2018年12月09日

野外天体観測会 2018年冬 その2

 西はりま天文台到着時の青空。まさかこれほど晴れるとは。
 天文台北館(以前からある建物)の脇に、三等三角点「大撫山」があります。標高435.88m。西はりま天文台に来るたびに登っています。

 昼間の星の観望会。左写真は北館のテラスで太陽を観望している様子。白色光とHα光での太陽像を観察できます。
 右写真は北館の60cm反射望遠鏡での昼間の星の観望。明石でも毎週末に16階観測室を公開しているので慣れていますが、一般の方が青空の中に輝く星を観る機会は貴重なものです。私も明石での公開が始まる前は、名古屋市科学館での同様の観望会にたまたま参加するまで見たことがありませんでした。

 冷やしシュミカセ始めました。
 この夜は強い冬型の気圧配置で、放射冷却も相まって気温が下がり、一時は-4度台まで冷え込みました。
 夜露のついたシュミットカセグレン望遠鏡の補正版も、少し目を離したすきにガシガシに霜が降りてしまいました。このあと宿泊棟の玄関に取り込んで自然解凍。露も蒸発して事なきを得ました。


 夜半過ぎに雲が増え始め、放射冷却が止まったのか気温も-2度台まで回復。星空は諦めることになりましたが、ここまで天候が持ったことに感謝です。
 それはそれとして、朝起きたら一面の雪景色でした。眠さに負けず、望遠鏡を撤収しておいてよかった……



 雪の結晶を撮影している方がいたので、便乗してパシャリ。
 スマホのカメラの最大望遠でも何とか形が分かる程度には写せます。マクロレンズがあればよかったのですが、天体用に機材を揃えてきたので、そこまで気が回りませんでした。
# 一番レフ用のマクロレンズでなく、スマホにつける簡易マクロレンズです。

 今回のお荷物。
 ビクセンAP赤道儀にミニボーグ60ED鏡筒、カメラ2台、10×42双眼鏡1台、撮影小物一式、防寒具一式。キャリーとリュックひとつで、何とか公共交通機関で移動可能な範囲。しかし、ここまで来ると自動車で動くほうが楽です。公共交通機関ならポータブル赤道儀と普通の三脚の組み合わせくらいに留めたほうがよいですね。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 明石市立天文科学館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。