2020年01月26日

麒麟がくる・第2話

 一話まるまる使っての合戦回。予算大丈夫かNHK。

 稲葉山城はなかなかの雰囲気。
 のっけから城門が破られてびっくりしましたが、城下に総構えがある設定とは気付きませんでした。織田勢が破ったのは総構えの門で、城下で市街戦が展開されます。

 大手門の脇の空堀にちゃんと畝があるのがよい。以前は後北条氏のものと思われていた畝堀や障子堀、近年の調査で各地で普通に使われていたことが分かっています。でも大手門の門扉に斎藤家の二頭波紋の彫刻を付けてるのは装飾過多(苦笑)

 道三や重臣たちが指揮を取っていた櫓、7〜8人くらいが机を囲んでなお余裕がある大きな建物なのに、屋根も壁もない吹きさらし。あれだと弓や投石を防げないのですが、屋根壁つけると中が暗くなってしまうし、外との一体感もないので大人の都合(演出)と理解。

 弓でどんどん人が倒れるのは最近の大河ドラマの合戦では標準になってきました。
 織田勢が城に迫るのに城方はなぜ弓を撃たないのだろうと思っていたら落とし穴。なるほどそう来たか(やられた)。

 城方が投石機を使っていましたが、これは応仁の乱で使用した記録があったはず。後世の大砲に匹敵する武器で、絶大な威力がありますが、日本国内で一般化した印象はありません。当時は、というより日本は近代に至るまで道路が未整備で遠征側が使うには無理があるのと、守城側が使うにしても運用に人手がかかり、また高温多湿の気候下ではメンテナンスが大変だったのかもしれません。京から流れてきた斎藤氏なら運用のノウハウを知っていてもおかしくなさそうです。
 人頭大の石が飛んできたら、盾は割られるでしょうし、人間も「痛てっ」で済むはずもないのですが、ドラマの撮影で危ないことは出来ないので致し方のないところ。

 織田勢、斎藤勢とも、兵たちの進退の際は掛け声を掛けながら動く描写が新鮮。ああでもして威勢付けないと怖くて逃げ出したくなるだろうと納得です。特に斎藤勢が城内に兵を引く場面は殿軍の駆け引きの難しさも上手く表現していたなと。

 陣太鼓はあれほど大人数で打つ必要はないのですけど(ほとんど和太鼓の演奏会)、やたらとカッコよかった。陣太鼓は軍勢の進退を知らせるものなので、指揮官の所在とともに移動できないといけません。城にこもっての戦いなので大人数でも「可」ですが、今年は忠実に時代背景を再現するのでなく、場面場面が見栄えのする画作りをする方向性なのでしょう。

 斎藤道三はもう少し老けていないかと思うのですが、この時期50代のはずで、本木雅弘の実年齢と比べると妥当なところ。折々に国衆から嫌われている描写が挟み込まれているのはいかにもで、親子二代とはいえ成り上がりのよそ者に上に立たれたら、いい気はしませんて。
 美濃守護の土岐頼純との対面は如何にも蝮の道三で、この茶は飲みたくないなと思いながら見ていたら案の定毒入りでした。こういう事する人は長生きできませんよ。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 読書録・映画録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。