2020年02月02日

星見行(2月1日-2日) その2

20200202_m65m66_sd2l.jpg
M65・M66・NGC3628銀河(しし座)
2020年2月2日(岡山県備前市八塔寺)
NikonD5500(HKIR改造)+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO6400 露出6分×18枚合成
ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。
※中央部のみトリミング

 感度設定を間違って撮ってしまい(ISO1600の予定がISO6400)、ダークファイルを後から取り足しましたが、どうしてもノイズが残ってしまいます。
 右下がM65、左下がM66、上がNGC3628。3つとも同じ銀河群に属しています。距離は2700万光年で、先に上げたM101より遠い分、小さな姿で写っていますが、腕や暗黒帯の構造が分解できています。
 なおM65には明石市立天文科学館で活躍された菅野松男さんが2013年に超新星を発見しています。

20200202_m65m66_sd2.jpg
 トリミング無しだとこんな雰囲気。ドブソニアンの低倍率で見ると、銀河こそもう少し淡くなりますが、これに近い印象です。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。