2018年11月17日

星空案内in西宮ガーデンズ

 「星空案内in西宮ガーデンズ」は、西宮球場の跡地に建設された阪急西宮ガーデンズで季節ごとに行われている観望会です。

 天気予報では今一つの空模様でしたが、夕方にはすっかり晴れ渡り、仕事帰りに立ち寄ってみました。巨大ショッピングモールの屋上が会場なので、星見に行くとは思えぬ瀟洒な通路を昇っていきます。

 毎回多くの人が訪れるので、観望スペースの区画や通路の確保、誘導スタッフの配置など、分かりやすさと安全面にはさりげなく、でもしっかりを気を配られてらっしゃいます。

 見知ったスタッフも多く、冗談交じりに「なにお客さんやってるんですかー、手伝ってくださいよ―」と声をかけられたりしました。
 星空案内人の養成講座「はりま宇宙講座」の修了生が多いのですが、地域での取り組みが形になって活かされている好例だと思います。

 見せて頂いた天体は、月、火星、天王星、フォーマルハウト、アルビレオ、アルマク、カペラ、すばる。夕方の早い時間帯は土星も見えていたそうですが、私が着いた頃には既に西空に沈んでいました。春先から続いた惑星の季節もそろそろ終盤。

 それと舞子高校天文気象部によるMitaka3Dの実演があり、こちらも拝見させて頂きました。平面スクリーンへの投影で、プロジェクタ2台と偏光3Dメガネを活用した立体映像。初々しい解説もまた善き哉。

 結局、終了時間の20時半まであれこれ見させて頂きました。
 星空ってやっぱり楽しいものです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。