2020年07月20日

NTT東日本公衆電話ガチャコレクション

20200720ntteast.jpg
 NTT技術史料館の受付の脇に、このガチャガチャが置いてあったのです。あの濃厚な展示を見て、これを回さずに帰ることなど出来ようはずもありません。
 狙うは馴染み深い赤電話と緑のカード式公衆電話。出よ、いざ!
 一回目に出てきたのは赤電話、よし。
 二回目に出たのはグレーのディジタル公衆電話でした。これ以上投資をすると受付の方々の視線も気になるので、まずは退却。

 宿に戻ってカプセルを開けてみると、赤もグレーも意外によい出来です。ダイヤルは回る、受話器のフックは下がる、お金の返却口は開く。やっぱり緑のカード式もほしいなこれ。うちの近くではこのガチャガチャは見当たらず、悪い大人なのでネットオークションで揃えてしまいました。レア扱いのアイテムでなければ安く手に入るのです。

 実はこのガチャ、全6種あるのですが、どれが出てもハズレ感がなく、うまいラインナップ。基本は上写真の4種で、受話器が2つのデュエットホンと金色公衆電話はレア扱い。私の田舎にはそんなものはなかったので、基本の4種で十分です。

 古い順で言えば、まずは右の赤電話。1971年に登場した新型赤電話機というタイプ。
 私の通っていた小学校の校内に置いてありまして、何度か家にかけた記憶があります。小学生の頃はお金を持って学校へ行く習慣はなかったので、先生に10円玉借りたのかしらん。

 カード式の公衆電話は1982年の登場ですが、実機を見たのは1985年のつくば科学博のとき。私の中高時代の公衆電話は1986年に登場したMC-3Pという機種で、標準機的にかなりの数が設置されたようです。カード残量が赤い7セグのLEDで表示されるのが何となく格好よかった。赤電話には残量表示はありませんでしたから。

 グレーは1996年登場のディジタル公衆電話機DMC-7。ディジタル公衆電話機(ISDN回線)は1990年に登場していますが、広く普及したのはこのDMC-7です。モジュラープラグが付いていて、パソコンを繋いでデータ通信ができます。もっとも私はついぞ使ったことのないままでした。ボタンも増えて受話器の音量調節も出来るようになっています。

 左端の緑の公衆電話は最新のアナログ公衆電話MC-D8。パッと見はMC-3Pとさほど変わらないのですが、ディスプレイが液晶パネルになり、全体的にユニバーサルデザインを取り入れた意匠になっています。実機はMC-3Pより一回り大きく、緑の色味もすこし黄色みがかったものに変更されています。

 携帯電話が普及した今となっては使用機会は減っているのですが、それでも災害時などには優先的に回線が確保される電話になっていて、採算性とは別に社会のインフラとして機能している側面があります。

20200720ntteast2.jpg
 「もしもしドズル閣下? ザクを3機、至急で配達願います。」
 ミノフスキー粒子が濃いと無線が使えないので、有線電話は有効なのです。なお初代ガンダムの放送当時はテレホンカードもありませんでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | ペパクラ/工作/科学的遊具
この記事へのコメント
ううーーむ、なんか欲しくなってきた
我慢我慢

楽しい♪
Posted by けろ at 2020年07月21日 21:02
この手のガチャの中では比較的、出来が良い製品だと思います。

うちの田舎にはあまりなかったのですが、黄色い電話も並べたくなります(青い公衆電話もあったそうですけど)。
Posted by ふくだ at 2020年07月23日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。