2020年07月02日

レーザープリンタ導入

20200702printer.jpg 工作趣味の都合でレーザープリンタがあるといいなと思っていたのですが、カラーレーザーでもエントリークラスなら3万円前後から入手できることを知り、思い切ってお迎えしてしまいました。
 ランニングコストはインクジェットより高いのですけど、私の場合インクジェットでも規定の枚数を刷る前にインクを乾燥させてしまうので、たぶん、きっと、極端な差はないはず。

 インクジェットは細やかな色再現に適しているのですが、耐候性が弱く、細かい文字や線の印刷が苦手。
 ペーパークラフトを作る時に、木工用ボンドがはみ出して滲んでしまうとか(これはそんなにない)、完成した作品を飾っていたら片側だけ退色してしまったとか(これはよくある)、プラモデルの水転写デカールを作るのに手間がかかる上にきれいに作るのが難しいとか(水性のインクを水に漬ける時点で無茶)、普通の人が年賀状を刷るには全く想定外のところでいろいろ弱点があります。

 レーザープリンタは精細な印刷ができるのと、比較的耐候性がよく、水にも強い。つまりはペーパークラフト型紙の印刷や、自作の水転写デカールの製作に向いている。その代わり写真などの微妙な階調を表現するのは苦手ですが、私はもともと写真をほとんど刷らないし、必要なら写真店に頼めば済む。

 コンビニのコピー機もレーザープリンタですが、手差しで工作用の紙を突っ込むわけにいかないのが難点。はがき印刷に対応した機械もありますが、想定外の紙を入れて紙詰まりでも起こしたら、トラブル時に対応するのは店員さんなので余計な手間はかけたくないと思うのです。
 キンコーズなどの出力サービスを利用するのが無難ですが、そのために三宮まで出るのが大変。

 というわけで、お迎えしましたレーザープリンタ。これで工作がはかどります。
 というよりいつでも工作に取りかかれる環境を手に入れた安心感が強い。

 その気になれば大量印刷も出来るので(むしろそちらが本領)、コピー本の薄い本くらいは作れるかも。それはともかく観測用の星図とか夜露に濡れても大丈夫に刷れるのは助かります。

 いろいろ落ち着いたら、久しぶりに宇宙機もつくってみますかねぇ。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。