2019年05月02日

天智天皇山科陵・弘文天皇長等山前陵

 天智天皇の陵墓は京都市山科区にあります。
 付近一帯が「御陵(みささぎ)」という地名で、京阪電車・京都市営地下鉄の御陵駅もありますから、古くから近代まで忘れることなく存在が伝えられてきたのでしょう。古代の天皇陵としては数少ない、埋葬者が確定している古墳に数えられています。

 天皇家の実権が失われると共に祭祀も途絶え、また平安時代以降は陵墓を作らない薄葬が主流となります(遺言で散骨された天皇もいます)。尊皇攘夷熱の高まる江戸時代後期には、多くの天皇陵が実態不明となっていて、現在伝えられる天皇陵は幕末から明治にかけて調査が行われ比定されたものです。もっとも当時の学問の限界もあり、いくつかの古墳はその後の考古学の見地から誤りが指摘されています。よく分からないまま、とりあえず比定せざるをえなかったものも多くあったのでしょう。

 天智天皇陵はその数少ない例外です。

 現在は三条通となっている旧東海道に面して入口があり、木立の中に400mほど、ほぼ直線に参道が伸びています。参道入口の脇に日時計があるのが、漏刻を設置した天智天皇らしいです。京都時計商組合創立20周年記念、1938年6月の建立と彫られていたので、この当時、既に時と天智天皇のつながりはある程度知られていたのでしょう。6月はもしかして時の記念日に合わせたものだったかもしれません。

 墳丘本体は当時の大王墓に使われた八角墳ですが、立ち入りできるのは墳丘のずっと手前で、木立の奥にある本体を見ることは出来ません。
 夕方18時頃の訪問でしたが、3〜4組の参詣者と行き違いました。木立の中の参道は散策路にも向いているのかもしれません。

 大津市役所の裏手に弘文天皇陵があります。歴代天皇陵の中では唯一、滋賀県内にある陵墓です。
 これも現地の案内板で知ったのですが、せっかくだからと訪ねてみることにしました。
 案内板には陵墓への道が記されていなかったので、市役所の南へ回ったのが失敗。実は北側に参道があり、大回りしてしまいました。

 弘文天皇長等山前陵は宮内庁によると円墳とのことですが、拝礼の場所からは森の奥で様子を窺い知ることは出来ません。陵墓指定は1877年とのこと。

 弘文天皇はすなわち天智天皇の子の大友皇子です。大友皇子は日本書紀等でも即位の事実が記されず、明治時代になってから「弘文天皇」の諡号と追号されました。39代の天皇とされたのもこのときですが、近江朝廷の中心人物ではあったが即位の礼までは行っていないというのが有力な見解。
# 天皇の代数は時代によって扱いが違うのが珍しくなかったりします。

 天皇陵は宮内庁によると122あることになっていますが(2度即位した天皇が2人いるので昭和天皇の124代より2少ない)、初期の天皇は神話中の人物ですし、比定が怪しい陵墓も多いですし、はてさて回ってみたものか。
posted by ふくだ at 23:49| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。