2019年10月10日

二条城

20191010kyoto038.jpg
 二条城。徳川家康が京都の拠点として築いたお城です。
 信長、秀吉も二条の界隈に居館を築いているのですが、信長は本能寺で落命し、秀吉は後に聚楽第を築いているので、現在は跡形もありません。聚楽第は堀が地形として残っていますけど。

 家康の二条城は現在の敷地の東半分のみで、西側は家光によって拡張されます。家光の時代に後水尾天皇を迎えての行幸が行われたのが晴れ舞台で、その後は幕末の13代家茂まで入場した将軍がいません。安定した時代の二条城は役割のないお城だったのです。
 その後、最後の将軍・慶喜によってこの二条城で大政奉還が発表され、長きに渡った徳川幕府そして武家政権の幕が降ろされます。二条城が歴史の大舞台となった最後の時でもありました。

 さてこの二条城、中学の修学旅行で寄ったはずですが、まったく当時の記憶がございません。何を見ていたのでしょう、私。

20191010kyoto001.jpg20191010kyoto003.jpg
 南東隅櫓。国指定重文。徳川家のお城の建物は規格化されてるので、江戸城や名古屋城の櫓も似た雰囲気です。二重櫓に石落としや破風をつけて豪華に見せているのがいかにも将軍家の京の城。

 東大手門。国指定重文。石垣の積み方が隙間のない切込ハギの布積みで気合が入ってます。花崗岩です。
 門の北と南で濠の水面の高さが違います。北のほうが水位が高いのですが、これは南が低い京都の地形のため。門の土橋が高低差のある堀を仕切る土手の役目も兼ねているのです。

 たまたまガイドツアーの時間だったので、中の見学はこれに参加しました。別料金が必要ですが、解説付きで通常の見学では入れない所もちょこっと見せてくれるので、おすすめです。各自に無線機を渡されて、イヤホンで解説を聞くのが今風といえば今風。博物館ではよくありますが、屋外ではまだ珍しいのでは。

20191010kyoto011.jpg20191010kyoto016.jpg
 唐門。国指定重文。徳川家光時代に後水尾天皇の行幸に合わせて建築。ちょっと日光東照宮的な雰囲気の豪華さ。
 これ以上やるとやり過ぎな絢爛さで、なんというか桃山時代の豪華さの行き着いた果てのようです。

20191010kyoto021.jpg20191010kyoto037.jpg
 二条城二の丸御殿。国宝。
 教科書でおなじみ、大政奉還の舞台は、この二の丸御殿の大広間です。
 とにかく内装が豪華で障壁画が凄くて、ここだけで1時間以上見てました。なお内部は撮影不可にて写真なし。
 表と奥の意匠の使い分けが面白くて、外様大名も迎え入れる表の空間はデーンとぶっとい松に虎と豹で威圧感ありあり、大広間から奥は身内の譜代・親藩しか入れない空間で絵柄もぐんと穏やかになります。

20191010kyoto022.jpg20191010kyoto026.jpg
 二の丸御殿の中庭。通常の見学コースには入っていない場所で、ガイドツアーのオプション。
 この中庭の門が訪問したタイミングで、修理のためドナドナされて行きました。文化財を守る日々の営みを垣間見た思い。

20191010kyoto033.jpg20191010kyoto036.jpg
 二の丸庭園。国指定名勝。松の剪定がお見事。

20191010kyoto035.jpg 鶯張りの廊下の床下。侵入者を検知するためにキィキィ鳴ると言われていましたが、城ほど警備に気を使わなくてもよいはずのお寺にも事例があり、その辺りを疑問に思った人がいたのか、最近の研究で単なる経年劣化で音が鳴るようになってしまっただけという結果が発表されたそうです……マジか。

20191010kyoto039.jpg20191010kyoto042.jpg
 本丸櫓門。国指定重文。櫓の二階に窓がない変わった形式。元は後水尾天皇の行幸に合わせて、天皇が地面に降りずに本丸と二の丸を行き来できるよう、土橋の上に廊下橋がかかっていました。廊下橋は行幸後に解体されましたが、部材は今も残っているそうです。
 橋に人が群がってるのは、近くに鯉の餌の自販機があるため。

20191010kyoto043.jpg20191010kyoto044.jpg
 本丸天守台も登りました。二条城には五層の天守が上がっていましたが、落雷で焼失。
 花崗岩の石垣ですが、天守が焼け落ちた火災で石垣も高温に晒されて表面がボロボロにり、石の角が取れて丸くなってます。

20191010kyoto045.jpg 天守台頂上。濠の水面から10mくらいあって、城内で一番高い場所。
 奥の工事中の建物は修復中の本丸御殿。徳川時代の本丸御殿は御所に移されその後焼失。現在の本丸御殿は明治時代に旧桂宮邸を移したもので、本来の二条城とは無関係のもの。もっとも建造物としては国指定重文になっています。

20191010kyoto049.jpg20191010kyoto050.jpg 本丸西門跡。裏門なのに外桝形・内桝形を備えて城内最強の防御力。
 門から内堀と天守台を望む。直線的な石垣の構成がきれい。

 二条城は居館としての性格が強く、縄張りもシンプルで防御力はさほど高くない城です。もともと長期の籠城戦を意図したわけではなく、仮に明智光秀のように反旗を翻したものがいたとしても、数日間持ちこたえれば、例えば彦根の井伊家が大軍勢で駆けつけるわけです。信長の轍を踏まないだけの防御力と政治の舞台としての演出力を兼ね備えた城館が徳川家の二条城なのです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | お城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。