2018年11月29日

自宅PCのSSD換装

 自宅PCのHDDをSSDに換装しました。
 現在自宅で使っているノートPCは2016年1月末に購入したもので、ほぼ3年近く使用しています。
 本体の記録メディアは1TBのHDD。2016年当時はSSDがぼちぼち普及し始めていましたが、大容量のものはまだ高価で、とりあえず従前どおりにHDDを選択したのでした。

 最近になってバックグラウンドでWindowsのサービスが常にディスクのアクセスを繰り返すようになり(ウイルスやマルウェア対策関連)、起動にも時間がかかり、ログイン後もHDDが落ち着くまで数分を要する状態に。
 HDDのアクセスが頻繁になると体感速度が目に見えて落ちるので、検索して不要なサービスを止めるなどしたのですが改善しません。これは根本的に手を打たねばということで、HDDをSSDに交換しました。

 OSのインストールから始めるのは面倒と思ったのですが、現在はフリーソフトで起動ディスクまるごとクローンを作れます。HDDと同容量のSSDを用意して、クローンを作成し、PC本体のHDDとSSDを交換。電源を入れるとそのまま圧倒的なスピードで起動。こんなことならもっと早く交換するのでした。

 参考にしたのは下記のサイト。
HDDからSSDへの交換例(Inspiron 17 5000シリーズ-5759) - ストレージ

 紹介されているフリーソフト"EaseUS Todo Backup Free"のバージョンが違うなど、若干の差はありましたが、ほぼ紹介されている手順通りで作業が完了しました。

 ……と、いうほど甘くはなかったのです実は。


 HDDからSSDへのクローン作成中に、PCがフリーズ。Ctrl+Alt+DELも効かず、仕方がないので電源長押しで強制再起動……しません。電源は落ちたのですが、起動しない。えっ!? もしかしてWindows壊れた!?
 コピー取るだけでしょと思っていたので、OSのリカバリディスクは作成していなかったのです(購入時にもついていなかった)。データのバックアップは別にとってあるとはいえ、リカバリディスクがないところからの環境再構築なんて考えたくない。マジか。

 祈るような思いで再度、電源ボタン長押しをすると、いつもの数倍の時間をかけて何とか起動。
 もう一度、いちから手順を繰り返してようやく成功したのでした。
# なぜそこで立ち止まってリカバリディスクを作らなかったのかと思います。恐えぇ。

 クローン作成の時間は3時間くらい。
 交換したHDDは特に不具合もないので、そのままバックアップ用に回そうと思います。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。