2020年03月05日

東大寺二月堂修二会

20200305shunie005.jpg
 東大寺の二月堂で行われる修二会に出かけてきました。
 修二会は3月1日から14日まで行われる法要で、事前の準備期間を含めると一か月近くに渡る行事です。
 「お水取り」の通称で知られていますが、これは3月12日の深夜に観音様に供える水を汲む行事のことで、この日の晩にひときわ大きな籠松明が灯されることから、広まったものかと思います。

20200305shunie002.jpg
 二月堂の舞台に掲げられるお松明は本来、行を務める練行衆の道案内として灯されるもの。元々は小さな松明でしたが、江戸時代に大きくなって今のような姿になったそうです。練行衆が寝起きする参篭宿所と二月堂は屋根付きの階段で結ばれているのですが、その屋根を焦がさんばかりの炎が立ち上ります。

20200305shunie001.jpg
 階段を登りきると、練行衆は二月堂の北面で柏手を打ち、お堂へ入ります。
 お松明を掲げた童子――というのは役職名で務めるのは大人――はここで本来の役目が終わるはずですが、見せ場はここから。
 二月堂の舞台の北の角に姿を現し、欄干から天に突き出すようにお松明を掲げます。
 吹き出す炎、舞い散る火の粉、沸き上がる歓声。お松明の炎は数メートルも立ち上り、輻射熱でこちらの顔が火照ります。松明を回すと火の粉が華々しく空に飛び散り、ひときわ歓声が大きくなります。

20200305shunie003.jpg
 一呼吸おいて、舞台を駆け抜ける童子。
 槍を突くように一直線に抜ける人、松明を回して火の粉を振りまきながら駆ける人。

20200305shunie004.jpg
 メリメリと杉の葉が燃える音が聞こえるほどの静粛と、沸き立つ歓声のコントラスト。
 やがて10本目のお松明が舞台を去ると、周囲の電灯が灯され、人の波が引いていきます。

 この夜は風の具合で火の粉がまともに観衆にかかりました。もちろんほとんどは空で燃え尽きるのですが、気が付けば衣のところどころに灰のあと。お松明の燃え残りはお守りになると言われていて、足元を探してみましたが、なかなか形を留めたものはありません。うっかり黒い塊に手を伸ばすとシカの忘れ物だったりするので、探索は適度に控えるのが吉というものです。

 お松明の片づけが終わると、立ち入りが規制されていた二月堂に参詣できるようになります。
 二月堂の舞台は普段から昼夜を問わず登ることが出来、奈良の夜景の名所としても知られています。きらびやかこそないのですが、境内の向こうに広がる街の灯は、古都ならではの風情があります。

20200305shunie006.jpg
 お堂の中では今宵の行が始まっています。
 3月5日は修二会を始めた実忠和尚の命日で、初めに実忠忌の法要があります。
 お松明を見たら帰るつもりでいましたが、気分が変わって声明を聴聞させて頂くことにしました。

 普段は堂内に入ることはできないのですが、修二会の期間中はお堂の外側、局と呼ばれる控えの間に上がることができます。畳の間ですが暖房はなく、風こそなけれど屋外同然の寒さ。格子の向こうの燈明のわずかな灯りを頼りに、空いた場所を探して着座します。

 格子の奥には秘仏の観音菩薩を祀った内陣。ここは帳が張られていて、中の様子は見えませんが、帳に映る練行衆の影が、ゆらりゆらりと動いています。

 やがて始まる声明。南無観世音菩薩を唱える声が高く低く折り重なり、コーラスのように堂内に響き渡ります。祈りの声のはずなのに、引き込まれ、聞き惚れ、心地のよさすら感じます。

 ふと帳が上がり内陣から姿を現す一人の練行衆。
 身構えたと思うとガァンと体を地に打ち付け、残響が残るほどに堂内の空気が震えます。五体投地の祈り――見ているだけで心に痛みが走る激しい行法です。

 五体投地が終わる頃には21時を回り、ここで局を退出しました。お堂の北側の休憩所は修二会の期間中は行法が終わる深夜まで解放されていて、ひとまずここに移動します。そういえば終電の時間を調べていないままでした。

 壁に貼られた日程表を見ると、この夜は過去帳の読み上げがあります。
 修二会の期間中の5日と12日、聖武天皇に始まり現代に至るまで、東大寺に所縁のある人々の名を記した過去帳が読み上げられます。その方々の冥福を祈るためのもので、司馬遼太郎が『街道をゆく』に「名が抑揚をつけてよみあげられるたびに、その人物が堂内に立ち現れるような感じがするのは、不思議なほどである」と記したものです。
 それならもう少し残っていこう。電車はどうにかなる……かもしれない。

20200305shunie007.jpg
 お堂に戻ると過去帳の前の神明帳の読み上げの最中でした。全国の神々を修二会にお招きするためのもので、何とか大明神といった神名が節をつけて次々と読み上げられています。
 これが終わると小休止。局の扉も開けられ、外の風が容赦なく吹き込んできます。

 22時を回るころ、格子の向こうに練行衆の気配。
 遠くより伝わる声で過去帳の読み上げが始まったことが分かります。神名帳と変わって低い調子で、なかなか内容が聞き取れません。聖武天皇に始まるはずなのですが、人の名前はとても分からず、「天皇」「大臣」「中納言」といった位や職名が時々かろうじて耳に残る程度。「良弁」の名を何度も聞いた気がしたのは、「弁」の字を継いだ僧侶が多くいるためです。

 こうした高位高官の方ばかりでなく、材木知識五万一千五百九十人…役夫五十一万四千九百二人といった、東大寺の造営に携わった名もなき庶民の人数まで記されているのがこの過去帳の素敵なところ。でもその辺りは全く聞き取れません。

 やがて節が変わり、聞こえてきたのは「とうじぞうえいだいせしゅ……」。漢字に起こすと「当寺造営大施主将軍頼朝右大将」つまり源頼朝公。東大寺は何度も火災に遭っているのですが、中でも被害が大きかったのは平重衡による南都焼き討ち。この治承の兵火に焼かれた寺の再建に力を尽くしたということでひときわ高らかに読まれるのでしょう。

 そのあと再び聞き取りにくい名前が続いたかと思うと、一段低く抑えた声で「しょーえのーにょーにんー」。不思議なことに、ここだけは鮮明に伝わりました。

 鎌倉時代の修二会で過去帳の読み上げの最中、青い衣の女人が現れ「など我が名をば過去帳には読み落としたるぞ」と練行衆に問いかけたという言い伝えがあります。とっさに低い声で「青衣の女人」と読み上げると、その女人は幻のように消えていったというのです。

 以来、過去帳には青衣の女人が加えられ、低い声もそのままに、今なお読みつがれているのです。
 天平の昔に始まった法要は、時代とともに人々の思いを重ね着のようにまとい、けれども芯は変わることなく、此度で1269回を数えます。練行衆も参詣する衆生も代は変われど、託す願いは変わらぬものやもしれません。

20200305shunie008.jpg
 青衣の女人の名を聞くと、過去帳を読み上げる調子は一気に早まります。
 最後まで聞き遂げたいところですが、神戸への終電になんとか間に合う時間だったので、改めて合掌してお堂を後にしました。

 空高く冴えわたる十一日の月。冬の星座は西空に傾きましたが、まだまだシリウスがまばゆい光を放っています。南大門の灯りはすでに消え、暗い境内をひとり大宮通へ向かいます。
 春を告げる行事といわれる修二会ですが、本格的な春の訪れはまだ少し、先のようです。
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。