2020年06月28日

甘木鉄道

20200628amagi001.jpg
 鹿児島本線の基山駅から、朝倉市の甘木駅を結ぶ甘木鉄道甘木線。
 かつては国鉄甘木線で、国鉄末期に第三セクターに転換されました。

 基山駅の甘木線のホームは無人駅で、「レールバス乗りば」の看板があります。バスみたいな車両が来るのかと思っていたら、ふつうの気動車が来ました。

 路盤はしっかりしていて、軽便鉄道上がりのような頼りない雰囲気はありません。それもそのはず、もともと旧陸軍の太刀洗飛行場への連絡線として敷設されたものです。
 現在も朝夕は15分ごと、日中でも約40分ごとの頻度で運行されていて、第三セクター転換のローカル線としてはかなりの高頻度です。途中の小郡駅で多くの昇降があり、地図を見たら西鉄大牟田線の接続駅になっています。周辺地域の住民をつなぐ役割をうまく果たしているのでしょう。

20200628amagi003.jpg20200628amagi002.jpg
 大刀洗平和記念館へ行く前に時間があったので終点の甘木駅まで行ってみました。
 周辺の市街地を散歩してみましたが、駅があるのは街の隅のようで、田畑の中に住宅地と商業地が混在したところでした。
 駅に戻って改めて見渡すと、駅前には大きなロータリーがあり、かつて国鉄駅だった時代の風格を漂わせています。駅には車庫があり、他の気動車も停泊していました。どうやらレトロ風の色合いに塗られているようで、ちょっと懐かしいような雰囲気です。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。