2016年12月23日

冬至前後に影がつながる子午線標識

 明石市内の国道2号線沿い、明石子午線郵便局前に2015年12月に新しく子午線標識が出来ました。
 正式には歩道の花壇に立てられた「ボランティア・サポート・プログラム」のサインボード(看板)で、国交省が花壇の管理を行う市民グループと協定を結んだことを紹介するもの。この西側の支柱が東経135度子午線上にあります。

 冬至の前後は支柱の影が、北側にある明石子午線郵便局の駐車場に敷かれた子午線と一直線につながるように設計されています。
 2015年の冬至に除幕式が行われ、その日は晴天に恵まれたのですが、平日ゆえ私はお仕事。翌23日(天皇誕生日)に訪問したのですが、あいにく曇天。その週末には天文科学館が年末休館に入って、そのまま冬至前後を過ぎてしまいました。

 そして一度機会を逃すと一年待たねばならぬのが、この標識のおそろしいところ。

 ということで2016年12月に再挑戦しました。
 この年の冬至は12月21日でしたが平日。22日は代休でお休み取ってたのですが、雲が多くて断念(でも11時半頃から晴れた)。そして23日の天皇誕生日に出動です。

 11時50分。空の雲は少し多めですが、南中のときだけ晴れてくれたらいいので、なんとかなりそう。ていうか、なってくれ。

 南中時刻は正確には正午でなく、11時59分。明石では正午に太陽が南中するんでないかと言われそうですが、均時差があってこの日は1分弱早くなるのです(年間の平均を取るとぴったり正午になります)。

 そして、来ました!1年越しにミッション完遂。
 冬至前後の休日で正午の前後に晴れないと見ることが出来ないので、地味に難易度の高いミッションでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | 日本標準時子午線
この記事へのコメント
こ、これはほんとに地味に難易度高い(笑)
Posted by あぴ at 2018年03月28日 17:08
2017年も地味に撮影成功してます(動画)。
https://twitter.com/kazufukuda/status/944407397660901376
Posted by ふくだ at 2018年03月28日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。