2019年09月08日

六甲ケーブル

20190908rokko001.jpg20190908rokko002.jpg
 六甲山上なら歩いて登りたいところですが、この暑い時期は無理です。体力もすっかり落ちましたし。
 ということで、楽してケーブルカーです。乗るのは何年ぶりだろう。

20190908rokko050.jpg20190908rokko005.jpg
 駅に勾配標があったので撮っておきました。
 六甲ケーブル下駅が238‰、六甲山上駅が498‰。
 ‰(パーミル)は千分率で、1000m進む間に何m登るかを示したもの。鉄道は蒸気機関車の時代には20‰で急勾配といわれ、現在の鉄道でも35‰以内に収めるのが原則です。国内の普通鉄道の最急勾配の箱根登山鉄道でも80‰ですから(登山鉄道が普通かどうかは置いておいて)、三桁の勾配というのは桁違いの世界。
 もちろん普通に車両にモーターを付けても登ることはできず、山上駅に設置した大出力のモーターで車両に結んだケーブルを巻き上げて引き上げます。ほとんどエレベーターに近い仕組みです。

 六甲ケーブルの全長1,764mは国内2位、高低差493mは国内3位。国内有数の規模です。
 路線は六甲川上流の支谷に沿って敷設され、谷底を左右に縫うようにカーブしながら、短いトンネルをいくつかくぐりながら登ります。所要時間は10分程度。

 帰路にカメラを回しておいたもの。車両の正面を向けると常に下を向いている状態ですから、まるで眺望がないような動画ですが、椅子に座って正面を見ると時折、神戸港の眺めが広がって歓声が上がります。木の葉の落ちる冬のほうが眺めは良さそうですが、木々の緑を楽しめる春夏もまた、それはそれでよいものです。

posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。