2020年06月13日

はやぶさ帰還10年

 2010年6月13日に「はやぶさ」が帰還して10年が経ちました。
 10周年とはいえ今さら昔を懐かしんでもなあ、くらいのつもりでいたのですが、前の晩にたまたま「HAYABUSA - BACK TO THE EARTH -」の無料オンライン配信を見てしまい、これは改めてドームで見たい→あっ、大阪市立科学館の学芸員スペシャルで上映してるんだっけ、と朝から大阪へ出かけてしまいました。

 その流れで、夜は「はやぶさメンバーによるリレートーク(夜の部)」の配信を見たのですが、これが面白い。語り尽くされたと思った事柄なのに、今になっても新しい話が出てくる。単に面白エピソードというのではなく、「こんな事があったけど、かれこれこういう理由があって、こういう対処をした(あるいはしなかった)」と理を通して語られるのがなるほど理学者・工学者。思い出話ではなくて次に活かすための話にしているのがさすがです。

 10年というのは長い月日で、はやぶさ帰還当時に小学校高学年だった子は既に社会人か大学生になっています。高校生だと記憶が微妙になってきて、中学生以下の世代はまず直接は知らないはず。

 SNSを見ていても、帰還10年は天文・宇宙に興味を持つ知人の間でこそ盛り上がりましたが、それ以外の知人の間では話題にもなりません。世間というのはそういうものです。
 いつまでもみんなが知っていると思うなよ、てやつですね。

 さて現在は「はやぶさ」の直系の後継機である「はやぶさ2」が小惑星リュウグウの探査を終え、2020年12月の地球帰還へ向けて航行中です。

 そのさらに先としては、

火星衛星探査計画(MMX)……火星の衛星フォボスとダイモスの探査・サンプルリターン(2024年打上)
DESTINY+……技術試験と小惑星フェアトン(ふたご座流星群の母天体)のフライバイ探査(2024年打上)
・OKEANOS……ソーラーセイルを利用したトロヤ群小惑星探査(検討中)

あたりが現在準備中、あるいは検討されているところ。

 当時言われた「太陽系大航海時代」を現実のものにする技術は既に手中に収めつつあります。あとは新たな船を次々と送り出す心意気(言い換えるとお金をそこに突っ込む合意)だけです。最初にイトカワの姿を見たときも、リュウグウの姿を見たときも、未知なる星の姿にただただワクワクしました。私は未踏の地を踏みしめる興奮をまだまだ楽しみたいです。宇宙は人類にとってじゅうぶんに広すぎるんですから。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 宇宙開発/宇宙科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。