2019年09月22日

プラネタリウム「江戸時代の星空でござる」

 明石市立天文科学館9月のプラネタリウム「江戸時代の星空でござる」。
 明石築城400年にちなんで江戸時代の天文学の話題。

 「蛸壺やはかなき夢を夏の月」という芭蕉の句碑が天文科学館の北、人丸神社の前にあります。
 芭蕉は元禄時代の人で、同時代の人物に日本独自の暦を作った天文学者、渋川春海がいます。

 当時の日本は西洋の星座が入る前で、中国の星座の「星宿」を使っていました。解説の中でこの星宿を描いた星図を全天周映像で映すのですが、全天を隙間なく覆う星と漢字の情報量に酔いそうになりました。
 渋川春海は改暦事業の一方で、中国由来の星宿に定められていない星をつないで、日本独自の星宿を加えました。というのは知識としては知っていたのですが、この渋川春海が追加した星宿も紹介。なんとなく隙間を埋めるようなものばかりかと思っていたのですが、割と大きな星宿もあり、意外な思いで眺めていました。

 ときおり当時の江戸市中の再現映像が入るのですが、幕府天文方が拠点とした浅草天文台の様子も紹介。江戸時代の天文台は会津藩の日新館のものが現存していますが、高台をつくって観測機器を置いていました。天文「台」とはよく言ったものです。

 この浅草天文台の高橋至時に学んだのが伊能忠敬で、彼は幾度も測量で明石に足を運んでいます。
 伊能図には明石城と城下町が描かれていて、大蔵谷には天測をしたことを示す☆印が、そして現在の人丸神社・月照寺である人丸社にも測量の線が伸び、ここに足を伸ばしたことが示されています。
 伊能忠敬も後にここに天文科学館が建つとは思いもよらぬことだったでしょう。

 ということで人丸山に始まり天文科学館に戻る江戸時代の星空のお話。中身も濃くて楽しい投影でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年09月15日

星の友の会例会(2019年度第2回)

 明石市立天文科学館星の友の会の例会2回目。
 夜間だとプラネタリウムドームが使えるのに対し、昼間は詰めても40人弱の天文ホールしか使えないため、会場をアスピア明石のウィズ明石に移しての開催。

 天文科学館の外での開催ということで、講演枠を設定。
 今回は井上館長のチリ皆既日食のお話。チリにつくまでのほうが遥かに長いのですけど、何事も面白がる好奇心旺盛な人の手にかかると、旅先の出来事はどんなことでも面白くなってしまいます。

 休憩を挟んで珍田さんから青森の天文施設のお話。青森はなかなか行く機会がないだけに(飛行機なら千歳便のある北海道のほうが安く行ける……青森は往復10万円ほどかかるそうで)、面白いお話でした。
 弘前のプラネタリウムはミノルタMS-10が現役で、場所も弘前城のすぐそばとのこと。

 吉野さんからはもはやライフワークの子午線の話題。
 明石では時の記念日前後に子午線通過証が配布されています。 これに関連して、郵便局は子午線通過証に切手を貼って風景印を押したものを販売していました。子午線通過証がカードから工作キットや手ぬぐいなどに移り変わる頃に終了してしまったのですが、存在自体を知らなかった……
 JRでも子午線関連のデザインの磁気カードを販売したり、クリアファイルやポストカードを配布したりしていましたが、これも現在は行われていません。こちらは私も何点か持っているものがありますが、JRも配布系のグッズにお金を使うことが難しくなってしまったのか。
 来年は時の記念日100周年かつ天文科学館の60周年なので、なにか展開を期待したいところ。

 遠足部から10月の飛行神社遠足の案内。しかしこの日は仕事の日(涙)
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年07月27日

野外天体観測会 2018年夏(7月27日・28日)速報

 明石市立天文科学館の星の友の会では、年に2回、「野外天体観測会」として星見の合宿に出かけています。今回の目的地は奈良県は大塔コスミックパーク星のくに。現在は五條市になっていますが、平成の大合併前の旧大塔村のつくった施設です。

 梅雨明け直後は天候が安定しやすいことから、夏の野外天体観測会は概ね、この時期の新月近くの週末に合わせて設定されます。
 とはいえ、そこは空模様のこと。梅雨がいつ明けるかは分かりませんし、梅雨が開けてもスッキリしないお天気の年もあります。そして今年は台風がやってきたのでした。

 梅雨明けの時期の台風は、太平洋高気圧が本州付近まで張り出すことから、東シナ海方面へ行くことが多いのですが、この度の台風6号は出発当日の朝に紀伊半島に上陸してしまいました。

 もっとも暴風圏のない台風で、すぐに東へ去っていったのですが、大量の雲を引き連れて、お昼までは断続的に雨模様。はてさてどうなることやら。

 結果を先に書いてしまうと、終始、雲の多い空模様で、雲間からチラホラと星は見えたものの、天の川が見えるような空には巡り会えず、という夜でした。
 その点は残念でしたが、みんなでワイワイ空を見上げるのは毎回ながら楽しい時間で、今回も雲の流れに一喜一憂しながら、1時過ぎまでロッジの前で空を見上げたのでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年06月16日

時のウィーク 2019

20190616tokinoweek01.jpg 明石公園で子午線通過証を頂きました。
 2019年は明石城築城400年ということで、明石城のデザイン。昨年・今年と2年続けてステッカーです。

20190616tokinoweek02.jpg20190616tokinoweek03.jpg
 明石公園を席巻するブラック星博士とシゴセンジャーの激闘。繰り広げられたギャグの寒さに、雲行きすら怪しくなって終了(^_^ゞ

 ところで全身で明石焼きを表現した方がいらしたのですが、何ものなのでしょう!?
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年06月02日

プラネタリウム「大活躍!小惑星探査機はやぶさ2」

20190602akashi.jpg 明石市立天文科学館、6月のプラネタリウムは「大活躍!小惑星探査機はやぶさ2」。

 前半の星空紹介+後半の今月のテーマ解説という構成はいつもどおりながら、後半部分で全天周映像をメインにしたのは明石では珍しいというより初めてかもしれません。
# 投影機の真北の席は「ちょっと見えにくい」と案内されます。これもまた明石では珍しい。

 上映されるのは、これまでの運用や取得したデータに基づいて描かれた全天周映像「リュウグウパック」。これは「HATYABUSA -BACK TO THE EARTH-」や「HAYABUSA2 -RETURN TO THE UNIVERSE-」を作成してきた上坂浩光さん率いるLiVEが、はやぶさ2のミッションを追うようにリリースしている短編作品です。
 全天周映画を一本作るとなると、相当の長い時間がかかってしまうので、なるべくリアルタイムに近い形ではやぶさ2のミッションを紹介できるよう、節目節目ごとに公開され、各地のプラネタリウムのはやぶさ2番組に取り入れられています。

 今回の明石では「リュウグウ到着」篇と「タッチダウン」篇が使われていているようです。
 はやぶさ2はリュウグウに1年半弱滞在する予定で、現在進行系で探査が進んでいるので、1ステップごとに情報が出てきます。リアルタイムの情報を知ることができる素晴らしさはあるのですが、全体をつかみにくい状況でもあります(贅沢な話ですが)。

 今回は「リュウグウパック」で、リュウグウ到着後にはやぶさ2がやってきたことを、一連の流れとして見ることができます。映像は上坂さんの手によるものですから、迫力満点で考証もばっちり。繰り返す降下運用、そして緊迫のタッチダウンの瞬間に震えろ!(震えた)。

 直近のインパクタによるクレーター形成実験以降は、リュウグウ到着前に作成されたミッション紹介動画になりますが、こちらはほぼ予定通りに成功したため、リュウグウ表面の描写以外は今見ても違和感はありません。

 ローバーの投下やクレーター形成実験の観測画像は、解説の中でJAXA公開の画像が紹介されます。この辺のフォローはさすが生解説。
 解説の担当者ごとに少しずつポイントが違うお話が消えるのはいつも通り。時間が許せば複数回、投影をご覧になられると面白いと思います。

 写真は2階のロビーに展示されているリュウグウの模型。スケールは1/10,000ですから、1cmが100m。それほど大きな天体でないのが分かります。実際のリュウグウは炭素質でほとんど真っ黒なので、塗りたい……
posted by ふくだ at 23:44| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年05月19日

浅田英夫さん・谷川正夫さんによる特別展のギャラリートーク

 明石市立天文科学館にて特別展「平成の天文現象・天体写真展」のギャラリートークに参加。ゲストは天文研究家の浅田英夫さんと天文カメラマンの谷川正夫さん。天文雑誌でもよくお名前を拝見するお二方ですが、息もピッタリで楽しいひと時でした。

 平成の天文現象を振り返るということで、2階の天文ホールでスライドや動画を見ながらのトークでスタート。ところが話が盛り上がって、写真が展示されている特別展示室に移動しないまま予定時間を超過。どこがギャラリートークだったんだろう(笑)。
 浅田さんは気さくな雰囲気で楽しいお話ですし、谷川さんもボケとツッコミを織り交ぜて、ときおり漫才かというようなコンビ芸に入ります。お二人とも天体望遠鏡メーカーにお勤めされていた経歴があり、夜な夜な天体写真を撮りに出かけて「誰よりも多く夜を過ごした」仲だとか。なるほど納得。

 トークの中で2002年12月の豪州セドゥーナ皆既日食の動画が流れたのですが、西はりま・明石の合同観測ツアーの隣で撮影されていらしたそうで、ビデオの中にしっかり私たちの声が入ってました。声と言っても 「おおーっ」「うわぁ」「すげぇ」しか言っていないのですが、あの時の我を忘れんばかりの興奮がよみがえりました。

 最後に井上館長から、「ベスト3を選ぶとどれになりますか?」と質問。
 浅田さんは日食は予定の時刻に起きる場所に行けば見られるものだからと、2001年のしし座流星群と、1996年の百武彗星、1997年のヘール・ボップ彗星を挙げられました。井上さんもこれと同じ意見とのこと。

 私個人でいえば、2001年のしし群と、初めてコロナとダイヤモンドリングを見た2002年12月の豪州皆既日食、1994年のシューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突でしょうか。
# 百武彗星は全く見ず、ヘール・ボップ彗星もほとんど見ていないんですよね実は。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年05月18日

星の友の会例会(2019年度第1回)

 仕事を終えてから遅れての参加。
 会員の皆さんの発表は聞けませんでしたが、浅田英夫さん・谷川正夫さんの講演会には間に合いました。
 どれだけ盛り上がっていたのか、全部終わったのは8時半を回っていたような。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年05月12日

軌道星隊シゴセンジャー皐月場所

20190512akashi004.jpg20190512akashi005.jpg
 2019年度最初のシゴセンジャー。
 シゴセンジャーの投影は、ブラック星博士とシゴセンジャーがクイズで戦うという基本の流れはあるものの、毎年少しずつ趣向が凝らされています。昨年は「しごまる」が大活躍しましたが、そういえば今年はどうなるんだろう? と思っていたら、奴がいたのでした。

 クイズアタックの答えを求めて、ドームスクリーンはよもやの展開。
 大きなお友達は大爆笑、小さなお友達も巻き込まれて爆笑。
 拍手喝采とともに、ブラック星博士は退散していったのでした。

 なお冒頭の写真は投影内容と一切関わりはありません(ブラックホールのネタは毎度)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年04月21日

プラネタリウム「平成の天文現象をふりかえる」

20190420akashi006.jpg20190420akashi005.jpg
 明石市立天文科学館プラネタリウム、2019年4月の一般投影「平成の天文現象をふりかえる」。
 天文現象は今では西暦で記すことが多いので、番組の中で平成何年と紹介するのが違和感ありまくり。

 平成はほぼ30年続いたので、私が星好きになってからのほとんどの時間をこの区切りで過ごしています。
# 逆に私が昭和で経験した大きな天文現象はハレー彗星と1986年の火星大接近になりますか。

 個人的にはシューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突(1994/平成6年)が、あれも平成だったかと感慨深く思い出しました。
 当時アマチュアの望遠鏡では木星の変化は捉えられないだろうと予測されていたのですが、黒々とした衝突痕が小口径の望遠鏡でも見ることができ、その一報をインターネットのネットニュースで知ったのも時代の変化を感じるものでした。NASAのウェブサイトを初めて見たのも多分この時です。

 おそらく多くの方が挙げるであろう百武彗星とヘール・ボップ彗星は、個人的に天文から離れた時期で見ていません(ペールボップは明るかったので一度だけ街中で双眼鏡で見ましたけど)。その後、国内で見られる大彗星は出現していないだけに、我ながら素晴らしいタイミングです。

 逆に間がよかったのは金星の太陽面通過。こちらは番組内では取り上げられなかったと思いますが(地味ですし)、約100〜120年毎にしか起こらない極めて珍しい現象ながら、2004(平成16)年と2012(平成24)年の双方とも平成の間に起き、2回とも日本から見える時間帯でした。2004年は悪天候でしたが、2012年は全過程を見ることができました。

 地球規模で見れば珍しくない日食も、皆既や金環が日本で見えるのは珍しいことで、2009(平成21)年の皆既食が吐噶喇列島から小笠原沖が皆既帯、2012(平成24)年の金環日食は太平洋ベルトに重なる広域が金環帯となりました。
 2009年は梅雨が開けきらない時期で全国的に天候が悪く、小笠原沖まで船で出かけた私たちはたまたま好機をつかめました。2012年も全国的にまだら模様の天気で、こちらも船に乗りましたが和歌山沖で曇に閉ざされました。
# 昭和の終盤にも1987(昭和62)年の沖縄金環食と、1988(昭和63)年の小笠原沖皆既食があるので、国内の皆既・金環日食はおよそ数十年ごとの現象です。

 あとは2001(平成13)年のしし座流星群。一晩で数千個の流星を見るという稀有な経験で、またダストトレイル理論による緻密な予測など、流星にまつわるサイエンスの発展を目の当たりにしました。

 とまあ書き連ねたらキリがない。

 プラネタリウムでは明石のメディアグローブでは投影機の陰になる部分にもしっかり映像が出ている場面があって、後で聞いたら他のプロジェクターとの合わせ技でカバーしているのだそうです。年度が変わってはじめて見る明石の投影なので、何か新しい補助投影機を入れたのかとも思ったのですが、既存の機器の運用面でのカバーでした。
 当然マニュアルで操作されているのですが、映像の重ね合わせやタイミングに違和感を感じなかったのは流石です。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 明石市立天文科学館

2019年02月10日

ココニイルコト・ナイト

20190210kokoniirukoto003.jpg 明石市立天文科学館のナイトミュージアム企画「ココニイルコト・ナイト 〜最相葉月さんのトークと映画『ココニイルコト』鑑賞会〜」が開催されました。

 映画『ココニイルコト』は2001年の作品。
 最相葉月さんのエッセイを原案に、主演は当時、真中瞳の名義で活動していた東風万智子と、今や押しも押されもせぬ実力派の堺雅人。
 明石市立天文科学館で映画のロケをやったという話は科学館の方から聞いていて、天文雑誌「星ナビ」にも記事が乗っていたのですが、単館系の上映で、気付いたときには梅田でしか上映館がなく、ビデオが出てからレンタルで観ました。
 天文科学館が舞台なら押さえておかねばという程度の気持ちでしたが、思いの外に素敵な映画で、DVDが出たときに迷わず購入。天文科学館も二度ほど登場しますが、いずれも印象的な場面になっています。ちなみに作中で声だけ登場するプラネタリウムの解説員は、今の井上館長。
 私はこの作品で堺雅人を知ったのですが、当時から印象に残る演技をしていて、この直後、2003年の大河ドラマ『新選組!』で演じた山南敬助が当たり役になります。

20190210kokoniirukoto006.jpg 『ココニイルコト』は今回久しぶりに観ましたが、色褪せない作品です。
 作品の中の携帯電話がスマホでなくてガラケーなのが、時代を感じるところ。天文科学館もプラネタリウムの椅子が交換され、座席を減ってゆったりの配置になったため、劇中の人物が座ったのと同じ椅子はありません(だいたい同じ場所には座れます)。ただツァイス投影機だけは今も昔も変わらぬ存在感です。

20190210kokoniirukoto007.jpg ところでイベントのチケットは、明石市立天文科学館会館40週年記念入館券の復刻版。実はこれ、映画の中に登場する小道具でもあります。分かる人には分かる細かやさが嬉しく楽しいです。

 最相葉月さんのトークショーの冒頭では、井上館長によるプラネタリウムの投影もありました。
 井上さんの語りが最近と雰囲気が違うな、と思いながら聞いていたのですが、後から映画の中の語りを再現されていたのだと気付きました。本当に芸が細かい。

 最相葉月さんは言葉を誠実に選んでお話される方でした。
 井上さんとのやり取りでも、雰囲気で丸めることは一つもなく、多少は遠回りな表現でも言葉と思いがズレないよう、丁寧に答えていらしたのが印象に残っています。
 『ココニイルコト』の原案となったエッセイが収録されている『なんといふ空』を皮切りに、最相さんの著作は半分くらい読んでいるのですが、いずれも真摯さを感じる作品ばかり。幾多のノンフィクションの背景に、こういう人柄がにじみ出ているのだなと納得しました。
# 『絶対音感』がヒット作ですが、知らない世界を垣間見た点では『東京大学応援部物語』が面白かったです。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館