2019年09月27日

星見行(9月25-26日)

 今週末は新月ですが、週末の天気予報がよくないので思い立って出かけることにしました。
 いつもなら播磨の北端に行くのですが、GPV予報で内陸に雲が出そうだったので、思い立って淡路島へ向かいました。
 明石海峡大橋が1998年に開通して20年以上が経ちますが、自分の運転で渡るのは初めてでした(自分の足で歩いて渡ったことは2度あります)。

20190925_ngc7293.jpg
らせん星雲(NGC7293)。
2019年9月25日(兵庫県洲本市)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO1600 露出6分×16枚合成
ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。中央部のみトリミング。

 NGC7293はみずがめ座の惑星状星雲。南天にあるため、兵庫県の中ほどからだと瀬戸内地方の光害の影響を受けやすい天体です。とても淡い星雲ですが、神鍋高原での野外天体観測会の折、ニコン18×70双眼鏡で見せて頂いたことがあります。
 惑星状星雲は小さいものが多いのですが、これは見かけの大きさが全天でも最大級のもの。この写真では二重らせんの外側に更に広がるガスが淡く写っています。

20190926_m33_sd2.jpg
M33銀河。
2019年9月26日(兵庫県洲本市)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO1600 露出6分×16枚合成
ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。中央部のみトリミング。

 M33はさんかく座にある銀河で、M31アンドロメダ銀河や私たちの天の川銀河とともに局部銀河群を形成する仲間です。距離は250万光年。見かけの大きさがある割には淡く、空の暗い場所でないと双眼鏡でも見るのが難しい天体です。条件が良ければ肉眼でも見えるそうですが、私はまだ見たことありません。
 銀河の腕にHU領域が淡いピンク色で点々と写っています。これはIR改造したデジカメならでは。冷却CCDでLRGB合成した写真だと赤く描写されるようです。

 いつもの撮影ならAPS-Cの全面の写真も載せるのですが、今回はフラットナーのネジが緩んで焦点距離の設定がずれていて、周辺像が盛大に流れていました。中央1/2の範囲(面積なら1/4の範囲)は使える画像だったのでそこだけ切り出しています。
 ピント合わせの際の像がちょっと変かなとは思ったのですが、気のせいかと見過ごしてしまいました。起こりそうなトラブルは起きるものです。

20190926_00001.jpg
さよなら夏の大三角。
2019年9月26日01:07(兵庫県洲本市)。
NikonD5500+トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX →11mm/F5.6、ISO400 露出16分40秒。
 沈むゆく夏の大三角からカシオペア座までを収めてみました。比較明合成ではなく長時間露光の一発撮り。空の暗い場所でないと出来ませんが、以前はこれが一般的な固定撮影の技法でした。

20190926_00002.jpg
昇る冬の星座たち
2019年9月26日02:32(兵庫県洲本市)。
NikonD5500(HKIR改造)+トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX→11mm/F6.3、ISO3200 露出17分48秒。
 こちらも長時間露光の一発撮り。北東に大阪方面の明かりがあり、地平線近くが真っ白になっています。これは比較明合成にしたほうがよかったか。

20190926_sunrise.jpg
紀淡海峡の夜明け
2019年9月26日05:54(兵庫県洲本市)。
iPhone SE back camera 4.15mmf/2.2→4.15mm/F2.2 ISO25 露出1/523秒
 眼下に島が見えてどこかと思ったのですが、紀淡海峡の友ヶ島でした。灯台の光が明滅している様子まで見えていました。
 朝日を見たのは本当に久しぶりでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年09月08日

星見行(9月7日-8日)

 ここしばらくは新月期と週末と天気のめぐりが今ひとつ。
 8月31日(土)の晩は新月翌日で月齢の条件は絶好だったのですが、天候がだめ。

 9月7日(土)は上弦過ぎの月で月没が夜半となりますが、次週は満月ですし、その次の下弦だと観測地に着いてから月が出てきます。観測地について程なく月没となる上弦のほうが遠征時は都合が良いのです。

 とはいえ秋雨前線がうろうろしていて、天候が読めない状態。
 6日(金)の晩は晴れ、7日(土)の日中も晴れたのですが、兵庫県中部の夜は雲が出そうなGPV予報。

 こういうときは「行かずに後悔するより行って後悔したほうがいい」ということで出発。
 22時過ぎに現着したら既に雲間からチラホラ星が見えるのがやっとで、あっという間に皆曇。仮眠を取りながら2時頃まで粘ったのですが、ガスが出てきたので撤退。谷底に降りたら晴れていたので、近くの別の観測地に移動しますが、こちらも曇り。
 再び谷底に降りて小さな公園を見つけて空を見上げますが、先程の晴れが一時的だったのか、雲間から星空がチラホラ見える程度。少しばかり観望しますが、すぐに雲が多くなり、さすがに撤退です。

 姫路まで戻ったら晴れていたので、播但道を降りて、田んぼの中で薄明に溶けゆく星々を見て帰ってきました。
 まあ、こんな夜もあります。

 そんなこんなで今回は望遠鏡もカメラも使いませんでしたが、テレコンビノが大活躍。雲間からでもビッシリ星が見えて楽しかったのが収穫。

 いつもの観測地が携帯の電波の入りが悪い場所で、今回現地で合流しようとしていた方々と全く連絡が取れないままでした。山間部だとやっぱりDoCoMoが強いんですよね。auがんばれお願いだから。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年08月10日

星景写真撮影会

20190810soranomichi_uminohashi.jpg
「空の道・海の橋」
2019年8月10日19:49〜20:01
NikonD5500+NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR→16mmF4.5,ISO400
カラーバランス:昼光色
4秒露出×163枚比較明合成

 明石市立天文科学館星の友の会の天体写真部の有志で、舞子公園に集まって星景写真の撮影会を行いました。
 昼間はよく晴れていたのですが、夕方からは雲の湧くお天気(この辺だとよくあります)。

 10人ほどが集まって、アジュール舞子の西端から明石海峡大橋と星空を写し込んだ比較明合成の星景写真撮影に挑戦しました。ということで、上がその作例。

20190810maikonosorani.jpg
「舞子の空に北斗舞う」
2019年8月10日20:26〜20:49
NikonD5500+NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR→16mmF.5,ISO400
カラーバランス:タングステン
4秒露出×324枚比較明合成

 もう一枚、あえて橋を外して見慣れた星の並びを入れた構図。地上の景色がいい感じに写ってくれました。

 星の軌跡を入れる都市星景は、撮影している間ずっと待機しているのが大変なのですが、みんなでワイワイ撮影するなら待機時間も楽しいもの。いろんなノウハウの情報交換も出来て、楽しい夕方でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年08月08日

ちぬの海ゆく国際宇宙ステーション

20190808iss.jpg
 2019年8月8日・神戸市垂水区にて。
 もう少しカメラを左に向けるべきだったか。着いた時にはISSが見え始めてたので、慌ててカメラをセットしたのでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年06月13日

水星・火星(6月13日)

20190613mm01.jpg

20190613mm02.jpg
 2019年6月13日19:56(神戸市垂水区)。
 NikonD5500+16-85mmF3.5-5.6→31mmF5.6,ISO400,露出2秒

 日曜日に天文科学館のプラネタリウムを見たときに、夕空で水星が見頃と紹介されていたので、狙ってみました。日没直後から待機していたのですが、水星が見え始めたのは日没後30分…いや40分くらいだったでしょうか。

 絞りと露出の設定をいろいろ変えながら撮影したのですが、絶えず雲が流れていたので、雲が切れたところに水星がいる一枚を選びました。

 今回の水星の東方最大離角(太陽の東側に見える=夕方太陽が沈んだあとに見える)は6月24日で、夏至の時期と重なるため、比較的遅い時間でも水星を見ることが出来ます。

 なお水星は肉眼でもじゅうぶん見えますが、まだ薄明の残る時間帯なので、双眼鏡がある方が探しやすいです。ふたご座のカストル・ポルックスがよい目印になります。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(3) | 星空観望

2019年06月06日

星見行(6月5-6日)

 梅雨入り前に思い立って星見に出かけてきました。
 どれくらい思い立ったかというと、帰りの駅で空を見上げて、今夜は晴れそうだと、そこからカーシェアの車を借りて出発した次第。

20190606tonomine01.jpg
遥かなり天の川
2019年6月6日(兵庫県神崎郡神河町)ニコンD5500+ニッコール18mm F2.8D ソフトフィルター(ケンコー PRO1D プロソフトンA(W))使用。

20190606tonomine02.jpg
大火歳星南中せんとす
2019年6月6日(兵庫県神崎郡神河町)ニコンD5500+ニッコール18mm F2.8D ソフトフィルター(ケンコー PRO1D プロソフトンA(W))使用。

 実際は夜中の空がこんなに青色なわけがなく、カラーバランス「電球色」で撮ってしまったのです。RAWでも保存したので修正も出来るのですが、これはこれで面白いのでそのまま上げた次第。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年05月05日

星見行(5月4-5日)

 久々に星見。今回は星見仲間の友人と兵庫県中ほどの山間部へ。
 気象庁の天気予報は晴マーク、GPV気象予報の詳細では雲が広がり、広域では何とか大丈夫そうという、読みにくい天気。
 実際に現地に着いてみると、星は見えているものの、全体的に薄雲かガスが広がり、4等星がやっとこ見えている程度。雲が濃くなると3等星までしか見えなくなり、これでは自宅近くで多少よく見えるときと変わりありません。

 シーイングはよく、昇ってきた木星に20cmドブソニアンを向けると、縞模様のうねうねがびっくりするくらいよく見えます。ここまでの好条件はめったになく、ちょっと感動。とはいえ惑星を見に来たわけではない(苦笑)。

 一旦、休憩して1時過ぎに外に出ると、今度はずいぶん雲が薄くなり、そのうち夏の銀河も見えるようになってきました。天の川が見えるならば観望の空としてはまずまずの雰囲気。

 眼視では20cmドブソニアンで以下の天体。
 M8、M20、M4、M57、M27、M13、M87、アルビレオ、プルケリマ、コル・カロリ、ミザール&アルコル、ダブル・ダブル・スター。
 M87は先日、中心ブラックホールの撮像で話題になった銀河で、眼視で見るのは多分初めて。意外に淡くて苦労しました。
 最近は星仲間のうちでも40cm級ドブソニアンの所有者が増え、遠征先で覗かせて頂くことも多く、20cmでも「こんなものかなあ」と思ってしまうのが困ったものです。
# 長門級・大和級戦艦と重巡洋艦が正面からぶつかったら勝敗は明らか(そうじゃない)。

 薄雲は残っているので、写真はそれなりといったところ。でもそれなりの条件でそれなりに撮れるようになったのは、機材運用のノウハウが安定してきたと言えるかもしれません。

M57環状星雲(こと座)中央部のみ拡大。
2019年5月5日(兵庫県神河町)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3)
ISO1600 露出6分×8枚合成(48分) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾
# 写真はクリックすると拡大します。

 薄雲がソフトフィルターのような働きをして、明るい星がふんわり大きく写りました。
 M57は視直径が意外に小さく、見かけの大きさは木星(衝の時期で40秒くらい)より一回り大きい60秒ほど。このため眼視でも高めの倍率をかけないとリングの穴が見えてきません。一方で単位面積あたりの輝度が高いため、高倍率をかけても淡くなりにくく、写真では短い露出でよく写ってくれます。

M8干潟星雲とM20三裂星雲(いて座)
2019年5月5日(兵庫県神河町)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3)
ISO1600 露出6分×8枚合成(48分) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾
# 写真はクリックすると拡大します。

 薄雲が出ていましたが、せっかくの遠征なのでカメラを向けたら、それなりに撮れました。
 赤外改造デジカメでは初めて狙いましたが、赤い星雲の広がりが簡単に写ってびっくりです。合成枚数を増やしてノイズを減らせしたらもう少しきれいな写真に仕上げられそう。実はあと6枚ほど撮っていたのですが、カメラの感度設定を構図確認の試写時のISO12800にしたままで、真っ白になっていたのでした。確認大切。
 兵庫県内は瀬戸内沿岸に大きな街が並ぶので、南天の対象はどうしても光害が出て不利になります。本格的に好条件の地で狙うなら紀伊半島、手軽なところでは岡山の八塔寺(南に大きな街がない)あたりで撮るほうがよさそうです。

2019年5月5日03:19(兵庫県神河町)
NikonD5500+Nikkor18-55mmF3.5-5.5GII→18mmF4 ISO3200 露出30秒 固定撮影
# 写真はクリックすると拡大します。

 星景はその時の雰囲気が分かるものを撮っています。雲が多少あっても、キットレンズでこれだけ写るのです。
 30秒の露出の間に、たまたま明るい流星が飛び込んでくれました。よそ見をしていたのか、自分では見ていません。ちょっと惜しかった。
 この日はみずがめ座流星群の極大前々日で、そのせいか普段より流れ星が多い印象でした。

2019年5月5日03:50(兵庫県神河町)
NikonD5500+Nikkor18-55mmF3.5-5.5GII→18mmF4 ISO3200 露出30秒 固定撮影
# 写真はクリックすると拡大します。

 5月となると夜明け前の東空には秋の星座たちが顔を見せます。楽しい一夜も間もなくおしまい。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年04月20日

星空案内in西宮ガーデンズ

20190420nishinomiya002.jpg 季節ごとに阪急西宮北口駅そばの阪急西宮ガーデンズで行われている観望会。現在の職場からだと仕事帰りに寄れるので顔を出してきました。

 4月半ばだと19時でもまだ空が明るく、観望会の開始は19時20分。
 19時からはうららんさんの星空トーク。いわば通りすがりのお客さんの多い中でどんなお話をされるのかと興味津々で最後列から覗いていたのですが、果敢にもブラックホールの話題に切り込まれてました。このあたりのフットワークの軽さはさすが。

 観望会の開始時間になると、待機列があっというまに長く伸びて、えらいことに。なんと望遠鏡を覗くまで30分並びました。
 この日の月は満月翌日で、観望会の時間は建物の陰。惑星も見栄えのする土星木星金星は明け方の空で、すでに遠ざかった火星が西の低空に見えるだけという、街中の観望会としては観望天体を選ぶのに難しい条件。一等星や二重星を中心に望遠鏡を向けていたようでしたが、大変だろうなーと思いながら並んでいました。

 観望会の終わる頃には建物越しに十六夜の月が顔を出し、それがまたとてもきれいでした。

 現地でお会いした星仲間のみなさんと一緒にご飯を食べて家路につきました(というか近くまで送っていただいた)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年04月07日

星見行(4月6-7日)

 3月の新月前後の週末は天候に恵まれず、2月以来二ヶ月ぶりの星見行となりました。
 仕事を終えてから帰宅して機材を積み込んで出発。撮影機材のみの軽量仕様。

 この日は黄砂の影響か透明度があまりよくなく、眼視で天の川がなんとか見えるかという程度。加えて我が家の撮影機材は事実上ミニボーグ60EDのみで、春の銀河を拡大するには焦点距離が短いのです。何を撮ろうか頭を痛めるのですが、狙えるものはとりあえず狙っておく適当さが身上。

M97ふくろう星雲+M108銀河(おおぐま座)。
2019年4月6〜7日(岡山県備前市八塔寺)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3)
ISO1600 露出6分×16枚合成(96分) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾
# 写真はクリックすると拡大します。

 この2つの天体はおおぐま座のβ星、北斗七星のマスの先から2番めの星のそばにあります。写真写りはよいのですが、比較的淡いので街中で見るのは難易度高め。
 M97は惑星状星雲。星雲に2つの丸い暗い部分があり、フクロウの顔のように見えることから「ふくろう星雲」の名があります。
 M108は系外銀河。距離は2350万光年。M97は銀河系内でも太陽系から比較的近い1800光年の場所にありますから、奥行きが全く違う天体です。
 なお写真は視野中央部の1/2(面積比1/4)をトリミングしたもので、右を北にしています。

M13球状星団(ヘルクレス座)。
2019年4月7日(岡山県備前市八塔寺)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3)
ISO1600 露出6分×11枚合成(66分) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾
# 写真はクリックすると拡大します。

 M13は北天最大の球状星団。街中でも双眼鏡でボーッとした姿を確認できます。10cm級の望遠鏡で周辺の星がザラザラ見えてきて、40cm級の望遠鏡だと砂糖をぶちまけたみたいに壮観。
 なお写真は視野中央部の1/2(面積比1/4)をトリミングしたもので、左を北にしています。先程の写真と合わせて右を北にするつもりが…うっかり。球状星団は向きが分かりにくい(>_<)

M27あれい状星雲(こぎつね座)。
2019年4月7日(岡山県備前市八塔寺)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3)
ISO1600 露出6分×12枚合成(72分) ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾
# 写真はクリックすると拡大します。

 あれい状星雲は鉄アレイに似た姿から付いた名で、地図の銀行マークにも似た形です。街中でも双眼鏡で存在が分かります。その正体は惑星状星雲で、一生を終えつつある恒星から流れ出したガスが広がった姿。古の望遠鏡では惑星のように見えたので惑星状の名がありますが、天体の惑星とは関係ありません。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2019年02月10日

第9回 星なかまの集い

 無事に終了しました。参加された方のツイートをひろったまとめを作ってあります。
 第9回 星なかまの集い 2019 - Togetterまとめ
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望