2020年06月01日

クルードラゴン宇宙船

 NASA-TVの中継でクルードラゴンの、タッチパネル主体のあまりにあっさりした船内に驚いた一人です。
 SF映画というよりも、簡素すぎて低予算でセットにお金をかけられなかったSF映画のようです。頭の中の未来より現実が先に進んでしまったのでしょう。

 これまで有人で飛行した宇宙船、今回のクルードラゴンを含めてまだ9種類しかありません。

○旧ソ連/ロシア
・ボストーク(1961〜1963)
・ボスホート(1964〜1965)
・ソユーズ(1967〜運用中)

○アメリカ
・マーキュリー(1961〜1963)
・ジェミニ(1965〜1966)
・アポロ(1968〜1975)
・スペースシャトル(1981〜2011)
・クルードラゴン(2020〜運用中)

○中国
・神舟(2003〜運用中)

 21世紀に入ってから中国の神舟が加わりましたが、これはソユーズを元に開発されたもので、新規の設計としてはスペースシャトルからクルードラゴンまで39年の開きがあったことになります。それは新しくもなるというものです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 宇宙開発/宇宙科学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。