2018年06月03日

長浜城(滋賀県長浜市)

 羽柴秀吉は信長の浅井氏攻めで手柄を立て、浅井氏の旧領を拝領します。その際に領国経営の拠点として築いたのが長浜城です。
 浅井氏の小谷城は堅固ではあるのですが、山上で交通の便は悪く、秀吉は琵琶湖に面した地に新城を築き、城下町も小谷から移したのでした。

 本能寺の変まで秀吉の居城で、賤ヶ岳の戦いの後は山内一豊が長浜城主となります。最終的には大坂の陣の後に廃城となり、資材は彦根築城に転用されました。元は湖城といってよい平城だったので、きれいさっぱり撤去されてしまったようです。知名度は高いのですが、わずか40年ほどしか存在しないお城でした。

 その後の調査で湖底の石垣が発掘されたりしたそうですが、現在は碑があるのみで石垣そのものを見ることは出来ません。豊公園として整備された一帯が城郭の主要部だとして昔を偲ぶのが良さそうです。
# 城門が城下に移築されて残っているそうですが、こちらは足を運ばすじまいでした。

 現在建つ天守は1983年に作られた模擬天守で、内部は長浜城歴史博物館になっています。
 当時の図面はもちろん、天守の外観を描いた絵も残っていないので、天守の形は完全に想像によるもの。犬山城などを参考にしたそうですが、時期的に望楼型の天守はそれなりに雰囲気が出ていると思います。
# ファセットのペーパークラフトが売店で売っていて、これが値段の割によい出来でした。置き場所さえ確保できれば買ってたなあ。
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | お城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。