2018年06月02日

特別展「兵庫山城探訪」(兵庫県立考古博物館)

 兵庫県立考古博物館の特別展「兵庫山城探訪」見学。
 兵庫県下には国指定史跡の城郭が18あるのですが、その中から山城11と県指定史跡の山城1つをピックアップしての特別展。
 
 各城の縄張図や赤色立体地図に合わせて、発掘等で出てきた瓦や陶器などを展示しています。派手さはないのですが、読み取りがいのある内容です。

 最近は「山城」というと中世城郭を指すことが多いのですが、兵庫県下は近世の改修をうけた城が多いのも特徴。
 利神城(佐用町)は姫路城の支城として池田氏が築いたものですし、竹田城(朝来市)や洲本城(洲本市)も織豊期以降の手が入っています。
 そこから時代をさかのぼっていく構成になっているのですが、いずれも個性豊かなお城ばかり。

 学芸員による展示解説にも参加。 パネルや出土品に解説が加わると面白さ10倍増しになります(当社比)。特にどういう観点から国指定史跡になったかというお話がよかったです。
 とにかく喋ってる人の「好き」が伝わってくる語りで、これは聞く側も楽しいです。
 会期中の日曜日13:30〜14:00(最終6/24)。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(5) | お城
この記事へのコメント
兵庫ではアマチュア天文家としてかなり名前が通っていると思われますが、お城でも名を売ってられることでしょう。
Posted by かすてん at 2018年06月05日 20:14
いえいえいえ、どちらもまだまだ門前の小僧です。

とくに中世城郭は車がないと訪問するのが難しいので、最近は公共交通機関で行ける近世城郭ばかりです。もっとも近畿は近世城郭が大物揃いなので、それはそれで飽きることはないのですけれども。

天文関係の集まりには顔をだす機会もあるのですが、お城の方はこうした展示解説や講演会も初めてなので、参加者の皆さんの熱量に押されまくって帰ってきました。
Posted by ふくだ at 2018年06月05日 23:10
>お城の方はこうした展示解説や講演会も初めてなので〜
 あれまぁ、ふくださんはこうしたお城ブームなど姿形もない頃からの年期の入った城郭ファンですからこれは意外でした。
Posted by かすてん at 2018年06月06日 14:02
私が茨城の郷里にいた頃は近くに歴史系の博物館もありませんでしたし、今のようにネットで情報を拾える環境もありませんでしたので、図書館にある市町村史が唯一の情報源でした。

もう一つはお城の扱いが変わってきたことでしょうか。
以前は「誰々という武将がいた城」「何々という戦いのあった城」という歴史の舞台としての扱いが多かったのが、最近は縄張りや遺構といったお城そのものを切り口にした取り上げ方が増えてきたこと。

なので一般向けのお城の企画も以前より増えたのかなと思います。
Posted by ふくだ at 2018年06月06日 20:08
>最近は縄張りや遺構といったお城そのものを切り口にした取り上げ方が増えてきたこと。
 ここ数十年でそのあたりの研究が進み、ドラマの時代考証にも大いに反映してリアリティも増していると感じます。それがまた城郭人気へフィードバックされているのかもしれません。
Posted by かすてん at 2018年06月06日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。