2020年02月18日

ポータブル赤道儀検討 その3

 ポータブル赤道儀はオルゴール赤道儀「MusicBox EQ II」と「ナノ・トラッカー(初代)」の2台を持っていたのですが両方とも手放してしまいました。
 当時は星見の遠征をする機会が天文科学館の野外天体観測会(年2回)くらい。市街地の撮影では30秒も露出すると空が真っ白になり、出番がありませんでした。ナノ・トラッカーはミニボーグを載せて追尾撮影という無茶な使い方をしましたけど。

 ここ3年程は新月期になると星見に出かけるようになり、それに合わせてAP赤道儀を導入。次第に機材の拡張が進み、AP赤道儀は直焦点専用機となり、再度ポタ赤の購入を考えたのでした。
 私の機材選びの基本は「軽く小さくお手軽に」。自家用車がないので遠征の度に機材の積み下ろしが必要です。機材が軽ければ出発のハードルが下がりますし、現地の設置・撤収も楽になります。ということで、

・直焦点撮影用にミニボーグ60ED+AP赤道儀+オートガイダー+赤外改造一眼デジカメ
・撮影中の観望用にSky-Watcherの20cmドブソニアン+双眼鏡+テレコンビノ
・従来の一眼デジカメは星景用←ここにポタ赤追加

と計画的に衝動買いを繰り返してきたのですが、ポタ赤は最後のピースでした。



 撮りたいものは星座の写真。今は星景写真が主流ですが、子どものころに星の本で見た星座の写真を改めて撮りたいのです。
 もう一つは流星群の撮影で短い露出を長時間繰り返す用途。この場合は広角でもある程度の追尾精度が必要になります。少しくらい写野がずれてもソフトでの合成時にリカバリーできるのですが、元の追尾が上手くいくに越したことはありません。

 最終候補はスカイメモSとポラリエUの一騎打ちとなりました。

○コストパフォーマンスのスカイメモS
 極軸望遠鏡は内蔵、極軸合わせの微動雲台とカウンターウェイトまで含めたセットで実売6万円前後。ポラリエで同じ構成のセットを組むと軽く10万円超えちゃう。

○軽さと使い勝手のポラリエU
 ポラリエUの本体重量は約575gで、約1kgあるスカイメモSの6割程度。また店頭品やデモ機を触った限りではポラリエUの方が使いやすいと感じました(とはいえスカイメモSも必要十分な水準には達しています)。

 結局、使い勝手のよさそうなポラリエUに決めました。実際にやるかどうかは別にして、旅行や山登りに持ちだせるかもしれない軽さ小ささも加点対象。
 ただし微動雲台や極軸望遠鏡まではとても手が回らない……いやお金が回らないので、当面は本体だけでの運用となります。

 基本的には出たばかりの機材を買うことなどないのですけど、ポラリエUはベースのポラリエがロングセラーになっているのと、試作品段階から情報発信されていた安心感もありました。まあビクセン製品は付き合いも長いので、人柱覚悟です。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。