2018年11月08日

D5500IR改造

 少し前からサブカメラの検討をしていました。
 結局、現在使っているNikonD5500をもう一台、中古で調達。これをハヤタ・カメララボさんのIR改造に出しました。

 性能はもう一世代前のD5300でも十分でしたが、暗闇で操作するには使い慣れた機材に合わせたほうがよいとD5500を選択。ただノーマル機とIR改造機が同機種だと、普通の撮影時にうっかり取り違えたら悲劇です。
 IR改造機はノーマル機より赤い光に強い感度を持ち、カラーバランスが大きく赤寄りになります。言うならば天体写真専用機で、一般撮影で使うのは厳しいのです。

 取り違え事故を未然に防ぐため、中古ではレッドのD5500を選びました。ここまで色が違えば、まず間違えることはない。D5500のブラックはつや消し黒ですが、レッドは思いっきりグロス(つやあり)の深い赤。これはこれでカッコよくて、レッドを一般撮影用に残そうかと本気で迷いました。でもしかし、赤い星雲狙いなら赤い機体だよねと、結局はレッドを改造に。

 改造の可否と納期は予めメールで問い合わせていたのですが、予定より一週間ほど早く上がってきました。たまたま間のよいタイミングだったのか、新月期に間に合わせてくださったのか、何れにせよありがたい限りです。

 しかし、まさか自分が改造デジカメまで手を出すことになろうとはな。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。