のエピソードも面白いのです(これ井上館長に聞いたんだったっけ)。

 現在は情報通信研究機構が日本標準時を担っていますが、それ以前は国立天文台のお仕事でした。天体観測にも正確な時刻は欠かせませんし、電波天文学の一翼を担うVLBI(2019年のブラックホール撮像で使われた手法)も精密な原子時計あってこそ。時と天文は密接なつながりがあるのです。

20200602akashi003.jpg20200602akashi001.jpg
 日本時計協会の共催で国内時計メーカー各社が協力に入っていることもあり、国産時計の発展の歴史を紹介するコーナーもあります。デジタル時計になってのカシオの参入やG-SHOCKの開発、自動巻時計やゼンマイ式時計でクォーツを発信させる仕組みなど意外に知らないもので、こちらも面白い内容でした。
 
 そして情報通信研究機構からは、未来へ向けての時の研究の最前線の紹介。これが日本で初めて使われた原子時計のコーナーから始まる常設展示に重ねて並べてあるのがうまい。
 超高精度への挑戦が続いているのはもちろん、最近は原子時計の小型化も進んで、数cm角のサイズのものまで開発されているとか。以前に冗談で言っていた「一家に一台原子時計」が一人に一台になりそうなお話です(値段は知りませんけど)。

20200602akashi004.jpg 特別展はパネル展示中心ですが、「時と宇宙の博物館」なので、常設展示にも関連する実物展示がたくさんあって、多角的に「時」をときあかし……これも明石ならでは。

 それと「月刊星ナビ」の2020年6月号・7月号の2回に渡って、井上館長が「天文外史 刻々の100年」のタイトルで時の記念日と時と天文の関わりを紹介する記事を書かれています。こちらも合わせて読むとより深く楽しめると思います。

 東京・上野の国立科学博物館でも「時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020」を開催中(〜7/12)。東京方面の方はこちらも。入場が予約制になっているなど、通常とは異なる体制になっています。
https://www.kahaku.go.jp/event/2020/05time/
posted by ふくだ at 23:46| Comment(2) | 明石市立天文科学館

2020年02月10日

天ボラ継続研修

 明石市立天文科学館のボランティアの継続研修に行ってきました。
 一時間ほどで、前半がボランティア活動にあたってのルールの確認、後半はロールプレイでの解説の研修。

 天文科学館のボランティア活動は始まって10年になるそうですが(そういえば先代のはやぶさの帰還の時は展示解説に入ってた記憶がある)、少しずつ運用のルールも変わってきていることもあり、変更点を全員に確認する意味合いも込めて、2〜3年ほど前から継続研修が行われています。

 面倒だと思わんでもないのが正直なところですが、活動時間の変更や接遇のポイントの確認など、文書を配布しても目を通さない人が一定数居るのは仕方ないので、対面で伝えるのは理にかなっています。
 ボランティア同士のローププレイも最初は照れ臭いのですが、やってみると意外に出来ること出来ていないことに気付かされるもの。終わってみるとそれなりに面白かったというのもまた、正直なところです。

 一昨年から土曜日に仕事が入ることが多くなり、科学館の行事も参加しにくくなり(土曜に組まれることが多い)、この一年ほどは展示解説のボランティアも片手で数えるほどしか参加していないのですが、ぼちぼち関わりは続けていこうと思っています。
# 片手どころか一回も参加してなかった……月日の経つのは早いものです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2020年01月12日

軌道星隊シゴセンジャー冬場所

 だいたいこんな感じでした。本編ではシゴセンオーはメンテナンス中で、代わりに「しごまる」が出てきましたけど(だいぶ違うやん)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年12月08日

プラネタリウム字幕投影

20191208jimaku01.jpg20191208jimaku02.jpg
 明石市立天文科学館へ行ったらプラネタリウムの字幕投影の回でした。
 といっても特別な内容ではなく、一般投影に字幕がついたという投影で、いい意味で普通の投影でした。
 (ドーム内が明るい間は、投影機の脇に手話通訳が付きます)

 字幕は要約筆記の方が担当されるのですが、この投影の前にリハーサルをして予め準備していらしたとか。字幕にルビがついていたので、事前に用意はしていたのだろうなとは思っていました。
 とはいえ原稿を読み上げているようになってしまっては、生解説の良さが消えてしまいます。
 字幕とトークが一言一句同じではないのですが、話が逸脱することもなく、見ている側としてはふだんより少しゆっくり目にお話されているかなというくらいの違い。

 いつもは天体を指すのに使うポインターですが、この投影では字幕の固有名詞と星を行ったり来たりという動きをしていました。例えばベテルギウスなら、字幕の「ベテルギウス」という文字と、ドームに映った星のベテルギウスを行き来しながらの解説。そういえば字幕の中に2つ以上固有名詞が出てくることもあります。なるほどなあ。

 話す内容は凡そ分かっていても、生解説で字幕のタイミングを合わせるのは難しいそうです。見ている分にはそうは見えなかったのですが、音声を同時に聞いているのと字幕を読みながら星空を見るのとでは、感覚が違うのかもしれません。

 字幕が出る分ドームは少し明るくなるのですが、星の見え方にはさほど影響はなく、充分に許容範囲。
 ちなみに今回の解説は鈴木さんの担当。いつもより少しゆったりとしたペースで、柔らかいトークがさらに心地よいものに……

 鈴木さんいわく、まだまだ発展途上ということですが、聴覚障害のある人とそうでない人が同時に楽しめるという点では、そうでない側からは十分に満足できる投影でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年11月24日

熟睡プラ寝たリウム 2019

20191124jukusui01.jpg 年に一度、おおっぴらにこのTシャツを着る日がやってまいりました。
 全国一斉熟睡プラ寝たリウム2019明石会場。2日目の2回目に参加です。
 毎年、勤労感謝の日に合わせて行われるのが恒例ですが。2019年は11月23日が週末となり、科学館が無料開放される関西文化の日の設定となりました。また同じ週末に明石でB級グルメの祭典「B-1グランプリ」が開催されたことから、2019年の熟睡プラ寝たリウムは土日の2日間に渡り、一般投影と熟睡投影を織り交ぜての実施となりました。

20191124jukusui03.jpg20191124jukusui02.jpg
 前の晩は星見に出かけてほとんど寝ていません。ある意味、万全の体制。
 もちろん座るのば「いびき席」。
 投影担当は西山さん。解説の皆さん、この投影に合わせて眠りやすいお話を用意されているのですが、さて。

20191124jukusui04.jpg20191124jukusui05.jpg
 夕日が沈むな否や、問答無用に寝ました。いい夢見ました。うそです、夢もみないほど爆睡しました。

 さて熟睡投影の後の最終投影(一般番組)の担当は井上館長。
 一般番組の「水はあるか? 小惑星シゴセンジャー!」では神戸大学臼井文彦特命助教のインタビューが投影内で紹介されるのですが、その臼井先生がいらしての投影。途中で全天周映像が出ないトラブルもありましたが無事に復旧。ご本人の目の前でご本人のインタビューが流れる場面も交えながら、炭素質のC型小惑星をめぐるお話が繰り広げられました。実ははやぶさ2が探査するリュウグウも、小惑星シゴセンジャーもC型小惑星なのです。
 投影のあとは臼井先生を囲んでの質疑応答となり、そのうちドームから退出してロビーに移ってまで質問に答えてくださいました(連鎖反応のように質問が尽きなくなるパターン)。ありがとうございました。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年11月03日

軌道星隊シゴセンジャー秋場所 & プラネタリウム「水はあるか? 小惑星シゴセンジャー」

 今回も驚異的な展開のシゴセンジャーでした。 クオリティー無駄遣いしまくり。
 ところでこの敵役ロボット、スペックはすごそうですが、ダジャレ以外の武装というか攻撃手段持ってないですよね、たぶん。

 11月の明石市立天文科学館のプラネタリウムは「水はあるか? 小惑星シゴセンジャー」。
 炭素質のC型小惑星つながりで、はやぶさ2の探査の紹介も。ライブのリュウグウパックもクレーター形成実験やタッチダウン編が入り、迫力満点の迫真の描写がたまりません。
 ところでC型小惑星って「黒い」のですが……シゴセンジャーの設定的に大丈夫でしょうか(いらぬお世話)

 10年前の2009年11月といえば、初代はやぶさのイオンエンジンの中和機が壊れて、今度こそ帰還ヤバいんじゃねと心配してた頃。はやぶさ2はほんと体の丈夫な良く出来た子になりましたし、開発・製造・運用みなレベルアップしたんだなと思います。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年10月31日

明石市立天文科学館「ユニバーサルデザイン展〜やさしい天文展示〜」

 明石市立天文科学館では「ユニバーサルデザイン展〜やさしい天文展示〜」が開催されています(〜2019年12月8日まで)。ユニバーサルデザインは全ての人に使いやすい・分かりやすいことを目指す考え方。今回の企画展では「ふれる、さわれる」展示に焦点を当てています。

20191031akashi002.jpg20191031akashi003.jpg
 まずは凹凸で国境や地形を表現した地球儀。地球儀が2つありますが、片方は国境や都市、片方は川や山脈や砂漠などの地形を凹凸で表現しています。

20191031akashi004.jpg20191031akashi007.jpg

20191031akashi005.jpg20191031akashi006.jpg
 星空では星座のカードと北斗七星の3D模型。
 遠目には印刷だけのように見える星座のカードは星を透明な凹凸で表現してあります。晴眼者と視覚障害者の両方が使えるかたち。

20191031akashi008.jpg20191031akashi010.jpg
 宇宙を調べるというテーマで、3Dプリンタで出力した触れるすばる望遠鏡の模型。積層痕が若干目立ちますが、普通に模型としてよく出来ています。主鏡はツルツルの塩ビ製で特別な部品であることをアピール。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年09月22日

プラネタリウム「江戸時代の星空でござる」

 明石市立天文科学館9月のプラネタリウム「江戸時代の星空でござる」。
 明石築城400年にちなんで江戸時代の天文学の話題。

 「蛸壺やはかなき夢を夏の月」という芭蕉の句碑が天文科学館の北、人丸神社の前にあります。
 芭蕉は元禄時代の人で、同時代の人物に日本独自の暦を作った天文学者、渋川春海がいます。

 当時の日本は西洋の星座が入る前で、中国の星座の「星宿」を使っていました。解説の中でこの星宿を描いた星図を全天周映像で映すのですが、全天を隙間なく覆う星と漢字の情報量に酔いそうになりました。
 渋川春海は改暦事業の一方で、中国由来の星宿に定められていない星をつないで、日本独自の星宿を加えました。というのは知識としては知っていたのですが、この渋川春海が追加した星宿も紹介。なんとなく隙間を埋めるようなものばかりかと思っていたのですが、割と大きな星宿もあり、意外な思いで眺めていました。

 ときおり当時の江戸市中の再現映像が入るのですが、幕府天文方が拠点とした浅草天文台の様子も紹介。江戸時代の天文台は会津藩の日新館のものが現存していますが、高台をつくって観測機器を置いていました。天文「台」とはよく言ったものです。

 この浅草天文台の高橋至時に学んだのが伊能忠敬で、彼は幾度も測量で明石に足を運んでいます。
 伊能図には明石城と城下町が描かれていて、大蔵谷には天測をしたことを示す☆印が、そして現在の人丸神社・月照寺である人丸社にも測量の線が伸び、ここに足を伸ばしたことが示されています。
 伊能忠敬も後にここに天文科学館が建つとは思いもよらぬことだったでしょう。

 ということで人丸山に始まり天文科学館に戻る江戸時代の星空のお話。中身も濃くて楽しい投影でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年09月15日

星の友の会例会(2019年度第2回)

 明石市立天文科学館星の友の会の例会2回目。
 夜間だとプラネタリウムドームが使えるのに対し、昼間は詰めても40人弱の天文ホールしか使えないため、会場をアスピア明石のウィズ明石に移しての開催。

 天文科学館の外での開催ということで、講演枠を設定。
 今回は井上館長のチリ皆既日食のお話。チリにつくまでのほうが遥かに長いのですけど、何事も面白がる好奇心旺盛な人の手にかかると、旅先の出来事はどんなことでも面白くなってしまいます。

 休憩を挟んで珍田さんから青森の天文施設のお話。青森はなかなか行く機会がないだけに(飛行機なら千歳便のある北海道のほうが安く行ける……青森は往復10万円ほどかかるそうで)、面白いお話でした。
 弘前のプラネタリウムはミノルタMS-10が現役で、場所も弘前城のすぐそばとのこと。

 吉野さんからはもはやライフワークの子午線の話題。
 明石では時の記念日前後に子午線通過証が配布されています。 これに関連して、郵便局は子午線通過証に切手を貼って風景印を押したものを販売していました。子午線通過証がカードから工作キットや手ぬぐいなどに移り変わる頃に終了してしまったのですが、存在自体を知らなかった……
 JRでも子午線関連のデザインの磁気カードを販売したり、クリアファイルやポストカードを配布したりしていましたが、これも現在は行われていません。こちらは私も何点か持っているものがありますが、JRも配布系のグッズにお金を使うことが難しくなってしまったのか。
 来年は時の記念日100周年かつ天文科学館の60周年なので、なにか展開を期待したいところ。

 遠足部から10月の飛行神社遠足の案内。しかしこの日は仕事の日(涙)
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館