2017年04月30日

AP赤道儀導入 その5 378mm2分ノータッチは大丈夫

 AP赤道儀導入 その1
 AP赤道儀導入 その2 極軸望遠鏡
 AP赤道儀導入 その3 実地テスト
 AP赤道儀導入 その4 星空デビュー
 AP赤道儀導入 その5 378mm2分ノータッチは大丈夫←ここ

 星見に出たのに合わせて、AP赤道儀の追い込みです。
 前回は振動でブレた写真を量産したので、今回は対策の効果を測るのも兼ねています。
 明らかに効果があったのはバランスウェイトの増量。ミニボーグ60EDならAP赤道儀付属の1kgのウェイトでも重すぎるくらいですが、さらに借り物の1.5kgのウェイトを追加。バランスは悪くなるのですが、シャッターブレは激減し、2分のノータッチガイドでは51枚中43枚が許容範囲の星像に収まりました。前回が成功率半分くらいでしたから、大きな進歩です。
# あとは前回は強風吹き荒れる天候でしたが、今回は風が弱かったのも利したと思います。



 ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(口径60mm,焦点距離378mm,F6.3)ISO 6400 WB晴天 露出120秒×8枚。
 下はうち1枚の中央部の原寸大切り出し。これなら問題なし。

 

 ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(口径60mm,焦点距離378mm,F6.3)ISO 6400 WB晴天 露出120秒×12枚。
 下はうち1枚の中央部の原寸大切り出し。こちらも問題なし。

 成功率84%ということは、10枚必要な場合は2枚多めに撮っておけばよいわけで、ずいぶん気が楽になります。次回は露光時間を3分以上に伸ばしてみたいと思います。

 あと極軸望遠鏡。自分で取り付けて芯出し作業を行ったので、どこまで精度が出ているか不安だったのですが、これなら問題なさそう。次回以降は安心していろいろ試すことができそうです。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(2) | 星空観望
この記事へのコメント
はじめまして、AP-WM追尾撮影スターターセットの購入を検討していましてブログを拝見させていただきました。風景や動物の写真を撮ることをメインにやっているのですが、昨年のお盆のペルセウス座流星群を撮影してから星空撮影に関心を持っていました。上記赤道儀の記事があまりなく購入を躊躇していましたが購入後の設定など詳しく書いておられ購入をしようと決心したところです。星空について素人なのですが極軸望遠鏡の設定は簡単にできるものなのでしょうか?もしよろしければ教えてください。よろしくお願いします。
Posted by mini2514 at 2017年07月17日 16:27
mini2514さん、いらっしゃいませ。

お返事遅くなりました。

極軸望遠鏡の設定ですが、赤道儀への取り付けと、実使用とあります。

AP-WM追尾撮影スターターセットはK-ASTEC社扱いの極軸望遠鏡が付属し、赤道儀への取り付けはユーザーが行います。
取り付け自体は簡単です。赤道儀の極軸と極軸望遠鏡の平行の精度を追い込むのに手間がかかります(難しい作業ではありませんが微調整なので根気が要ります)。
違うメーカーの極軸望遠鏡ですが、下記のサイトを参考にしました。
一度合わせればめったに狂うものではないので、丁寧に行うことをおすすめします。
http://camera-de-youing.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/s-b7d5.html

実際に極軸望遠鏡を利用して極軸を合わせるのは、こちらは簡単です。
スマホのアプリで表示された目盛りの位置に北極星を合わせれば完了。アプリはKYOEIのサイトで紹介されている「Polar Scope Align」を使っています。
https://itunes.apple.com/jp/app/polar-scope-align/id970157965?mt=8

なおAP-WM追尾撮影スターターセット付属の極軸望遠鏡を利用する場合は、赤道儀の水平を出さねばなりません。カメラのアクセサリーシューにつけるような簡易のものでかまわないと思うので、水準器を用意されると良いと思います。
Posted by ふくだ at 2017年07月27日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。