2020年03月12日

東大寺二月堂修二会 お水取りの夕

20200312syunie004_00001.jpg
 3月1日から14日まで行われる東大寺二月堂修二会。
 その中でも3月12日の晩は「お水取り」と呼ばれる行事が行われ、修二会の代名詞にもなっています。

 修二会の象徴ともなっているお松明は行に参加する練行衆をお堂に先導するためのもの。お水取りの12日は、長さ8m・重さ70kgというひときわ大きなものが用意され、また他の日より1本多い11本の松明が上がります。

 このため12日のお松明がニュースで取り上げられることが多く、参観の人出も特にこの日に集中します。
 私はどちらかというと人混みは苦手なのですが、2020年は平日だったこともあり、足を運んでみました。

20200312todaiji008.jpg20200312todaiji011.jpg
 二月堂への参道は大仏殿のずっと手前から分岐するのですが、この日は通行止めとなり、道幅に余裕のある鐘楼を経由しての案内となります。
 参道に竹矢来が組まれるのは修二会の時期だけの風景です。

20200312todaiji012.jpg
 3月になると日没もずいぶん遅くなり、暗くなるのは18時半を回る頃。

 二月堂の舞台の下には早めに行けば入ることが出来るのですが、12日に限っては東大寺の招待者のみの限定になります。
 お松明が見えるのは二月堂から三月堂・四月堂にかけての広場で、ここには3〜4千人が入れるそうです。二月堂の正面には大きな良弁杉があり、また広場に接して大きな石灯籠がいくつもあるので、舞台全体はなかなか見渡せません。とはいえ二月堂そのものが山の中腹にあるため、お松明自体は意外に遠くからも見ることができます。

 19時になると時の鐘の音がかすかに聞こえてきます。奈良太郎と呼ばれる大きな鐘ですが、この日ばかりは雑踏のざわめきにかき消されそう。修二会のお松明は19時から始まるのですが、12日は19時半から。

 冷たい空気の中で時がすぎるのを待つと、やがてお堂の北の階段を小さな松明を持った童子が行き来します。お堂の準備が整ったことを知らせるもので、携帯電話のある今でも、伝令役が直に伝えるならいです。観衆のざわめきも静まり、お堂の声のやり取りや堂内の鐘の音も聞こえてきます。

20200312syunie008_00003.jpg
 小さな松明が三度行き交うと、いよいよ練行衆の上堂。
 階段の屋根を焼き焦がさんばかりの大きな炎。やがて舞台の上に籠松明が上がると、さざなみのようにどよめきが広がります。松明の火の粉が舞い散ると、どよめきが歓声となって広場を駆け抜けます。

 他の日よりひときわ大きな松明ですが、遠目にはさほど大きさの差は感じません。ただ舞台を走る速さがゆっくりで、そんなところに籠松明の重さを感じます。

20200312syunie022_00002.jpg
 お水取りの日には毎年2〜3万人の人手があるそうで、数本のお松明が上がったところでお堂の周辺の電灯が点され、ゆっくり歩いて移動しながらの見学となります。
 今年は人手が少なめだったということで、5本目のお松明までは広場で見ることができましたが、あとは警察や警備の方々の指示に従って移動となりました。

20200312syunie023.jpg
 厳粛な雰囲気こそ薄れるのですが、多くの人と共に見るお松明もまた別の風情があります。
 帰りのルートは二月堂のすぐ脇の石段を経由するので、間近にお松明を見ることができます。混雑の中で多くの人が参観できるよう、うまく考えているものだと思います。

20200312todaiji015.jpg20200312todaiji016.jpg
 練行衆の上堂が終わり、11本のお松明の火が消えると、二月堂の舞台が開放され、参詣できるようになります。
 さすがにこの日は聴聞を希望される方も大勢で、また修二会を支える講中の方々も多くいらしていたので、お参りだけして降りてきました。

 練行衆が寝起きする参籠宿所の前には、先ほどの籠松明がずらりと並んでいました。よく見ると竹の根も付いたままで、これは掘り起こすのも大変だったはず。松明の先端が重いので、竹の根で少しでも釣り合いを取る役割もあるのだそうです。

20200312syunie028_00004.jpg20200312todaiji017.jpg
 二月堂下の閼伽井屋。
 この中に若狭井という井戸があり、十二日の夜中に観音様に備える水を汲む「お水取り」の行事があります。終電がとうに走り去った深夜1時過ぎで、ふつうなら宿の門限すら過ぎてしまいそうな時間帯。名残惜しくはありますが、この夜はここで東大寺を後にすることとしました。

 お水取りが終わると春が訪れるといいますが、それは季節の春というだけでなく、人の気持ちに訪れる暖かさのことなのかもしれません。千二百年の時を経て、また奈良の街に新しい春がやってきます。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。