2019年02月24日

銚子市青少年文化会館

20190224choshi02.jpg
 「プラレアリウム巡り」の6番札所だった銚子市青少年文化会館(千葉県)は、市の財政難で2019年3月末で休館となります。
 そこで「銚子のプラネを訪問します。日程の合う方はご一緒しましょう」という井上館長のツイッターでの呼びかけ。お礼参りを兼ねて同窓会的にわいわい星空を眺めたい――休止は寂しいけれど楽しいことなら参加せずにはいられないのがプラレア巡りの人々です。
 カレンダーとにらめっこして、うっかりポチッと飛行機を予約しました。

 銚子は「国のとっぱずれ」と歌われる関東最東端の街。沢口靖子の出世作となった朝ドラ「澪つくし」の舞台です。東京駅から特急で1時間47分、普通列車の乗り継ぎなら2時間半。意外に遠いというか、本当に遠い。誰ですか、こんなところに集まろうなんて言い出したのは。

20190224choshi01.jpg 2019年2月24日、春まだ浅き房総の地。
 東へ向かう電車にはどこかでお見かけした顔がチラホラと。どうやら同好の士がいるようです。

 青少年文化会館に到着すると、ドームは既に空席を探すのが難しい賑わい。長年親しんだプラネタリウムの休止を聞いて、地元のみなさんも大勢、足を運ばれています。ほどなく満員札止めとなり、急遽、追加投影の告知も出されました。

 投影前に井上館長にお声がかかり、マイクを渡されてご挨拶。続いて長年プラネタリウムに携わってきた地元の天文ファンの神原さんが、青少年会館の歴史や取り組みを紹介します。地元紙やNHKまで取材に入り、ちょっとしたイベントのよう。

20190224choshi04.jpg 投影機はミノルタMS-10。周囲には所狭しと補助投影機が増設され、中には他館から引き継いがれた機材もあります。この年季、この風格こそ関東最古参。

 投影は生解説の星空案内。
 最初にドームに映し出されるのはお昼の太陽。銚子の東経は140度49分。ここでは常に11時台に太陽が南中し、正午に南中する日は一日もありません。
 淡い太陽が沈むと星空案内。素朴ながらも熱のこもった語り口で、季節の星座をこれでもかと紹介するのが銚子のスタイル。増設された補助投影機を駆使して、明石では及びもつかぬ数の星座絵が登場します。

 所変われば星空が変わり、解説が違えば星空の切り口が違うのも、その地その地のプラネタリウムの楽しみ。そこに住む星を愛する人々の思いを感じるからこそ、遠くのプラネにに足を運んでみたいと思うのかもしれません。
 ドームスクリーンにきらめく星の明かりは、宇宙に託されたその土地の文化の灯火。銚子の街に再び星の灯火が灯る日が来ることを願います。
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。