2016年06月04日

東京海洋大学越中島キャンパスプラネタリウム

 東京海洋大学越中島キャンパスのプラネタリウムを見てきました。

 越中島キャンパスはかつての東京商船大学。船乗りににとって自身の位置を知るためには天文航法が必須で、そのために大学にプラネタリウムが設置されました。以前は授業で使用されていたそうですが、現在は海事普及会の学生によってメンテナンスや解説が行われています。

 投影機は五藤光学M-1型で1965年に納入されたもの。M-1型は五藤光学が最初に開発したプラネタリウムで1959年に完成。南北の恒星投影球の両側に日月惑星の投影機棚があるモリソン式といわれるタイプ。五島光学のプラネタリウムは一球式に移行するまでモリソン式なので、原点といってもよいかもしれません。
 現存唯一のM-1型で、国産プラネタリウムとしても現役最古(2016年現在)。

 大学の構内なので一般公開の機会は少なく、年に一度、6月最初の土日の学園祭が唯一の機会。投影機もレアなら年に2日しか一般公開がないのもレア。
 キャンパスの奥のドームに向かって歩いていると、目の前を人が担いだボートが通り過ぎて行きました。さすが学園祭というか、さすが海洋大学というか。

 整理券の配布は9:30からと告知されていましたが、9時過ぎには人が集まり始めていました。年に一度の機会ということで、遠方からもプラネタリウムファンが足を運びます。明石の星の友の会のメンバーも3人はお会いしました。他にも顔を見知った方がちらほら。

 プラネタリウムドームは建物の屋上にあり、外階段を使って昇ります。ちょっと意外な感じ。もともとある建物に後からドームを載せたのでしょうね。

 投影は学生の手で行われます。ナレーション役と操作役を分担しながらの投影。番組は15分ほど、と聞くと短いようですが、星空案内メインだとこれくらいでじゅうぶんボリュームがあります。
 いきなり緯度変化で南極の空へ。投影機のモーターとファンが唸りを上げて、頑張ってる感をにじませています。星の数は標準的な投影機より少なめで、おそらく5等星くらいまでくらい。星座の形をたどるには不便ない範囲です。
 あとから聞いたら投影機の操作をはじめて一ヶ月ほどだとか。つまみやスイッチが多いだけに覚えることが多くて大変だったと思います。
 多少もたついたところもありましたが、それもまた初々しい感じ。みごとに投影をこなし、終了時には満場の拍手でした。

 投影終了後は希望者に操作台の操作体験をさせてくださいました。
 移動式プラネタリウムを別にして、本格的な常設投影機の操作は初めて。私はこれぞプラネタリウムということで年周運動で惑星をグルグル振り回してきました。「ずいぶん時間進めちゃいました、すいません」「投影前に日付直しますから大丈夫ですよ」と。
 冒頭の写真は、この操作体験の時に撮影したもの。
# 流石に本番の投影中に撮影するのは無理です。


 こちらプラネタリウムの操作台。スイッチとつまみだらけですが、これでも他のプラネタリウムに比べると数は少なめ。国産最初期の投影機なので、基本的な機能に絞られているのだと思います。
 その中でも目を引いたのが「航海三角」のスイッチ。天測に関わる何か、という気はするのですが、学生さんに聞いても「実はよくわからない」とのこと。
# なんでも使い方が伝承されていないそうです。それは仕方がない。


 末永く活躍してほしいプラネタリウムです。
 海事普及会のみなさん、ありがとうございました。

# プラレアリウム巡り 15/33
posted by ふくだ at 23:45| Comment(2) | プラネ/天文台/科学館
この記事へのコメント
少し小話を。実はあの建物、越中島会館(旧二号館)は現在の二号館が建設後約半分の大きさに削ってしまいました。その削られた範囲に元々はプラネタリウムへの階段があったんです。だからプラレアリウムへ入るために建物外に階段を設置し直したのです笑
Posted by 匿名 at 2016年06月09日 00:48
いらっしゃいませ。

プラネタリウムの建物にはそんな歴史があったのですか。
地理院地図のサイトで昔の空中写真(1988-1990年)を見てみたら、現在はデジタル数字の4の字のような建物が、
http://maps.gsi.go.jp/?#18/35.666567/139.793083/&base=std&ls=std%7C_ort&disp=11&lcd=gazo4&vs=c1j0l0u0f0

以前はデジタル数字の8の字状だったのですね。
http://maps.gsi.go.jp/?#18/35.666567/139.793083/&base=std&ls=std%7Cgazo4&disp=11&lcd=airphoto&vs=c1j0l0u0f0

それにしてもわざわざそのために外階段を設置しなおしたとは、面白いです。
ありがとうございます。
Posted by ふくだ at 2016年06月09日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。