2018年07月28日

NICT未来ICT研究所

 情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所の一般公開に行ってきました。未来ICT研究所は神戸市西区と明石市の境界にあり、かつての本部の建物が神戸市側にあったので住所は神戸市ですが、敷地の大半は明石市側にあります。
 今回は@kuma_morutoさんの車に、@135c8さんと同乗しての訪問。

 天文科学館の井上館長の講演がスタート。
 そしてシゴセンジャー登場。続いて黒星博士登場。すでに順調にスベり始めております。

 東京・小金井にあるNICTは日本標準時を作っているところとして(一部に)知られていますが、実は関西の未来ICT研究所に日本標準時の副局があります。本部になにかあったときのバックアップ施設で、日本標準時子午線の近くに標準時の施設が戻ってきた(!?)というご縁。

 こちらは日本標準時のコーナー。
 セシウム原子時計5台を収めた日本標準時の副局は、温度など一定に保った特別の部屋で、一般人はおろか職員でも入ることはないそうです(そりゃそうか)。ということで会場の一角に原子時計の実物展示。写真は旧機種ですが、現行機種と見かけはほぼ同じとのこと。

 世界時を決めるのに使われる原子時計は各国合わせて400台ほど。
 最大勢力はアメリカで100台ほど(海軍がたくさん持っているのだとか…そういえば米海軍は天文台も持ってます)。日本はNICT小金井の18台と神戸の5台で、トップ5に入る勢力だそうです。

 原子時計は元はヒューレット・パッカード社の製品で、今は事業が売却されて社名も変わってマイクロセミ社。原子時計の機械そのものは10年以上持つそうですが、セシウムビーム管が6年ほどで安定性が落ちて要交換になるのだとか。
# 日本で18台+5台といっても原子時計そのものはアメリカ産で、アメリカが世界の時を支えていると言えなくもない。

 標高が違うだけで時間の進み方が変わるそうなので、地球の自転やら潮汐力やらいろんな誤差要因を排除して平均値を出すアルゴリズムが大変複雑なのだそうです。

 地球の自転を基準に時刻を決めてた時代はのどかだったのではないですかと尋ねたら、正確な時刻の基準をつくることの意義をとうとうと(楽しそうに)語られてました。

 帰宅してからネットで原子時計みつけました。お値段は載ってないけど、どなたかご家庭に置いてみません?
原子時計 セシウム周波数標準 5071A

 脳波で自動車のスピードを制御するデモ。往年のアニメ「機動戦士ガンダム」で、脳波を利用して機器の制御を行う「サイコミュ」が登場しますが、その原型の技術です(待て)。
 「君は、刻の涙を見る(Zガンダム)」ならぬ「君は、君の脳波を見る」がキャッチコピー。
 実際のところ、脳波で右や左に曲がるような指示をするのは難しくて、ON/OFFの制御くらいが現実的なところだそうです。

 いろいろな展示が山ほどあったのですが、午後から出かけたのではとても見学しきれず、スタンプラリーのコースを一周りするので精一杯でした。次に機会があれば朝から出かけてみたいです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 一般公開
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。