2020年02月20日

UCCコーヒー博物館

20200220uccmueum020.jpg
 ポートアイランドの一角にUCCコーヒー博物館があります。
 私は煎茶で育った人間で、家ではいつもお茶ばかり飲んでいるのですが、阪神間の今の職場はコーヒーが標準。職員もコーヒーばかり飲むし、来客にもコーヒーを出すし、もちろんコーヒーメーカーも置いてあります(2台も)。同じ豆でも煎れる人で味が違ったりするので、いろいろ奥が深いんだろうなと思ったら、どうやらとんでもない沼なのでした。

20200220uccmueum019.jpg 興味がないことにはとことん無知で、原産地のエチオピアからアラビア半島、言い換えればムスリム経由でヨーロッパに広がったとか知りませんでした。「モカ」ってアラビア半島のイエメンの地名なんですよ。
 ついでに「ブルーマウンテン」ってジャマイカなんですって。オーストラリアにもブルーマウンテンズ国立公園があって、皆既日食のついでに寄ったことがあるので、てっきりそちらが有名なコーヒーの産地だと思っていましたよ。物知らずにもほどがある。
 なおコーヒーは麻袋詰めで出荷されるのですが、ブルーマウンテンに限っては木の樽に詰められるそうです。玉露か。

 トルココーヒーというのは豆ごと水から煮立てちゃうコーヒーの淹れ方で、コーヒーの発展史では古い淹れ方なのですが、アラビアからヨーロッパに伝わる途中にトルコがあるわけです。そんでもってウインナーコーヒーのウィーンもオスマン・トルコの大群とキリスト教徒が大攻城戦を展開した街なのです。世界史だ。

20200220uccmueum023.jpg20200220uccmueum024.jpg
 コーヒーを煎れる器具たち。豆を煮出しただけでは満足しなかった人類の歴史です。

20200220uccmueum025.jpg サイフォンは実家にあったのですが、私が子どもの頃に割ってしまって、どう動くのか見たことないままでした。博物館の動画コーナーで見たのですが、蒸気圧で沸かしたお湯を押し上げるとか、面白がって作ったに違いありません。いわゆるサイフォンの原理を使ったものではないので、名前に引っ張られたら仕組みが分からなかったわけです。

20200220uccmueum021.jpg20200220uccmueum022.jpg
 冒頭の写真は焙煎のコーナーで、壁一面に焙煎の色合いを表示しています。英文字が入っているところは実際の豆が展示されているのですが、ライトローストの豆は小麦のような色で豆もしわしわ。最も濃いイタリアンローストはほぼ真っ黒で豆も丸々。煎り具合が浅いと酸味のある味に、深入りだと苦味のある味になるそうです。単に焦げ具合の違いではないのか。

 初期のコーヒーは実ごと煮ていたそうで、焙煎するようになったのはアラビアに伝わってから。いわゆるコーヒーの香りは焙煎しないと出てこないもので、葉も花も実も生のままではコーヒーの香りはないのだとか。最初にコーヒー豆を煎って飲もうと思った人は人類史に名前が残るべきです。

20200220uccmueum027.jpg20200220uccmueum028.jpg
 コーヒーのテイスティングもできます。
 職場のおかげでコーヒーにもいろいろな味の差があることは分かっていたので、今回出ていた2種類ももちろん味の差がわかりました。実際に喫茶店などで飲むのはほぼアラビカ種で、カネフォラ種はブレンド用やインスタントコーヒーなどの加工用に使われるそうです。実際カネフォラ種のほうが苦味が強いのですが、個人的には酸味より苦味のほうが好きなので、これもまた乙なものだと思ったのでした。

 しかし品種に産地に焙煎に煎れ方と、コーヒーの味は可変要素がありすぎて沼の深さが半端ないです。
 知人にもコーヒーに凝りだした人が何人もいるのですが、私は淹れてもらうものを楽しむにとどめたほうが無難そうです。

20200220uccmueum017.jpg20200220uccmueum018.jpg
 UCCといえば缶コーヒーやインスタントコーヒーでも知られていて、缶コーヒーは世界初なのだとか。昔から見る缶ですが、元茨城県民としてはマックスコーヒーのほうが馴染み深いのです。練乳入りコーヒーなんてブラック無糖派の人が聞いたら卒倒されそうですが。

 缶になる前は瓶詰めコーヒーで、濃縮したものを薄めて飲むタイプのものもあったそうです。カルピスみたいですね。

20200220uccmueum032.jpg20200220uccmueum031.jpg
 コーヒー博物館の出口にクイズコーナーがあって、全問正解すると年間パスポートとして使える大博士認定証がもらえます(もらった)。今度ポーアイの青少年科学館に来る機会があったらまた寄ってみましょう。
 なお博物館前の御影石のベンチもコーヒー豆。

20200220uccmueum033.jpg なおコーヒー博物館の隣の会社の敷地の自販機が容赦なくアサヒ飲料で、このへん全く気遣わない姿勢がネタ的に面白くて好きです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 博物館や美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。