2012年07月28日

彦根城(滋賀県彦根市)

 鳥人間コンテストを観た帰り、彦根城を通って来ました。体力がなかったので、ほんと、山麓の三の丸の辺りを通り抜けただけ。

 この一帯は、京都から北陸へ向かう北国街道、また東国へ向かう中山道が通過する要所。
 かつては石田三成が佐和山城を置き、遡れば少し北の羽柴秀吉の長浜城も同じ地域といえるでしょう。

 徳川譜代筆頭の井伊家の居城として江戸時代初期に天下普請で築かれ、京、そして西国の押さえとされました。

 城内を歩いていて気付いたのは、井伊直弼がらみの史跡が多いこと。生誕の地に開国記念館。
 幕末ものの歴史小説では安政の大獄を引き起こした「井伊の赤鬼」として、大抵、悪役扱いですが、開国を決断した人物なので神戸にも浅からぬ縁があることになります。元茨城県民としては、直弼を討ったのは水戸脱藩浪士なだけに、なんとも複雑な印象で眺めざるを得ません。

 江戸時代の天守建築が残っている城郭は12ありますが、うち松本城、犬山城、彦根城、姫路城の4つは国宝に指定されています。後日ゆっくり、訪ねてみたいと思います。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | お城
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。