2020年07月19日

その後のネオワイズ彗星(C/2020 F3)

7月12日(日) 未明に姫路まで遠征。雲間をついて撮影成功
 ※一緒に観測した山名さんが神戸新聞に掲載されました。
7月13日(月) 曇り。
7月14日(火) 北西方向は曇り
7月15日(水) 塩屋内で撮影適地を探すも曇り。
7月16日(木) 舞子公園まで出動するも北西方向は曇り。
7月17日(金) 曇り。
7月18日(土) 曇り。
7月19日(日) 昼間は青空が広がるも夕方には曇り。

 ということで、一度しか、というか1分少々しか見ていません。
 既に太陽からは遠ざかりつつあり、街中では肉眼で見るのは不可、双眼鏡が必要な明るさです。ただダストの尾が伸びているので、見えさえすれば尾を引いた彗星らしい彗星の姿で見えています。
 23日が地球最接近なので(といっても0.69auだから目に見えて明るくなるほど近づくわけではない)、狙うとしてもその辺りまでかなあ。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。