2020年04月27日

iPhone SE→iPhone SE(第二世代)

20200428iphonese.jpg
 久々に携帯電話を変えました。iPhone SEから第二世代のiPhone SEです。
 片手で持てる・使えるということで長らく第一世代のSEを使ってきましたが、近距離の合焦が困難になるお年頃で、大きめの画面への抵抗も薄らいできたところに第二世代SEの登場です。丸4年引っ張ったのだからがんばった。一番最初に手にした4Sなんか2年しか使わなかったんだもんなぁ。

 2011.10 iPhone4S 32GB
 2013.10 iPhone5s 32GB
 2016.06 iPhoneSE 64GB
 2020.04 iPhoneSE 128GB(第二世代)

 さて第二世代SE(以下、新SE)、予約開始当日に発注して、26日に到着。
 データ移行はPCのiTunes経由で行おうとしたのですが、iPhone同士でBluetooth経由でデータ移行するアプリも同時に起動。待って待って待って。
 iTunesでのデータ移行はiOSのバージョン違いで停止。確認すると旧SEは最新版になっていて、まさかと思ったのですが、届いたばかりの新SEのiOSをアップデートです。
 そのあと物は試しとBluetooth経由のデータ移行に挑んだのですが、3度ほどトライしていずれも失敗。
 結局は地道にiTunes経由の復元でデータ移行しました。

 さてあとはSIMカードの差し替えですが、新SEは「圏外」の表示が出たまま。あれ?
 検索して分かったのが、auではiPhone7以前の3G対応SIMは現行のiPhoneと互換性がないということ。

 というわけで、ショップでSIMカードを更新。機種変更手数料もかかりました。
 ちなみに新しいSIMカードは旧SEでは使えません。旧SEは下取りに出しても2,000円にしかならず、予備機として手元に残したのですが、残念。

 料金プランも変更になり、こちらは従前より1,000〜2,000円ほど安くなる見込み。とはいえ番号指定の無料通話(同一キャリア内)などいくつか使えなくなったサービスもあります。通話に関してはアプリを使うようにすれば、あまりこだわる必要もないのかも。
# キャリアメールもすっかり使用頻度が下がりましたし、もはやauでないといけない理由がない……

 さて新SEですが、4.7インチはギリギリ片手でもほとんどの動作はなんとかなる大きさ。アプリの起動は体感で早くなりました。ただ以前のような新機種購入時のワクワク感はもはやありません。新しくできるようになったことがあるわけでなし、ある意味、すっかり生活の道具となりきった感があります。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 雑記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。