2020年07月11日

コスモプラネタリウム渋谷

20200711shibuya013.jpg
 上京最後の訪問地はコスモプラネタリウム渋谷。15時の「Starry Music Special Edition〜music by ACIDMAN〜」と、17時の「レッドフロンティア〜火星に挑む冒険者たち〜」を見てきました。
 「ACIDMAN」は村山さんの解説。前回、村松さんの解説で見たときは音楽と星空と映像を足して割らずに盛り付ける大盛りな投影を楽しみましたが、村山さんは音楽の雰囲気に合わせてお話される感じでゆったり浸れました。同じ素材で味付けが違って両方美味しいのはさすがです。

20200711shibuya005.jpg20200711shibuya011.jpg
 「レッドフロンティア〜火星に挑む冒険者たち〜」は今回が初めて。火星探査の歴史を振り返りつつ、現在打ち上げ準備中の「Perseverance(パーサヴィアランス)」を紹介。同計画に携わる小野雅裕さんが監修とナレーション。
 予告編にあるから書いちゃいますけど、冒頭のアトラスVの移動シーンが大迫力。ロケットのファンならこれを見るためだけに行っていい。
 小野さんのメッセージがすごく素敵で、その後で迎える火星の星空が心に沁みます。「明けの地球」があれほど愛おしく感じるものだとは。

 冒頭の投影機の写真、じつは普段と違う方向を向いて朝を迎えています。永田さんによって現地解散してしまったのですけど、渋谷のドームはどこでもドア装備だったのか(^_^)

20200711shibuya001.jpg20200711shibuya008.jpg
 早いものでコスモプラネタリウム渋谷も2020年で開館10年になります。さいきん月日の経つ速さを実感してばかりですが、そもそも2010年ははやぶさの帰還があり、明石の天文科学館は開館50周年で、いろいろ盛りだくさんの年だったから、そこから10年の区切りがたくさんやってくるのです。

20200711shibuya010.jpg 投影の合間にロビーの窓から虹が見えていました。ふだん高いところから虹を見ることはないので、建物の前に七色の帯が見えるのが新鮮。

 その街の空に虹がきらめき、星がかがやく。

 村松さんが声をかけてくださって、その時ロビーにいたみんなで眺めたのですけど、昼でも夜でもワイワイ空を眺めるっていいですね。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。