2020年08月01日

劇場版『銀河鉄道999』

20200801_999.jpg SF漫画・アニメの金字塔とも言える『銀河鉄道999』、実は通しで見たことはありません。

 TVアニメ版の再放送は幾度も繰り返されていたのですが、友だちと外で遊んでいる夕方の時間帯で、とても全話は見ていません。各エピソードは基本的に一話完結なので単発で見ても面白かったですし、再放送だからいつ始まっていつ終わるのかの告知もなく、気がついたら別の番組になっていました。

 劇場版も何度かTVで放映されているのですが、鉄郎の顔がTVアニメ版と違うのがどうにも違和感があり、これも最後まで見たことのないまま。
 ただ知識として「タダでもらえる機械の体というのはネジ」ということは知っていました。子どもの頃のアニメなんてそんなものです。

 新作映画の公開が遅れる中でリバイバル上映が行われたので、見てきました。
 客層がとても高く、たぶん私が一番若いくらい(汗)。そりゃそうなりますね。

 停車駅ごとに心をえぐりに来るようなエピソードが展開されるTVアニメ版とずいぶん違う構成で、正直なところ覚えている内容がほとんどなかったこともあり、初見のごとく楽しみました。

 それにしてもメーテルが鉄郎に999のパスを渡すくだり、どう見ても甘い言葉で若者をたぶらかしているだけです。ああいうお姉さんにホイホイ付いて行ってはいけません。もっとも付いて行かないと良くて監獄送りでそうでなければ死んでそうですけど。

 ハーロックやエメラルダスがわんさか出てきますが、アルカディア号とエメラルダス号と999号が同じ画面を動き回ってワクワクしないはずがありません。ハーロック格好いいよハーロック。
 あとアンタレスの渋さがいいと思ってしまうのは、この歳になって見たせいなんでしょうねえ。

 すべての決着が付いた後の別れのラストがいいんだこれが。
 TVアニメ版の主題歌がとても好きなのですが、この映画を見たら改めてゴダイゴの999もいい。

 ……これだけきれいにカッコよく終わっておいて、どうやって続編を作ったのだろう。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 読書録・映画録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。