2017年06月04日

疾走、N700系7000/8000番台

 帰路は久々に山陽新幹線に乗車。
 九州新幹線直通列車に利用されているN700系7000/8000番台に初めて乗りました。8両編成で普通車指定席は2列+2列、普通車自由席は2列+3列の座席配置。ひかりレールスターの車両と似た編成ですが、こちらは半室グリーン車が設けられています。今回は節約のため自由席を利用。
# 同じ車両ですが、JR西日本所属車が7000番台、JR九州所属車が8000番台とのこと。

 乗った列車は九州新幹線直通の「さくら」。山陽新幹線内は「のぞみ」に準じた停車駅で、九州新幹線内は様々な停車バリエーションがあります。九州新幹線内も速達列車となるのは「みずほ」の愛称となり、「さくら」「みずほ」ともかつての東京-九州間のブルートレインの名称を引き継いだもの。

 N700系は山陽新幹線の姫路以西で最高速度300km/hの運転を行ないます。
かつては500系新幹線が山陽区間で300km/h運転を行っていましたが、編成数が少なかったため、ちょっと特別な列車という印象がありました。N700系は新幹線の「標準型車両」なので、今では300km/h運転が日常のものとなっています。
 携帯のGPSアプリを立ち上げて速度を見ていると、駅間のほとんどの区間で280km/hを叩き出し、290km/hを越える区間も多いです。瞬間的にでも300km/hを越えたのは2回ほどでした(スクリーンショット撮り損ねた)。
# あくまで「最高運転速度」が300km/hなので、300km/hを維持して走るわけではありません。

 かつて新幹線の最高速度が210km/hだった頃を知っている身としては、つくづく速くなったものだと思います。
posted by ふくだ at 23:49| Comment(0) | 地図と地理と遠出
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。