2018年12月06日

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

 「ボヘミアン・ラプソディ」見てきました。
 もともと洋楽は守備範囲外、「Queen」も男性だけなのに“女王”とは面白いバンド名だなというくらいの認識。

 メンバーで唯一知っていたのが、ブライアン・メイ。「バンドやりながら天文学で博士号取った人」として話題になったから。
 フレディ・マーキュリーは、朝ドラ「あまちゃん」の小ネタに出たので知っていましたが、Queenのボーカルだったのは映画の公開後に知りました。
 つまりは何も知らないといって過言ではない。映画館へ足を運んだものの、正直、ついていけるか不安でした。

 杞憂でした。

 「We Will Rock You」と「We Are the Champions」てQueenの作品なのを知りませんでした。これまで誰の歌とも知らずに口ずさんでました。Queenの楽曲って、まぎれもなく強烈。

 家族、家族同然のQueenのメンバー、そしてパートナー。フレディは、己の目指す自分になろうと突き進みながら、繋がり支え合うべき人々との関係に苦しみ、孤独にさいなまれます。

 でもそこからの人生を駆け抜ける彼。
 ライブエイドのステージに至るまでは涙腺何度も刺激されました。
 もう一回みたいなぁ。

 いやもう、家に帰る途中からずっと脳内ヘビーローテーションでQueenの歌が鳴り響いています。

 どんどんぱっ!どんどんぱっ!
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。