2017年06月04日

山陽小野田市青年の家天文館

 引き続きプラレアリウム巡りの一環で山陽小野田市青年の家天文館。山陽小野田市は山陽町と小野田市が合併してできた市で、青年の家天文館は旧山陽町側の施設です。
 山陽新幹線の厚狭駅は旧山陽町内にあります。また小野田市はかつての小野田セメント(現:太平洋セメント)の地元。

 青年の家は研修施設と運動施設があるのですが、研修施設は耐震補強が行われていないことなどから使用が休止され、現在は各種グラウンドや体育館の運動施設を中心に運営されています。

 プラネタリウムのある天文館は1966年の開設で、投影機のミノルタMS-10もこの時から使われ続けています。コニカミノルタ製の投影機としては現役最古。

 ちなみに日本国内に現存する古い投影機を並べると、
・国内最古(静態保存) 大阪市立科学館 ツァイスII型(旧大阪市立電気科学館) 1938年
・現役国内最古 明石市立天文科学館 ツァイス・イエナUPP23/3 1960年
・国産現役最古 東京海洋大学越中島キャンパス 五藤光学M-1 1965年
・コニカミノルタ現役最古 山陽小野田市青年の家天文館 ミノルタMS-10 1966年

 となります。
# そういえば全部回りました。

 青年の家天文館のプラネタリウムは常時公開がなく、年に8回程度(ウェブサイトによる)行われる天文教室の際に投影が行われています。通常は投影を担当できるスタッフが詰めていませんが、受付で申し出ると投影機を見学することが出来ます。
# 条件と都合が付けば団体投影も受け付けているとのこと。

 MS-10は現在も各地で稼働している小型プラネタリウム投影機の名機ですが、青年の家天文館の投影機は何処となく武骨なシルエットです。惑星投影棚のトラスが大きく、補助投影機の造作もゴツゴツした雰囲気。この後モデルチェンジを重ねながら洗練されていったのでしょう。

 解説台と解説台から見た投影機。MS-10は後にオート投影にも対応したMS-10ATに進化しますが、もちろんここはマニュアル投影のみ。 

 地平線のスカイラインはベニヤ板を切り抜いて黒く塗装したものが使われています。
 木製の椅子が同心円状に並んだドーム内は、レトロながら、きれいで良い雰囲気。
 末永く地域の天文普及のために動いてくれますように。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。