2017年06月09日

2017年最小の満月

 2017年6月9日22:10:39。ボーグ77EDII+1.4倍テレコンバーターDG(D=77mm,f=714mm)+NikonD5500。ISO800。1/1600秒露出。トリミング、トーンカーブ、アンシャープマスク処理済。写真はクリックで拡大(拡大画像は原寸大切り出し)。

 6月9日は満月。2017年最小の満月(国立天文台)でした。
 
 地球-月の平均距離は約38.5万kmですが、月は楕円軌道を描いているので、近地点は36万キロ前後、遠地点は40万キロ前後まで変化します。
 この日は7時21分に月が遠地点を通り、22時10分に満月を迎えました。遠日点を通過するタイミングで満月になったため、2017年で最も見かけの大きさが小さな満月となりました。

 とはいえ、単独で見て大きさの違いが分かるほどではありません。近いときの満月の写真と並べると一目瞭然ですが、空にある月は比較対象がないので、人間の視覚だけだと大きさの違いを認識しにくいのです。
 12月の満月が2017年で最大の満月となるので、同じ望遠鏡で撮影して、比べてみることに致しましょう。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。