2020年02月24日

神戸港都市星景写真撮影会(2月23-24日)

20200223portofkobe.jpg
2020年2月23日23:49〜25:34(神戸市中央区)
NikonD5500+トキナー11-20mm F2.8→11mm/F8、ISO100 露出10秒。
露出92分40秒(10秒×556枚)

 明石市立天文科学館星の友の会の天体写真部の有志で神戸港の夜景と星空を撮りに行きました。参加者は10人少々。山奥だと一人で出かけても平気なのですが(寂しいけど)、街中だとかえって周囲に気を使うので、ある程度人数がいたほうが撮りやすかったりします。とはいえ人里離れた……いえ人里は離れていないのですが、人影少ない岸壁での撮影。

 地上の景色に合わせて露出を決めたら星が意外に写らなかったので、RAW画像を1.67段プラス補正で現像し直してから比較明合成しました。その他、いろいろ処理を重ねています。
・星空と地上の景色は比較明合成(飛行機の航跡は消去)
・海面と岸壁付近は1コマをレイヤーマスク合成
・グラデーションマスクで地上付近の明るさを調整
・彩度強調とアンシャープマスク処理

 デジタル化と比較明合成のおかげで夜景と星空を同時に写すことが出来るようになりましたが、対象の明るさが違うのは歴然なので後処理はそれなりに必要。科学写真ではないのでこれはこれでありとしていますが、せめて星座の形は分かるようにしておきたいのは天文ファンのこだわり。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。