2020年08月25日

星見行(8月24-25日)

 8月後半になってしばらく天候が安定していました。24日は月齢5.5で月没は22時過ぎ。ここを過ぎてしまうと次の新月期まで空の暗い場所での星見の機会はありません。ということで出かけてきました。

 最初は淡路島の柏原山へ向かったのですが、山頂に着いてみると空は晴れているものの、絶えずガスが押し寄せてきます。どうやら海を渡った南風が諭鶴羽山地にぶつかって雲が湧いている様子。天気予報を見ても夜を通じて南風が収まる様子はなく、いったん設置した機材を片付けて撤収しました。
# 柏原山は落石などで道が荒れていて、慣れていない人は避けたほうがよいです。

 下山して由良の生石公園へ移動。東に和歌山の光害が残るのは地図を見て察していましたが、だいたいその通り。とりあえず機材をセットしますが、断続的に雲が流れてくる天気で、まあこういう夜もあります。

20200805iss01.jpg
「紀淡海峡を行く国際宇宙ステーション」
2020年8月25日03:51〜(兵庫県洲本市)
NikonD5500+トキナー11-20mm F2.8→11mm/F2.8,ISO3200,露出4秒×56コマ

 明け方にISSの通過があったので狙ってみました。左手前の赤灯は友ヶ島灯台、奥の灯りは和歌山市街。

20200805sunrise01.jpg
「友ヶ島の夜明け」
2020年8月25日5時38分 (兵庫県洲本市)
NikonD5500+NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR→72mm/F5.6,ISO400,露出1/500秒

 日の出の方角が友ヶ島に重なるのは分かっていたので準備していたのですが、時刻になっても太陽の姿が見えません。地平近くのもやが濃すぎました。ようやく日輪の姿を見たのがこのときです。

20200805sunrise02.jpg
「朝日を航る『こうべエキスプレス』」
2020年8月25日5時46分 (兵庫県洲本市)
NikonD5500+NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR→85mm/F7.1,ISO400,露出1/640秒

 荷物も全て片付けたあとで、大きな船が北上してくるのが見えました。航るは「わたる」と読みます。
 「こうべエキスプレス」は宮崎と神戸を結ぶカーフェリーの船、大阪湾へラストスパート。もちろん友ヶ島水道で速度を上げたりはしないのですが、気持ち的にもうひと頑張りということで。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。