2019年04月21日

尼崎城のシャチホコのプラモデルを作る

 尼崎城のシャチホコのプラモデルという訳のわからない品物がこの世に生まれました。

 せっかく尼崎城の天守が出来たのだから、お土産にお城のプラモデルがあってもいいんじゃないという、出だしから方向性が明後日を向いた企画があり、うっかりクラウドファンディングに乗ってしまいました。
 私はもともと城好きで、工作も好きですから、こんな楽しそうな企画を放って置く手はありません。

 最初はプラモ一箱が返礼品のコースに応募していたのですが、模型を組み立てるワークショップの追加募集があり、都合もついたので参加することにしました。
 集まったみなさんとは面識がないのですが、こういう企画を面白がる人たちですから、始まる前から会話もはずんで打ち解けます。

 講師はモデラーのらいだ〜Joeさん。プロフィールを見たら全日本オラザク選手権(ホビージャパン誌主催)の金賞・銅賞受賞者とかすごいことがサラッと書いてあります。
 プラモデルには泥やサビをあえて表現して、質感を表現する技法があります。ウェザリング(汚し塗装)と呼ばれるのですが、らいだ〜Joeさんはこの第一人者。なるほど経年で風格が増すお城のシャチホコはウェザリングと相性がよさそうです。

 さて前代未聞のシャチホコプラモ、現物を見るにつけ、シュールさに笑ってしまいます。ただしディティールは素晴らしく、接着剤無しで組み上げるスナップフィットになっていて、パーツのつけ間違いが無いよう接続部も配慮されています。

 今回の講座では難しい道具は使わず、教えて頂いた技法も基本的には小学生でもできるようハードルが低くアレンジされています。けれども効果は目に見えててきめん。
# このあたりのさじ加減が絶妙なのが、らいだ〜Joeさんの素晴らしいところ。

 参加者の皆さん(大きなお友達)は子どもの頃に一度はプラモデルの道を通っていますから、本格的に取り組もうとすると塗装や細かい工作が大変なのを知っています。そこをお手軽な工夫でパっと飛び越えるのを目の前で見せてもらえると、いちいち目からウロコが落ちていきます。プラモを組むってこんなに楽しいんだなと再認識。

 「俺が塗ったとは思えん」「プラスチックに見えへん」「なんだこのかっこよさ」「もはや金属」「渋い」「重量感すごい」と、一工夫加えるごとに渋さがましていくシャチホコに、歓喜の声が飛び交います。
 ということで、出来上がったシャチホコがこれ。我ながらびっくりの重厚感です。

 ところで会場はお寿司屋さん。
 カウンター側は普通にお寿司屋さんですが、反対側の壁に設えた棚には膨大なガンプラ。よく見ると壁にはられているのはジオン軍と地球連邦軍の旗。尼崎の模型サークル「あまがさきモケモケ団」の団長さんとのことで、なるほど納得。いや、納得していいのか!? フリーダムだな尼崎。

 さて帰りに頂いた「1/24 尼崎城専用シャチホコ」。箱絵がガンプラ旧キットのパロディになっているのはリターン品限定とのことです。アマガサキ驚異のメカニズムで第二第三のご当地プラモが生まれることを期待してやみません。応援しちゃいます。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | ペパクラ/工作/科学的遊具
この記事へのコメント
大きなお友達の様子が想像できて笑
お手軽ウェザリング、気になる〜。
Posted by あぴ at 2019年04月25日 23:08
そのうち伝授いただいた技を駆使しての作例をお見せいたしましょうぞ。
Posted by ふくだ at 2019年04月27日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。