2019年05月16日

五色塚古墳

20190516goshikizuka001.jpg
 大阪の百舌鳥・古市古墳群がユネスコの世界遺産に指定される見込みとなりました。
 界隈が古墳で盛り上がっているので、近所の五色塚古墳を見学してきました。

 五色塚古墳は神戸市垂水区にある前方後円墳で、墳丘長は194mあり、兵庫県内では最大。全国では40位前後の大きさですが、古代大和政権の中心だった奈良・大阪以外の地域で五色塚より大きな古墳は、岡山・群馬・京都に2つずつあるだけです。つまり地方勢力ではかなり優勢な勢力が明石・垂水の一帯に根を張っていたことになります。
# 「40位前後」というのは古墳の大きさは資料によって数mの差があるため。

20190516goshikizuka002.jpg20190516goshikizuka008.jpg
 五色塚古墳は全国に先駆けて古墳築造当時の景観の復元整備が行われたことでも知られています。
 古墳というと鬱蒼と生い茂る森のイメージがありますが、これは築造から1400〜1500年も過ぎた後の姿で、完成した当時の巨大古墳は葺石で覆われた石の丘陵でした。
 五色塚古墳は1965年から1975年まで、10年の歳月をかけて調査と復元工事が行われました。戦前は松林だった五色塚も戦後の食糧難の時代に開墾され、畑地になっていました。改変が進んでしまったと思われていた古墳ですが、いざ調査が始まると、予想以上に良好に遺構が残っていて、当初の部分発掘の予定を変更して、大規模な発掘調査となりました。

 現在でこそ他にも当時の様子を復元した古墳が増えましたが、五色塚古墳はその先駆的存在で、私の時代の中学高校の歴史の資料集には、たいてい五色塚古墳が写真付きで紹介されていました。

 古墳は3段の土盛りで築かれていますが、石積みが復元されているのは2段めまで。当時は最下段も石が葺かれていたのですが、最下段は小さい石が使われていたため、そのまま復元しても崩落の可能性が高いことから芝生を貼っての整備となっています。
 隣の小壺古墳は芝生貼りですが、こちらは発掘で石が葺かれていなかったことが分かっています。

《参考》
史跡五色塚古墳復元・整備事業概要(1975,1989改定)神戸市教育委員会
史跡五色塚古墳 小壺古墳 発掘調査・復元整備報告書(2006)神戸市教育委員会
# 概要の方は図版も多く文章も簡易で一般向けです。
 
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | 神戸のできごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。