2019年01月26日

神戸市街の空をゆくカノープス

20190126_01.jpg
2019年1月26日21:13〜36(神戸市中央区錨山)
NikonD5500+Nikkor18-55mmF3.5-5.5GII→34mmF8,ISO400
4秒露出×323枚比較明合成
 神戸港と関空・神戸空港への空路が写る場所なので、飛行機と船は合成段階で消去しています。市街地部分は単純な比較明合成だと窓の明かりの明滅や道路の自動車、列道の列車の光がすべて重なって明るくなりすぎてしまうので、最後の1コマの画像だけを合成しています。

 星とも天体写真部の有志で、カノープス(りゅうこつ座α星)の撮影にでかけました。撮影地は神戸港を見下ろす市章山・錨山。車に分乗して出かけました。
 市章山・錨山は六甲山系の山で、市街地から見ると名前の通り神戸市の市章と錨マークが電飾で浮かび上がる山です。主稜線よりだいぶ手前にあり、ハイキングでこそ行ったことはありますが、星を見ようとは思ったことのない場所なので、市街地の夜景含めて新鮮でした。
 安全に実施できたのは事前のリサーチあってこそで、何度もロケハンしてくださった@yat_raさん、そして車を出して頂いたみなさまに感謝です。

 この日は強い冬型の天気で、日本海側の雲が本州を乗り越えて瀬戸内まで流れてきてしまうパターン。どうなることかと思ったのですが、南天の低空の雲が切れてくれる時間帯があり、カノープスを撮影できました。
 終了間際には雪が降りはじめ、予定時間を繰り上げての撤収。大わらわではありましたが、みんなでワイワイ楽しい撮影会でした。
# アクセス道路が22時で通行止めになるので、もともとそれまでに下山予定でした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。