2019年05月30日

今城塚古墳

20190530takatsuki074.jpg
 今城塚古墳は大阪府高槻市の北郊にある前方後円墳で、墳丘の長さは190m。二重の堀に囲まれ、淀川流域では2番目に大きな前方後円墳です(1位は太田茶臼山古墳)。学術的にはこちらを実際の継体天皇陵とするのが定説になっています。

 継体天皇は6世紀初頭に即位した天皇(在位507-531年)で、実在と系譜が確実な最初の大王と言われています。それ以前の天皇は伝説上の存在だったり、実在しても系譜が曖昧だったり、分からないことが多いのです。
 継体天皇は応神天皇の5世の孫(ひ孫のさらに孫)で、それまでの天皇家の血筋が途絶えたために迎えられたとされています。5代も遡ると百年以上前に分家した筋で、ずいぶん「遠い親戚」です。このため王朝交代が起こったのではないかという説もあるほどです。それまで和泉平野の百舌鳥・古市古墳群に営まれてきた大王墓が、淀川流域に建設されるのも異例。
# 近い時代では徳川将軍家の8代吉宗が紀州家から宗家に入りましたが、これでも家康の3世の孫(ひ孫)です。

20190530takatsuki078.jpg20190530takatsuki077.jpg
 戦前には既に今城塚古墳こそ真の継体陵とする説が発表されていましたが、宮内庁は陵墓参考地にすることすらないまま、現在に至っています。もっともそのお陰で高槻市による発掘調査が継続的に行われ、2011年には史跡公園としての整備が終わって一般公開されました。墳丘にまで入れる大王墓は他に例がない貴重な存在です。

 二重の周濠のうち、内堀は水堀、外堀は空堀でした。現在は内堀の前方部だけ水が湛えられ、外堀と後円部の内堀は芝生が貼られて自由に散策できるようになっています。

20190530takatsuki057.jpg20190530takatsuki060.jpg
 今城塚古墳の特徴は、外堀と内堀を仕切る堤の上に大きな埴輪祭祀場が見つかったこと。現在はレプリカの埴輪で当時の様子を復元しています。
 精巧な形象埴輪の群れは大王の葬列を再現したものとも言われています。

20190530takatsuki065.jpg20190530takatsuki066.jpg
 誰でも登れる大王墓を楽しみにしていたのですが、なんと墳丘は立入禁止。2018年の台風と地震で被害を受け、まだ復旧が終わっていないのだそうです。残念ですが仕方ありません。ここまで来て何というオチだ。

20190530takatsuki201.jpg20190530takatsuki200.jpg
 今城塚古墳は名前の通り、中世には城郭として利用されたと伝えられています。
 1596年の慶長伏見地震で墳丘のあちこちが地すべりを起こして崩壊する大きな被害を受け、江戸時代は畑作地になっていました。見ての通り、前方後円墳の平面こそ残っていますが、墳丘は原型を留めないほど崩れています。
 近隣の太田茶臼山古墳は原型を留めて残ったので、後世そちらが継体天皇陵と目されたのも、当時としてはやむを得ない判断だったかもしれません。

 周濠部まではきれいに整備したのに墳丘を復元しないのはどうしてなのかと思っていたのですが、古墳は外形だけでなく、土の盛り方まで含めて文化財。手を加えすぎてしまうと地震でダメージを受けた状態といえどもオジリナルの構造を失うことになります。
 諸事情を勘案して、墳丘部については現状を保存するという選択をされたのでしょう。
# 掲載した地図はカシミール3Dスーパー地形セット/国土地理院標高データより作成

20190530takatsuki049.jpg20190530takatsuki048.jpg
 古墳のすぐ側には「今城塚古代歴史館」があり、古墳時代の淀川中流域の歴史や、今城塚古墳で発掘された埴輪や副葬物などが展示されています。

 大王墓であることが確実視されている古墳なので、さぞかし立派な石室があるのだろうと思いきや、盗掘(鎌倉時代に盗掘の記録あり)や慶長伏見地震で崩壊。中の石棺も粉砕されてしまいました。
 石室については基盤部分の石組みが崩れ落ちた状態で残っていて、展示室内に移築復元されています。

 石棺は破片の石しかない状態でしたが、二上山白石、兵庫の竜山石、阿蘇のピンク石の3種類の凝灰岩が見つかり、3つの石棺があったと推定されています。二上山や竜山石(高砂あたりで採れる)はともかく、阿蘇からここまで運ぶというのは、ヤマト政権の勢力が確実に九州まで及んでいたということでしょう。
# もっとも継体天皇の時代に北九州の豪族・磐井の反乱という古代史上の大事件があります。

 右側の写真は古墳の近くの用水路の石橋に使われていた石材で、これも阿蘇のピンク石であることから、今城塚古墳の石棺を転用したものと推定されています。気づいたのは地元の歴史愛好家の方だそうで、広く市井の人々に関心が広がることが、こうした成果につながるのだなと改めて認識。

20190530takatsuki054.jpg 歴史館の展示では継体天皇の紹介もなされています。宮内庁の比定はそれとして、実質的に被葬者を継体天皇と判断しているのですね。
 実在と系譜が確実な最初の大王ということで、現在の天皇家の遠い遠い祖先になる人です。年代の近い所では厩戸皇子(聖徳太子)の曽祖父にあたります。


20190530takatsuki051.jpg こちら歴史館のお手洗い。こういう茶目っ気は大好きです。
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。