2020年03月05日

斑鳩散歩

20200305houryuji001.jpg 大和西大寺駅から橿原線に乗り換えたら、電車の吊り革が達磨さんでした。
 なにかと思ったら達磨寺の宣伝みたいです。松永久秀のお墓もここにあるのだとか。

20200305houryuji002.jpg 近鉄橿原線から法隆寺行きのバスが出ている筒井駅。近鉄の奈良・斑鳩1dayチケットで乗換駅として案内されていますが、日中は一時間に一本しかバスがないとは思わなんだ。
 奈良で筒井といえば筒井順慶の筒井氏。興福寺の衆徒から戦国大名に発展した氏族ですが、その本拠です。

 地理院地図でも駅の北東にかつての筒井城の郭や堀の跡が分かります(分かるんです)。筒井町の文字のすぐ北側が主郭みたい。法隆寺の帰りに寄ろうと思っていたのですが、全く時間がありませんでした。

20200305houryuji003.jpg 法隆寺の門前でお昼。柿の葉寿司でランチ。旅先で土地の名物などあまり食べないのですけど、たまにはこういうのも良いです。

20200305houryuji059.jpg 夢殿の基壇。お堂側は凝灰岩、外側は花崗岩です。凝灰岩は柔らかくて加工しやすいし、近くの二上山で採れるのですけど、花崗岩はどこから持ってきたのやら。西院伽藍の例からすれば、凝灰岩の部分は元からのもので、花崗岩は後から補ったのやもしれません。

20200305houryuji094.jpg20200305houryuji102.jpg
 斑鳩町のマンホールカードを入手。
 描かれている三重塔は法起寺の塔でしょうか。
 紅葉と川は竜田川。百人一首の「千早ぶる神代もきかず龍田川 からくれなゐに水くくるとは」の竜田川は生駒山地の裾野から法隆寺の西を通って大和川に合流します。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。