2018年12月16日

星見行(12月15-16日)

 仕事帰りにカーシェアの車を拾って、機材を積み込み、友人をピックアップして出発。
 現着は22時過ぎ。天気予報通り雲が広がっているも、観測地を移して待機。路面はほぼ乾いているも、前週末の雪が路肩に残り、ここに上がるのも月齢の関係で今年最後になりそう。

 0時を過ぎた頃から天候回復。早速ウィルタネン彗星を撮影。
 すばるとの接近を狙おうと、いつものミニボーグ60EDに加えて、ミニボーグ50対物レンズも持参したのですが、現地の組み換えでピントが出ないことが判明。事前にテストしておくべきでした。
 ならばカメラレンズで狙おうと思いきや、自由雲台を赤道儀のプレートに着けるネジを忘れるという間抜けぶり。
 ということで、ウィルタネン彗星とすばるの写真は固定撮影のみです。いっそ広角で撮りました。
# 画像はクリックで拡大します。

 もう一度雲が湧くも、それが通過したら朝まで快晴でした。

 北斗七星が昇ってくると春の足音がのっしのっしと聞こえてくるような気がします。現実は春どころか、冬がこれから本番です。
# 画像はクリックで拡大します。

 実際の春は空が霞む日が多く、また年度が変わってバタバタしているうちに梅雨に入ってしまうので、星座はともかく望遠鏡で見る天体となるとあまり頭に入っていません。やや暗めの天体が多い系外銀河のシーズンなので、街中で小口径の望遠鏡で過ごしてきた私には、少々縁の薄い星空でした。
 20cmドブソニアンもやってきたことですし、今後は馴染みの天体も増やしていきたいです。

 天高く駆ける獅子。
 星の並びでいえば、「しし座」はもっとも形の整った星座の一つでしょう。東天から駆け上る姿は勇ましく、まさに百獣の王にふさわしい姿です。おまけに一等星レグルスを抱え、メシエ天体もいくつも持っているのですから、かないません。
# 画像はクリックで拡大します。

 東天にやたらと明るい光が見えたので、何かと思ったら金星でした。
 以前、西はりま天文台で金星で影ができるのを見たことがありますが、全く規格外の明るさです。
# 画像はクリックで拡大します。

 やがて夜明け前の空に、水星と木星も昇ってきました。カメラを片付けてしまった後で、この写真だけiPhoneでの撮影。透明度が良かったのか、水星は肉眼でもはっきり見ることができました。星見の趣味はそれなりに長いのですが、肉眼で水星を見たのは片手の指で数えるほどです。
# 画像はクリックで拡大します。

 現地発は6時半。8時過ぎに神戸に戻りました。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。