2020年03月05日

法隆寺 その2

20200305houryuji089.jpg
 法隆寺の景色を形作るのは伽藍を区切る長い築地塀ではないかと思います。写真の右側の築地塀はしれっと重要文化財。奥の東大門は奈良時代のもので国宝。

20200305houryuji047.jpg
 大宝蔵院への道。大宝蔵院は法隆寺の展示室を兼ねています。
 本尊は百済観音ですが、訪問時は東京国立博物館に貸し出し中。それでも夢違観音や玉虫厨子など著名な文化財がたくさん展示されています。玉虫厨子や百万塔も日本史の教科書や資料集にたいてい載っていますから、いきなり目の前に出てきたらびっくりです。
 北斗七星を刀身に刻んだ「七星剣」があるのも興味深いところ。元は金堂の持国天像が持っていたとされ、明治期に皇室に献上されたのち、戦後、寺に戻されたものです。

20200305houryuji048.jpg
 収蔵庫
 1952年に建てられ、火災で焼けた金堂の壁画や部材が納められています。現在は非公開。将来的にはこれらも見学できるよう、耐震性を確認する調査が行われるなど、準備が進められているそうです。

20200305houryuji070.jpg
 築地塀の道を進むと、東院伽藍があります。
 八角形の夢殿を中心とした一角で、元は聖徳太子の斑鳩宮があった場所とされています。
 夢殿は先々代の一万円札の透かしに入っていたので、一定以上の年代の方には知られた建物です。私は裏面に印刷されていたように覚えていたのですが、なにせ子どものころのこと。万札に接する機会はほとんどなかったので、全くの記憶違いでした。

 天平時代に聖徳太子を偲んで建立されたもので、中の救世観音は長い間布にくるまれた秘仏でした。明治時になって岡倉天心とフェノロサによって開かれた逸話はよく知られています。現在は春と秋の年二回、開帳されているとのこと。

 ちなみに法隆寺の著名な観音像は下記の通り。自分でも間違えるので記しておきます。
  百済観音像(国宝)大宝蔵院。江戸時代より先の記録がなく、他寺から移されたと想定。
  夢違観音像(国宝)大宝蔵院。悪い夢を良い夢に変えてくれるという信仰からの通称。
  救世観音像(国宝)夢殿。秘仏で年二回公開。聖徳太子を写したものとする伝承があります。

20200305houryuji084.jpg
 西円堂。夢殿とともにもう一つの八角堂ですが、拝観コースから離れているため静かな佇まいです。
 鎌倉時代の建築で、中には奈良時代の大きな薬師如来が祀られています。鎌倉期の建築は質実なせいか、飛鳥・天平の建物の中にあっても違和感がありません。

20200305houryuji095.jpg
 世界最古の木造建築群として知られる法隆寺ですが、聖徳太子の建てた伽藍は670年に火災に遭って焼失しています(日本書紀による)。通称「若草伽藍」と呼ばれ、発掘調査で四天王寺式の伽藍配置だったことが確認されています。塔の礎石が残っているのですが、公開はされていません。場所は南大門から東に続く築地塀の中ほどです。

 672年に壬申の乱があるなど世情が動いた時期ですが、比較的早く再建が進められ、飛鳥時代末には現在の西院伽藍が概ね完成していたと考えられています。この年代で起算しても世界最古の木造建築群であることに変わりはありません。

20200305houryuji052.jpg
 その後は大きな災害や兵火に巻き込まれることはなく、講堂が平安時代に火災に遭いましたが、伽藍の大部分が飛鳥時代の雰囲気を保ったまま今に伝えられています。
 明治の廃仏毀釈では他の奈良の太寺の例にもれず堂塔の維持に苦慮し、現在東京国立博物館に納められている法隆寺宝物はこの時に移管されたもの。

 とにかくこれだけの伽藍を今に伝えてきただけでも素晴らしいことで、今もなお、境内で修理の槌音が耐えることはありません。
 講堂の中で瓦の寄進を受け付けていたので、一枚協力させて頂きました。どこの建物に使われるのか分かりませんが、次の世代へ引き継ぐ一助となれば。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(1) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
あなたの知らない日本史をどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
Posted by omachi at 2020年03月15日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。