2019年09月27日

トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX

20190926tokina11-20_1.jpg
 検討していた広角レンズはトキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DXを選びました。
 天体メインなら明るいレンズが最有力と思いながらも値段で二の足を踏んでいたのですが、折よく中古の出物があったので思い切りました。

 F2.8とこのクラスでは随一の明るさですが、手ブレ補正はありません。
 例えば投影前後のプラネタリウムドームの中など光量が十分でないところは、F値が暗くても手ブレ補正のあるレンズと撮影時の歩留まりに大きな差はないように感じます。そもそも私、ボケを活かすような写真は撮れませんし。
 フィルター径は82m径。ニコンの大きなレンズは77mm径のものが多いので、これまで揃えたフィルターが使えません。とりあえずソフトフォーカスフィルターだけは買い足しました。
# 揃えたといっても、ソフトフォーカスと日食撮影用のNDフィルターだけです。

20190926_00003.jpg
冬のダイヤモンド。
2019年9月26日03:54(兵庫県洲本市)。
NikonD5500(HKIR改造)+トキナーAT-X 11-20 F2.8 PRO DX →13mm/F2.8開放、ISO3200 露出30秒。

 圧倒的に存在感を放つのが星空の撮影。
 評判通り像はシャープで、開放でも視野周辺まで極端な像の崩れはありません。
 最近の星野写真は星座をかたどる星が分かるようソフトフィルターをつけて輝星を大きく表現するのが流行りですが、むしろソフトフィルター無しで隅々までびっしり星で埋まったような写真を撮りたくなる描写です。

 ここ数年間で少しずつ機材を買い足してきましたが、決して勢いに任せているわけではなく、それなりに計画的なのです。
 手軽な機材で気軽に撮影、撮影中はたっぷり星空を眺め倒す。基本的にこの路線に合わせて装備を整えてきました。
 もちろん背中を押される勢いやタイミングはありますけどね。
 あとはポータブル赤道儀をお迎えすれば計画終了なのですが、ポラリエの新型も気になりますし、これはさていつになることやら。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。