2017年06月04日

宇部市勤労青少年会館視聴覚教育センター

 九州・山口のプラレアリウム巡りの最終訪問先は宇部市勤労青少年会館視聴覚教育センター
 青少年向けの複合施設の上階にプラネタリウムがあります。投影は毎週日曜日の午後一回。投影機は五藤光学Venus S-3。1967年設置の古参機で、五藤光学製の現役投影機ではおそらく東京海洋大学のMars M-1(1965年設置)に次ぐもの。



 投影機の雰囲気も全体的にM-1に似ています。むき出しのスリップリング(日周軸と歳差軸の両方とも)や惑星投影機のON/OFFに使用している水銀スイッチが迫力です。水銀スイッチは最近は使われなくなっているもので、珍しいですねとお話したら予備品を見せてくださいました。
 現在は年に2回、五藤光学のスタッフがメンテナンスに訪問されているとのこと。維持する努力あってこそのご長寿投影機です。

 投影は14時から15時15分までの75分。プラネタリウムの投影は40〜50分程度のところが多いので、75分は突出して長い上映時間。すべて生解説でドーム径8mの小型館ということもあり、マイクも使わない肉声解説。「今月の話題」のようなテーマ設定はなく、客層を見ながらフリーダムにお話されているようでした。
# 宇部天文同好会が指定管理者の形で受けているそうです。

 プラレアリウム巡りはこれで33ヶ所中22ヶ所目となり、ちょうど2/3の通過点です。
 もともと全部は無理にしても2/3くらいは回れるかなと思っていたので、個人的にはひとまずの到達点。
 残り1/3はどうしましょうかねぇ。北海道3館と沖縄1館があるので大変なんだこれが。

# プラレアリウム巡り 22/33
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。