2017年06月18日

時のウィーク 2017(6月11日)

 時の記念日に近い日曜日に明石公園で行われる「時のウィーク メインデー」。
 毎年、屋外ステージにシゴセンジャーが登場するのが恒例となっています。

 明石公園の正門(明石城の大手門)前の人の列。子午線通過証の配布待ちですが、今年はお堀の南の道まで待機列が伸びて折り返して更に人並みが続く混雑ぶり。10時からの配布予定が10分ほど早められました。

 シゴセンジャーの前に登場したアニソン歌手のMagumaさん。
 架空のアニメソングを歌うコンセプトで活動されているのですが、披露した「焼肉王子」のシュールな世界にお腹抱えて笑い転げました。

 続いてブラック星博士の登場。Magumaさんもステージに呼び出されていじられてます。

 シゴセンジャーも登場して恒例のクイズ合戦。ギャラリーも増えてにぎやかに。
 会場の子どもを巻き込んだネタは打ち合わせしていたのでしょうか。

 会場風景から。明石焼きを背負った「隊長」さんがいらっしゃいました。あとで聞いた所によるとほんとに明石焼きに力を尽くされていらっしゃる方のようです。

 @Noriori_fighterさんと@nightudonさんと一緒に時の道をたどりながら天文科学館へ移動するつもりが、明石城を脱出する前にお腹が空いて駅前へ。
 明石焼きの入ったうどんがメニューにあったので食べてみました。明石焼きにうどんにかやくご飯って、ものすごい炭水化物率の高さ。このあと天文科学館へ行きましたが、プラネタリウムは胃袋の活動で脳がお休みしてしまいました。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館

時の記念日(6月10日)

 6月10日の時の記念日は明石市立天文科学館の開館記念日でもあります。毎年無料開放が行われ、多くのお客さんが詰めかけます。特に今年は土曜日と重なって大変そう。
 私は年間パスポートを持っているので無料開放の恩恵はないのですが、朝から配布されている子午線通過証を頂きに上がりました。

 開館は9時半ですが、おそらく大勢の方が並んでいるに違いありません。ということで、少し時間をずらして開館前の行列は捌けたであろうタイミングと思ってゆっくり出てきたのですが……ぜんぜんそんなことなかった。

 子午線通過証は2014年から手ぬぐいになっています。私の少し後(100人くらい?)で配り終えてしまったみたい。

 プラネタリウムは全回整理券制になっていますが、今日は展示だけ見学。特別展は毎年恒例の「時計のある風景写真展」となり、時計を写し込んだ写真のコンテストの入賞作品展となっています。時計が何処かに写り込んでいればOKという規程のようで、中にはどこに時計が写っているのか目を皿にして探さないと分からないような作品も。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年05月20日

KAGAYAさん講演会「世界に星空と夢を求めて」

 明石市立天文科学館でKAGAYA写真展「星空讃歌」を開催中(2017年4月22日〜6月4日)。
 その企画の一環として、KAGAYAさんの講演会が開催されました。
 5月2日に申し込み開始でしたが、その日の晩には満席受付終了の人気ぶり。私は寝る前に「あ、そうだKAGAYAさんの申し込み今日だっけ」と思い出してネット繋いだら、「残席2」という状況でした。滑り込みセーフ。

 講演会当日の様子は、こちらのtogetterのまとめにて。

 KAGAYAさん講演会「世界に星空と夢を求めて」明石市立天文科学館(togetterまとめ)
 https://togetter.com/li/1112478

 KAGAYAさんは「何か起こりそうな場所にはかならず行く」とおっしゃいます。皆既日食を見られる場所やダイヤモンド富士を見られる場所は計算されていますし、天文現象の見えるタイミングも同様。もちろんおいそれと行ける場所で無いことも多いのですが、万端の準備をして望んで、その上で「よくぞこの瞬間を捉えた!」という作品が生まれるのです。
# KAGAYAさんのことだから、苦労を苦労と思ってらっしゃらないかも。

 終了後にはサイン会が行われました。今回は夜間の企画で、講演会が終わったのが20時過ぎ。私は手持ちの「銀河鉄道の夜」DVDにサインをお願いしたのですが、以前2015年のISTS「HYOGO-KOBE宇宙博」でご一緒したときのことを覚えてくださっていて、嬉しいやら恐縮するやら。ほんにお茶目で誠実で素敵な方です。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年05月14日

軌道星隊シゴセンジャー皐月場所(5月13・14日)

 軌道星隊シゴセンジャー皐月場所。
 今回は2日ともゲストがやってきました。
 13日は伊丹市立こども文化科学館から「ひょんたん」が登場。なんでも特別展で借りだしたアストロライナーが借りっぱちになっているとかで、取り戻しに来たらしい!

 いつものごとくプラネタリウムドームに乱入するブラック星博士。まずはシゴセンジャーブルーがやってきて、助太刀にひょんたんが登場するのですが、なにせこの図体。ブルーに手を引いてエスコートしてもらわないと、ドームの客席内で前進することすらおぼつきません。助けに来たのか足手まといになりに来たのか。
 今回は台詞も事前収録仕様で、台本にない展開が発生すると、途端にひょんたん困り果ててしまいます。分かった上でシナリオにない質問を浴びせかけるブラック星博士。もはやキッズプラネタリウムとは思えぬ展開。ええ、最後はシゴセンジャーとひょんたんのクイズアタックでブラック星博士やっつけましたけど、ゲストキャラをいじり倒すってどんな投影だ。

 14日にやってきたのはラフォーレ琵琶湖プラネタリウムのびわっちくん。可愛らしい見かけに反して、声は完全におっさん(笑)。
 ドームの中で足元がおぼつかないのは前日も見たような光景。そしてびわっちくん、自ら脱線を始めます。あなたシゴセンジャーの見方じゃなかったのか。どうみてもブラック星博士よりだぞ。
 ドームの中を大混乱に陥れたのは、びわっちくんだったのかブラック星博士だったのか。何はともあれ、ブラック星博士は退散しましたが、記念撮影の会場にエスコートされるびわっちくんは、ほとんど連行されているかのようでした。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年05月13日

星の友の会例会(2017年度第1回)

 明石市立天文科学館星の友の会の会長は、天文科学館の館長が務めます。
 今回は長尾前館長が退任されて、井上新館長となって初めての例会。

 子午線にまつわる出来事、星の子館の惑星儀親子でコンプリート「どれどれ?ミラ」斉唱の三本立てでした。
# 最後のミラが強烈でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年03月26日

軌道星隊シゴセンジャーファンクラブイベント(2016年度第2回)

 年に2回の軌道星隊シゴセンジャーファンクラブイベント。
 ファミリー層が多いイベントで科学館のヒーローが地域の子どもたちに愛されてるんだなあと思います。
 基本は普段のシゴセンジャー投影のスタイルで進行しますが、さすがに「常連」の子どもたちが多く、ブラック星博士のネタも訓練され尽くしてノリノリの雰囲気。

 コニカミノルタプラネタリウムの全天周プロジェクター、スーパーメディアグローブ2が3月末まで設置されていることから、全天周映像を投影しながらの"シゴセンジャークイズチャレンジ"。月や惑星がドームいっぱいに映し出されると、あまりの迫力にあちこちから声が上がります。
 光学式投影機と全天周映像プロジェクターを組み合わせたハイブリッド式のプラネタリウムは最近でこそ珍しくありませんが、明石では普段はツァイス投影機一本なので、見慣れていない人も多いのでしょう。
 ツァイス投影機とのハイブリッド、ありかもしれないと思います(番組作るのたいへんだろうなぁ)。

 投影の後はドーム内で記念写真。
 普段のシゴセンジャー投影では基本は外での記念撮影タイムになるのですが、今回は時間外の投影なのでこんな融通も利いたりします。ツァイス投影機とシゴセンジャー・ブラック星博士のショット、意外に珍しいのです。

 シゴセンジャーの衣装がいつの間にバージョンアップしていました。以前は手作り感あふれる段ボー……いやいや、プロテクターでしたが、現在は人工皮革みたいな素材で雨の日も安心。あまり近くで見ることがないのでいつ変わったのかも知らないままでした。

 そして3月20日から点灯している子午線LEDに立つブラック星博士。
 なんか悪役感満載で強そう。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年03月19日

星友フェスタ 遠足部

 シゴセンジャー春場所に合わせて「星友フェスタ」が開催されました。
 星の友の会の会内サークルの体験イベントということで、遠足部では天文科学館周辺の散策路「時の道」の散歩を企画しました。

 「時の道」は明石市内の散策路で、明石駅から明石公園・文化博物館を経由して、天文科学館周辺の寺社をめぐり、人丸前駅までの約2kmのコース。全コース歩くと往復4kmで歩くだけで1時間かかってしまいます。
 今回は天文科学館周辺の500mほどを行ったり来たりブラブラとお散歩する企画。

 ふだんの遠足部は、この指とまれ的にその時集まれるメンバーで他の科学館や天文イベントへの遠征を行っているので、「近場」を「歩く」のは今回が初めて。
 運営(といってもこれまた遠足部メンバーですが)含めて10人でお散歩しましたが、参加頂いた方には好評いただいたようで何よりでした。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館

シゴセンジャー春場所&星空演劇「ヘルクレスの冒険」(3月18日・19日)

 キッズプラネタリウムは軌道星隊シゴセンジャー春場所。
 初日は7割くらいの入り。2日目は入場を待たずに整理券配布済みの満席状態。相変わらずコテコテの駄洒落とクイズの戦いです。予定調和のようにブラック星博士が負けていきましたが、またやってくるんだろうなぁ。

 午後の2回めの投影は星空演劇「ヘルクレスの冒険」。
 解説員が役者となってギリシャ神話物語を演じる番組で、今年は町劇Akashi bb(ブレスandブレス)の劇団員も加わってパワーアップ(役者が2人から5人に!)。しし座とうみへび座とかに座が出てきてはヘルクレスに退治される様子をコミカルに演じてました。
 初日と2日目と続けて見たのですが、2日目はシナリオがブラッシュアップされて、さらに分かりやすく面白く笑える展開に。お客さんの反応を見ながら修正というか進化させちゃうのですね。隣りに座ってた親子連れのお父さんがツボに入ったように大ウケでした。
 盛大な前フリにも関わらずあっけなく天に登っていくカニさんと、ノリが抜群のヒドラがいい味出してました。

 さて今年度のシゴセンジャー投影にすべて参加したということで、ファンクラブ記念品の卓上カレンダーをいただきました。わーい。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年03月18日

プレミアム講演会「日本のプラネタリウムの黎明」

 明石市立天文科学館特別展「日本のプラネタリウム『はじめの1歩』展」に連動してのプレミアム講演会「日本のプラネタリウムの黎明」。こんなマニアックなテーマを聞く人がいるのかと思ったら、ドームの半分ほどの席が埋まる入り。天文教育関係の方々もいらしている様子。

 面白かったのは、コニカミノルタプラネタリウムと五藤光学研究所の元社員のお話。両社とも当初は社外のプラネタリウム製作者を招聘して開発に当たったという意外な共通点もあったり。



 元コニカミノルタプラネタリウムの鈴木孝雄さんからは、同社の創業期の開発事情と機種の特徴のお話。
 千代田精工(後のミノルタ)が初めて作った「ノブオカ式プラネタリウムI型」は、街の発明家としてプラネタリウムの研究を行っていた信岡正典氏を招いての開発。1958年3月に招聘してから半年ほどで最初の投影機を完成させています。惑星投影機の技術は信岡氏の手で出来ていたのですが、レンズを用いた恒星投影機の部分にカメラメーカーの千代田精工の技術が必要だったとのこと。このノブオカ式I型はツァイスI型にそっくりで、甲子園球場のそばにあった阪神パークに納入された後、福岡の遊園地に移設されたそうです。

 続いて開発されたII型はS型とも呼ばれ、社内では「星座」のSだったとか。恒星投影球は南北2つとなりましたが、惑星投影機はギア駆動でなくプリセット式。広島県の遊園地「楽々園」に納入。
 阪神パークといい、福岡といい、楽々園といい、遊園地のアトラクションとして使用されたのが面白いところ。
 S型の2号機は阪神パークに納入され、すでに解体撤去されていますが、最近、保管されていた部品の一部が見つかったとのことで、惑星投影機をお披露目してくださいました。

 III型は南北の恒星投影級の間にギア駆動の惑星投影機を備えた本格的なものでしたが、これは見本市への出展のみ。その後は10年ほど売れない時期が続き、しかしながらその間にMSシリーズのラインナップを揃えて、1970年代から急に売れるようになったそうです。
# 鈴木孝雄さんはこの事業拡張期の入社で、ここから先も面白そうなのに、「黎明」の話なので、ここまで。



 元五藤光学の児玉光義さんのお話は、五藤光学研究所創業者の五藤斎三氏がどのような経緯でプラネタリウムづくりを志したのかを紐解きます。明治生まれの実業家の波乱万丈な一代記でそれだけで講演会が一本できてしまいそうなお話です。1926(大正15)年に天体望遠鏡メーカーとして創業した同社がプラネタリウムに本格的に乗り出すのは1950年台後半のこと。海外の見本市などでプラネタリウムに接した五藤斎三氏が、少量生産の製品は小さな会社でないとできないこと!と乗り出します。

 ここでも社外のプラネタリウム開発者、吉田_氏を招聘。当初はダンベル型のツァイス式で設計していたものの、途中でより精度を出しやすいとモリソン式に変更。以後、モリソン式は五藤のプラネタリウムの標準形となります。完成したM-1型は「日本初の中型プラネタリウム」として東京国際見本市に出展の後、浅草・新世界に納入(ここもエンタメビル)。
# 少し後の1965年に東京海洋大学に納められたM-1型が現在も現役で動いています。

 後に開発された大型機のL-1はいきなりの米国納入でしたが、その背景には金環日食観測時に米国隊に提供したシーロスタットの高評価があったそうです。
 


 2時間で4人が話し終わるわけないでしょうと思っていたら、予想に違わず思いっきり時間オーバー。それでもまだもっとたくさんお話を聞きたかった感があります。

 物事の始まりのお話を聞くのはどんな分野でも面白いもの。コニカミノルタも五藤光学もメーカーの人の話を聞く機会はなかなかありません。
 一般の人が読めるプラネタリウムの歴史をまとめた本は、伊東昌市さんの「地上に星空を」(裳華房)くらいで、特に国産プラネタリウムの開発史にスポットライトが当たる機会はこれまで多くなく、今日のお話も何らかの形でまとめて残してくれると嬉しいです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2017年03月11日

星の友の会例会(2016年度第4回)

 長尾館長から「カンチョーグッズベスト5」ということで、これまで作成した天文科学館のグッズから自己ベスト5を発表。5点中4点は持ってた気がします(仕事から直行だったので持参しなかったのは惜しかった)。

 野外天体観測会の報告は同行した科学館職員から。曇りがちだったようですが、星空も見ることが出来たようで何よりです。

 休憩を挟んでほしとも天体写真部からのPR。星の友の会の中のサークルではいちばん活発なところかも。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館